『雑感』

稀に更新します。

スプリンターズS 2012年 予想

 

明日は中山競馬場へ。
カレンチャンVSロードカナロアは楽しみですね。もしキンカメ産駒のロードが勝てば、短距離界の構図が一変しそうです。しかし、短距離から長距離まで産駒の活躍が幅広い種牡馬という意味ではサンデー以上なのでは?
海外からは3頭来日。昨年5着のラッキーナインは近走も安定感ある走り。善戦しそうですが、リトルブリッジとキャプテンオブヴィアスは実力不足。血統的面からミスプロ系のリトルブリッジは日本適性ありそうですね。

 

 

スプリンターズS
カレンチャン
ロードカナロア
パドトロワ
マジンプロスパー,サンカルロ,リトルブリッジ
⇒出足次第だがパドトロワ,エーシンヴァーゴウ,エピセアローム辺りが先手を主張。マジンプロスパーダッシャーゴーゴーは下り坂スタートで前記3頭に遅れを取りそう。アンカツさんが主導権を握れば同レースにしては息入ると推測。そうなると地力決着が濃厚。ロードカナロアVSカレンチャンの良い対決が見られそう。

本来は鮮度を優先したいが、カレンチャンを推す。前走は(馬体重からも)いかにも叩き台の負け方。位置取り面&基礎SP面の安定感は間違いなく、3走前の負け方からも良馬場は良い。連覇はともかく馬券内は堅い。
ロードカナロアは外々を回す競馬になる。その点、ペースが落ち着きそうな想定は好材料。ここまで3着以下が無く、前走も鋭い末脚を披露。G1制覇となれば「短距離界の王」を名乗っても可笑しくないだろう。
パドトロワは基礎SP面で安定感。アンカツさんがペースを握って残し切る。その点エピセアロームエーシンヴァーゴウは展開不利の様相。一方でマジンプロスパーサンカルロは難しい面もあるが、地力に期待。

 

しかし、ロードバリオスの半弟が短距離界のホープになるとは・・・競馬は難しいです。