『雑感』

稀に更新します。

東京盃(2012年)の予想と大賞典の回顧と

 

 

白山大賞典ニホンピロアワーズの完勝に終わりました。

エイシンモアオバーの単騎逃げ。正面スタンド前で直後に取り付けると、2週目・向正面まで脚を溜める競馬。勝負所の反応は他馬と一味違いました。格上相手になりますが、暮れのJCD東京大賞典も楽しめそう。

ナムラダイキチは相手が悪かった。それでも最内枠と状態の不安を一蹴する走り。暮れの名古屋で雪辱を期待。但しエーシンモアオバーは「ナムラダイキチが捲る」展開でも同じ負け方をするかは半信半疑だったりする。

そんな白山大賞典は"OFFT後楽園"で(授業を抜け出して)先輩と観戦。藤田の単騎逃げが成功して、ジャングルスマイルが何も出来なかった事に悪態をつくと「平瀬が無理する必要ないよね」という助言をいただきました。そうなんですよね…冷静に基礎SP能力を検証すれば、ジャンスマよりエーシンの方が強い訳で。 

クリールパッション、ダイシンオレンジピイラニハイウェイ辺りは(案の定)前に行けず、最後も差せず。
とにかく暮れの名古屋GPに出走するようなら、ナムラダイキチには是非とも勝って欲しい。応援しています。

大井競馬場は2日連続の重賞開催。水曜は東京盃JBCスプリントに向けての一戦です。 

 

 

東京盃
セイクリムズン
〇テイクアベット
セレスハント
ラブミーチャン,タイセイレジェンド,ジーエスライカー

⇒"スタートセンスの素晴らしい"ジーエスライカー。控える競馬を心掛ける様になった中央勢を出し抜くかも。外目からタイセイレジェンドラブミーチャンが好位前後を取り切り、セイクリムズンが続く展開を想定。
雨降る道悪条件が濃厚。秋口の砂厚調整による影響で「道悪なのに」時計が掛かる条件となった。内が重そう。
セイクリムズンの安定感を信頼。休み明けになるが、岩田騎手なら上手く馬群の隙間を捌けそう。本質的には1400m戦の馬だと思うが、タフな条件は合う。テイクアベットは最内枠だが、外に出すことが出来れば。

セレスハントは馬場が変わった影響をモロに受けそう。タイセイレジェンドは大外枠に入って、位置取り次第。
ラブミーチャンは控える競馬で詰め甘くなりそう。ジーエスライカーは先手取って、何処まで。

 

 

門別12R 優駿の里「安平町畑の恵み」特別:◎モエレビクトリー
⇒再転入初戦はガス欠したモエレビクトリー、前走完勝のハタノゼフィロス、復帰初戦は完敗のブルーラッドに前走ステイヤーズカップ組と面白い面子が集まった。モエレビクトリー的には戦い易い面子かなと。
9頭立ての特別戦だが、いずれも重賞制覇or中央競馬で活躍した馬。フサイチアウステルも頑張っています。