『雑感』

稀に更新します。

自民党総裁選挙演説の感想とオールカマー&神戸新聞杯 2012年 予想

 

 

先日有楽町で自由民主党総裁選挙の候補者演説が行われており、その様子を見学して参りました。 

f:id:beggaman:20170224141042j:plainf:id:beggaman:20170224141004j:plain

 

一昨日行われた民主党代表選挙は野田佳彦内閣総理大臣が(ほぼ既定通り)再任。今後を左右する両党のトップを決める選挙でありながら、正直盛り上がりに欠けている印象です。3日後に控えた自民側もまばらな記者の数に比べて、十分徹底された「サクラ」作戦が空虚に映りました。本当に長年隆盛を極めた政治政党なのか…。

現状民主党政権は風前の灯。次の総選挙で与党返り咲きは間違いないありません。それが大きな支持を受けての結果でない事が大問題で、震災復興や隣国問題に粛々と対処できる実務派の台頭が不可欠だと思います。
名声高い石原か、実力者の石破か。決選投票に持ち込めば、組織力の強い安倍が再登板する可能性もあります。冒頭「尖閣国有化はあくまで父の意見…」と口走った石原息子は、もう少し発言に工夫が欲しかったですね。

数週間前には橋下徹大阪市長が「日本維新の会」結成を発表しましたが、どうもこの国の保守~中道政治家には維新被れが多すぎます。そんな中、来年のNHK大河ドラマ『八重の桜』は幕末会津が舞台。今後は幕府方でも世直しに苦心した勝海舟山岡鉄舟大久保一翁小栗上野介らを取り上げて欲しいものです。
ちなみに石破茂氏の曽祖父金森通倫は同支社大学で新島襄(主人公の夫)の師事を受けた人間。まさかNHKっ…。

 

今週はオールカマー神戸新聞杯。いよいよ秋のG1シーズンが近づいてきました。 

 


オールカマー
ダイワファルコン
ナカヤマナイト
ルルーシュ
△メイショウカンパク,ダコール,コスモファントム
コスモファントムが先手を奪い、ルルーシュサンテミリオン辺りが続く。ここ数年でも混戦模様で、スロー展開は必至。ナカヤマナイトもユニバーサルバンクも捲り差すタイプではなく、後半勝負を想定したい。
本命はダイワファルコン。中山コースも相性良いが、展開的にも内先行からひと足使う形を臨めそう。近2走は厳しい流れで崩れた分敗北。初距離になるが、十分見直せる。ナカヤマナイトは言うまでもなく有力候補。
ルルーシュは前走長距離OPを完勝。本競走向きの血統に見えないが、比較的好位置を取り易い面子。2歳時からの高い素質に期待。同様にコスモファントムも期待したい。人気薄だとメイショウカンパクにダコール

 

 

神戸新聞杯
カポーティスター
〇マウントシャスタ
ゴールドシップ
ベールドインパクト,ヒストリカル,メイショウカドマツ
⇒メイショウカドマツにフミノポールスター。何れにせよスロー展開が濃厚で、後半末脚勝負になると思うが、ベールドインパクトやユウキソルジャーが早目に動く展開は想定したい。狙いは後半末脚+持続力の高い馬。
本命はカポーティスター。出遅れ癖あるが、前走2着からも高い持続力を感じる。本来は2走前の様に先行する形が望ましい。鞍上に武豊を迎えて、ユウキソルジャー辺りを目標に内2,3列目を上手く追走したい。
マウントシャスタは宝塚記念5着。阪神向きの(というより菊花賞向きじゃない)点からも前目で良い末脚を期待する。ゴールドシップは前走厳しい流れで持ち味を活かせず。位置取りは心配だが、上手く展開を利用したい。
個人的にはベールドインパクトとユウキソルジャーの結果が気になる。共に菊花賞向きの血統で、脚質は違えど長く末脚を使えそうな馬。馬券的にどうかは別にして、その走りを期待したい。