『雑感』

稀に更新します。

イスラボニータはクラシック級? 共同通信杯 2014 回顧

 

 

 

共同通信杯はイスタボニータが優勝。久々も問題なかったですね。

やはり独特な掻き込方と気性面は気になりますが、この分だと皐月賞日本ダービーも楽しみになってきます。実質ラストクロップのフジキセキ産駒から「本物」が誕生した予感。迎え撃つライバルたちの動向次第ですね。
それにしても、社台ファームの早期育成計画が早速結果を出すとは。夜間放牧はリスクも伴いますが、キングズオブザサン然り、1年目から結果を出す訳ですからね。ここからノーザンファームへの逆襲が始まります。

ちなみに府中の芝ですが、日曜よりは軽くなった印象。地は重く、ディープ産駒には苦しい週末でした。騎手も「内有利」を意識して、道中外々を周す馬は殆ど見られず。外枠の馬はより外に振られていました。

 

勝ったのはイスラボニータ。好スタートから2列目を追走。蛯名騎手の手綱で掛かることもなかった。上手くスペースに入り、サトノアラジンが捲ったのを見て進出すると、直線これを捕らえて一気に突き離し、完勝した。
サトノアラジンを楽な手応えで交わす強さ。要所で器用に動ける辺りが素晴らしい。この後は皐月賞に直行。不安点の多い中山よりも府中で楽しみ。それにしても不思議な走法をする馬です。

ベルキャニオンは中団内目につけ、イスラボニータをマークする形。3~4角で動かなかった分直線で位置を落とすも、そこからスパートをかけ、勝ち馬に詰め寄った。馬場も苦しい中で健闘したと言えそう。
⇒クロウキャニオンの仔はみんな活躍する。気性は兄程じゃないが、やはり脚元は不安。距離延長は良さそう。

サトノアラジンは序盤の位置取りから苦しむ。岩田騎手は緩くなった所で捲る園田パターンに持ち込んだが、直線先頭に立つと、最後甘くなるのは目に見えていた。それでも上位2頭に交わされた後はよく粘ったと思う。
⇒直線末脚勝負を予測して完全に消しただけに、この馬が早仕掛けから粘り込むのは想定外。素直に評価したいですが、それでも最後は脚が上がっており、上位2頭とは差を感じた。やはりクラシックの主役級ではない。

マイネルフロストはやや出負けから道中掛かるのを抑える競馬。直線はイスラボニータとベルキャニオンが動いた所でスペースが開いて、何とか追い出しに成功。最後まで伸びるが、サトノアラジンを捕らえきれずに4着。早めに動くなどの工夫が欲しかった。軽い馬場、左回り、広いコースは合いそう。中山よりも「東京」で。

ピオネロは行き脚がつかずに中団で待機。捲ったサトノアラジンを目標に仕掛けて、直線はジリジリ伸びたが、早めに仕掛けた分甘くなり、マイネルフロストに差し切られる。懸念のスピード不足が露骨だった。使える末脚も短く、現状クラシック路線は微妙だと思う。ハギノハイブリッドは足も遅く、不利もあって後手に回ったが、最内後方からよく伸びた6着。始めてこの配合で大物が出てきた予感。タフな馬場や長距離戦で期待したい。

 

そんな感じで、現状「クラシック戦線で通用する」強さを持っているのはイスラボニータかと思います。

 


その他、先週末に気になった馬をば…。


土曜東京5R 5着モンサンカノープス 6着ダイワブレス
完全に脚を余した負け方。これは可哀想でした。

土曜東京7R 2着ターフデライト
この馬は外人が乗ると強いですね。覚えておきましょう。

土曜京都5R 1着サウンズオブアース
ようやく勝ちました。好位から一旦位置を落とすも直線抜け出して優勝。長く末脚は使えないかも。

土曜小倉2R 1着ポメグラネイト
他馬を圧倒するスピードでした。今後も先手を取れる様なら強そうです。

土曜小倉10R 1着アドマイヤデウス
先行して長く末脚を使っています。2着以下とは決定的な差。血統的にも長い距離で楽しみです。

日曜東京9R 1着ヴォルシェーブ 3着ショウナンラグーン
共に良い末脚でした。前者は母父サンダーガルチなので上位だと詰め甘いかも。
後者はメジロ血統の持続力型。アルゼンチン共和国杯とかですかね。

日曜京都2R 1着モズスター 2着カゼノコ
3着以下を突き離す完勝。これは500万下も突破できそう。前者は揉まれてどうか。後者は出足がイマイチ。

日曜京都3R 1着ワディ
これも好時計。先行力もあり、2,3着馬とは完全に違う末脚を使っています。

月曜東京1R 2着ベック
1番人気だったが、完全な先行レースの中、別次元の末脚で追い込む。これは次走注目馬。