『雑感』

稀に更新します。

天皇賞(秋)12年 予想など

 

 

ようやく『踊る大捜査線 FINAL』を鑑賞。良くも悪くも『踊る~』クオリティでした。

最も残念な点は事件のカギを握る犯人グループと警察上層部の言動。軽薄過ぎて、何をしたいのか分からない。
一人も頭の良い人が登場しない。全員の行動が感情的に映るから、スッキリしません。

今作は最も刑事ドラマらしい犯人像。踊るシリーズにおける犯人は「中途半端に世相を切り取った様な背景」が大半を占めており、切れる若者やヲタク(本広監督も中々のヲタク)をセンセーション風に描く場合が多かった。故に真正面から受け取れない犯行動機ばかりであったが、今回は納得出来た。犯行計画は杜撰だけど…

青島と恩田の下りも「なんでそうなるの?」ばかり。フィクション・ライン以前の問題かなと。
大杉漣の役どころは大杉漣の良さ(雰囲気・抑揚のない台詞)を活かした役どころで、『容疑者・室井滋』の時も唯一好感を持ったが、今回は駄目上層部をその気にさせて奈落に突き落とす"喪黒福造"担当で勿体無かった。

踊る大捜査線』は"ベタをメタに扱う"作品。お決まりを外したり、一つ捻りを入れるのが面白かったのに…

 

さて、2005年以来の天覧競馬。フェノーメノを管理する戸田調教師は是が非でも勝ちたいでしょうね(笑)
中央道上り線の衝突事故による関西馬の輸送遅延が気になるところ。前日組の立ち往生による影響が心配。

 

天皇賞(秋)
フェノーメノ
ルーラーシップ
ダークシャドウ,エイシンフラッシュ
カレンブラックヒルジャガーメイルトーセンジョーダントランスワープ

シルポートが逃げて、カレンブラックヒルアーネストリーが追走。淡々と流れて、後半勝負になる想定。
Bコース2週目。良馬場状態が続き、速い時計が出る条件。決め手+長く末脚を使える馬が良さそう。
フェノーメノの持続力と相当優秀。日本ダービーは惜しかった。内枠はリスクあるが、上手く馬群を捌きたい。雨が降っても適応出来る血統。オルフェーヴル級とはいわないが、かなり能力を秘めている馬。斤量差も歓迎。
ルーラーシップは出遅れ癖が全て。長く末脚を使える良い馬だと思う。メンディザバル騎手の腕にかかる。
ダークシャドウ札幌記念で距離適性を確認。左回りの持続力勝負は合う。消耗戦気味の展開を期待したい。

とにかく輸送事故が気になる。ジャスタウェイエイシンフラッシュシルポート辺りは状態を見て買いたい。トーセンジョーダンは多少慣れていると思うが、休み明けの分は割り引き。カレンブラックヒルも3着なら。
ジャガーメイルは次走が勝負だろう。トランスワープあたりまで気にしたい。とにかく事故の状況次第。

 

 

カシオペアS:◎モンストール
⇒この面子で先行馬も揃ったなら、モンストールの復活を期待。軽斤量&道悪で延長熟せれば。素質は高い。
ヒストリカルは平坦替わりも、道悪で切れ味が削がれそう。リルダヴァルは内枠で馬群に詰まる心配がある。
それなら、力の要る道悪で先行力が活きるネオヴァンドームを。短縮は悪くない。タガノエルシコまで。