読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

有馬レセプションと中山大障害2012予想



水曜日12月19日に行われた有馬記念プレミアムレセプションパーティー。
有馬記念の出走馬関係者やマスコミが集結する会に、一般参加者枠で無事(?)当選したので行って参りました。平日夕方に皇居周辺を歩く緊張感。それよりも、久々に着たスーツが入ったので良かったです(痩せろよ)。

会費はキッチリ徴収されるので、貧乏学生には手痛い出費ですが、その分良い思いが出来るなら安い値段。
しかも、会場は赤坂ホテルニューオータニ。もう気分は政治家な訳です。果たして「3500円のカツカレー」は実在するのか。何とか食べられないだろうか。頭の中は競馬と関係ない話題で埋め尽くされるという。

見たところ出走馬の関係者は概ね参加。主催が中山馬主協会なので、「ウエスタン」西川賢会長の姿も。そして吉田ファミリーは社台ND共に出席されていました。ノースヒルズ&武豊騎手と離れた位置の席に、ですが。
自民党からは橋本聖子西田昌司の姿が。丸善橋本大先生はともかく、国会随一の目障り議員が何故ここに?

特別ゲストは吉田沙保里と栄コーチ。更に九重親方。いやはや、本物の「千代の富士」でした。生ウルフ登場に感激していた参加者は恐らく僕だけでしょう。幕張で見慣れたAKBなんかより遥かに良いゲストですよ(おい)。

暫くして、何故かアントニオ猪木登場。現金ですか―(元気ですかー)!! 
…分かったから。と思いつつ、本物の猪木さんは初めて。やっぱりオーラある。武豊騎手の推薦で田中勝春騎手がビンタを食らうことに。来年はもう少し活躍して(馬券に貢献して)下さいね、田中さん。これは真面目な話。 

その後はご歓談の時間。色々話をしましたが、これは口外しない方が良さそう。とりあえず某調教師にファンだと伝えたら、思いのほかお話してくれたのが嬉しかったです。もう少し気の利いた質問をするべきだったなぁ。

ところで、料理は美味しかったですよ。カレーも食べましたが、肝心のカツカレーは時間が無くて無理でした。
飲み物も「サントリー」だから興奮します。完全にミーハー。春香クリスティーンの事を笑えませんよ。

そんな感じでお開き。有馬記念に直結する「情報」は、ルルーシュ陣営が「外枠以外の枠が欲しい」と言った事くらいです。結果は知っての通り、今回は見送りですかね。ちなみにノースヒルズ陣営は完全シャットでした。
クラブ馬主のパーティーと比べてどうかは人それぞれでしょう。個人的には十分楽しめました。

 

 

中山大障害
バアゼルリバー
スプリングゲント
マジェスティバイオ
マーベラスカイザー,メルシーエイタイム
⇒逃げ馬が見当たらない。下手をすればセクシイスィートが先手を奪いそう。スプリングゲントメルシーエイタイムが出たとこ勝負。上位人気3頭も好位~中団には取り付けそう。要は大障害適性と動き出しである。
取捨選択が迫られるのは、バアゼルリバーマーベラスカイザー。前者はグランドジャンプを前付けして勝つ。後者は血統背景と期待面から。過剰な気もするが、実際のところ実力上位勢に勝てるのはこの2頭でしょう。

本命は12歳馬スプリングゲント。休養明け2戦目。恒例のローテで、勝負の鍵は序盤の位置取り。この面子なら主導権を握りたいし、持続力ではマジェスティやメルシーに劣る分、上手くリードを作りたいところ。
マジェスティバイオは当然買うとして、バアゼルリバーマーベラスカイザーも消さない事にした。とはいえマーベラスカイザーは単で買うのにリスクあるし、若干グランドジャンプ向きな気がする。前者を重視したい。
トーセンオーパス辺りはグランドジャンプ向きに感じる。アグネスラナップも「漁夫の利」期待で一つ。