読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

そのきんナイター開幕~戸塚記念 摂津盃 2012 予想~

 

 

スマートファルコンの引退が発表されましたね。
JBC&東京大賞典3連覇に向けての調整中に腱鞘炎発症という事で…残念の一言。

結局ドバイWCの出遅れが引退レースとなりました。通算34戦23勝。うち重賞19勝。とにかく交流の鬼でした。
単なる逃げ馬ではなく、序盤レースの主導権を奪い、絶妙なペースとコーナリングからの後半再加速が持ち味。不振を極める武豊騎手もこの馬だと好騎乗を見せます。最後の9連勝は本当に「神がかって」いました。流石に東京大賞典は負けたと思いましたけどね。和田さんじゃなければ負けていたかも。とにかくお疲れ様でした。
ゴールドアリュール産駒の後継として種牡馬入りしますが、やはり晩成型になるのか。この辺りも注目ですね。 3歳時にはジュニアCを勝って、皐月賞にも出走した馬。芝適性があっても不思議じゃありません。

 

今週は重賞尽くし。イヌワシ賞はナムラダイキチが8馬身差完勝。現地観戦しましたが、ジャングルスマイルとマルヨフェニックス相手に完勝だったと思います。この勢いで白山大賞典制覇なるか。来月が楽しみです。
昨日行われた名古屋ではロッソトウショウが優勝。こちらも西日本地区の牝馬戦線で不動の地位を築きました。やはり金沢所属馬が活躍すると嬉しいですね。今日は戸塚記念&摂津盃。ついにその金ナイター初日です。

 

 

戸塚記念
◎ダイヤモンドダンス
〇アスカリーブル
▲ドゥフトライネン
△ハテンコウ、ディーオ
ショコラヴェリーヌとディーオが先行候補。臨戦的には後者でしょうか。これを見ながらダイヤモンドダンス。アスカリーブルは好位後ろから。勝負所の動き方に注目です。狙いは「好位差し」馬でしょう。

ダイヤモンドダンスは距離延長で初勝利を決めるか。良い末脚は持っているのに、それを活かすのが難しい馬。森泰斗騎手に乗り替わって、この一戦は試金石でしょう。出遅れる様なら展開次第。2100m戦ですからね。

アスカリーブルは関東オークス制覇に続いて黒潮盃でも牡馬撃破。3歳牝馬を代表する砂馬に成長しましたね。こちらも好位から長く末脚を使えるのが特徴的。今回は展開次第。上手くやり合って欲しいですね。
ドゥフトライネンも持続力が強み。黒潮盃は大外から外々を回す苦しい競馬でした。外枠に入りましたが、今の川崎2100mなら動き易そう。後はディーオとハテンコウの見直し。片や前残り、片や差しきりですね。

 


摂津杯
◎ニシノイーグル
〇ホクセツダンス
▲エーシンアガペー
△メイレディ、リジョウクラウン
初ナイターとなる摂津盃は58.5キロを背負ってホクセツサンデーが登場。木村健騎手は4連覇が掛かっています。

クニノユメオー永島の逃げ。これにグッドリーズン吉村が続きそう。やはりメイレディ下原、エーシンアガペー田中、ホクセツサンデー木村の中~後半捲り差し合い濃厚です。これを見ながらニシノイーグル川原。
初ナイターを考えると後続は差しにくい気がします。照明の光は意外と馬鹿にならない。馬場は持続良ですね。

本命はニシノイーグル。有馬騎手から川原騎手に主戦が移り、いかにも「漁夫の利」専用機となりました。基礎SPの低さを長く良い末脚で補える馬。展開と馬群の捌き方が重要で、複数の馬が捲り合う展開は良さそう。
ホクセツサンデーは園田金盃以降、惜しいレースが続いている。脚質的に先行馬を捕らえにくい&漁夫の利組に差され易い。それでも前走は勝負所動いてニシノイーグル以下を完封。同様の条件でもう一つ決めたい。
エーシンアガペー牝馬だが、脚質的にホクセツサンデーらと好勝負。斤量差も大きい。これはメイレディ下原も同様だが、古馬勢と地力の差を感じる。それなら「第3の牝馬」リジョウクラウンの末脚に期待したい。

 

 

その金ナイターは「園田競馬を救う救世主」になるでしょうか。
初日から豪華なメンバーを揃えた兵庫県競馬。期間限定ですが、騎手成績にも影響がありそう。逃げ方の上手い川原騎手や坂本騎手の成績に注目です。「ナイター替わり」よりも「昼開催戻り」の方が注意したいですね。