読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

ニューイヤーC回顧と睦月特別 2013 予想

 

ニューイヤーカップソルテが8馬身差圧勝。全日本2歳優駿の負けを取り返しました。
好位に取りつけて早目先頭に立つと、最後は脚色が違いましたね。コース形態の分もありますが、ここまで強いとは驚き。大井の3歳代表格(それも生え抜き)は間違いなくこの馬でしょう。船橋勢との対決が楽しみです。
2着アメイジアも世代の安定株。馬券的にはエスケイロード3着が欲しかった。使える末脚が短いですね。

 

木曜メインは睦月特別。
昨年安定した成績を重ねたスマートジョーカーとガイエスブルグの対決。善戦マンのプルシャンブルーに転入初戦ヤマニンハッスルと、好メンバーが揃いました。荒れる要素は見当たりませんが、さてどうしたものか。

 

 

睦月特別
◎スマートジョーカー
〇ガイエスブルグ
▲リアンローズ
△ホクト、プルシャンブルー、ユウキハングリー
⇒ガイエスブルグとプルシャンブルーは好位置が欲しい。これを見ながらスマートジョーカー。マッチレースの様相だが、やはり「上位3強時は上位3強で決まらない」が競馬のセオリー。穴は「漁夫の利」狙いか。
スマートジョーカーは安定感ある末脚。浦和コースは目下6連勝で、枠も良い。先行馬を射程圏に置ける基礎SPもあり十分で、道悪も不安じゃない。ガイエスとプルシャンがやり合うなら好都合と見る。
ガイエスブルグはサチノシェーバーの後塵を拝してきた様に使える末脚が短い。基礎SPは安定しているが、プルシャンを倒しに行けばスマートに食われる可能性。良い馬だが、似た系統のライバルは厄介だと思う。
穴はリアンローズ。浦和はしらさぎ賞以来だが、3着取りの上手い印象。鞍上は短期免許の服部。前走は見せ場なしも重賞だから仕方ない。ホクトも同様。こちらは位置取り勝負のタイプ。万が一展開が向けば。