『雑感』

稀に更新します。

MRO金賞12年 予想

 

 

石川県に「ご当地アイドル誕生」という動きがあるようです。

今やアイドルブームは全国各地に広がり、既にRYUKYU IDOL,OS☆U,ひめキュンフルーツ缶といった地方発のグループが活動を見せています。九州や中部地方が中心となっている印象はありますが、そこに石川県の名が。
先日、新潟に誕生した"RYUTist"は"地方アイドルの古参"といえるNegicco同様に楽曲に力を入れたグループになりそう。AKB的な楽曲とは「異なるベクトル」を目指すことが、一つ良い流れを作りそうです。

それにしても、アイドル戦国時代は最高潮を迎えた感じがします。10年に始まった"TIF"も勢いが凄い。
アイドリング!!!のバラエティ力。あの牧歌的な感じは嫌いじゃありません。とりわけ、9号・横山ルリカさんの容姿端麗(+歌唱力)は評価に値します。AKBとも近しく、遠藤舞さんや菊池亜美さん共々売れて欲しいです。

また、東京女子流の楽曲力・パフォーマンス力は非常に高い。新井ひとみさんは次世代のエース候補でしょう。楽曲に携わる松井寛さんは、MISIA「包み込むように」の編曲から音楽ガッタス鳴り始めた恋のBell」まで、幅広い活躍。個人的には、モーニング娘。全シングルでも一番好きな楽曲「笑顔YESヌード」の印象です。

さくら学院には、BABYMETALでも活躍する中元すず香がいる。あの広島アクターズスクールで、鞘師里保と凌ぎを削った次世代のエース候補。当時から評価は高く、Perfumeに続くことは出来るでしょうか。
個人的には乃木坂46に在籍する姉の中元日芽香も応援しています。

その乃木坂46。今年2月に発売された「ぐるぐるカーテン」は、フレンチポップ調で面白い楽曲でした。
江戸アケミ率いる伝説のバンド"JAGATARA"に在籍していた南流石の振り付けも独特で良い感じです。
センターの生駒里奈前田敦子を髣髴とさせ、橋本奈々未生田絵梨花白石麻衣星野みなみも良い。
個人的には3列目に控える斎藤飛鳥、アンダーに控える深川麻衣若月佑美に期待したいです。
そんな感じで…アイドルのお話はそこそこに。

 

 


MRO金賞
◎ナムラプラトーン
〇スズカウインダー
▲アルドラ
△ケイアイプリンス
前列想定:ナムラプラトーン,スズカウインダー
⇒テンを考えると、この2頭しかいない。最内から戸部が出して行けば、競る展開は有り得なさそう。
アルドラの体調次第だが…ナムラプラトーンに期待したい。転入後は安定した先行力を見せる。北日本新聞杯は"構える競馬"で見せ場無かった。2走前の負け方的に「短い距離の方が良い」可能性は高いが、自らペースを作るorスズカウインダーが再加速に持ち込む展開なら2000m戦でも持ち堪えそう。畑中騎手は悪くない。
それでも、スズカウインダーの実力が抜けている。のじぎく賞やゴールドジュニアの"後手の踏み方"は気になるが、現状"潰しに行く"のは難しい面子。信頼感ある戸部騎手の位置取りに期待。斤量差も有利に働くはず。
アルドラは東海ダービー,JDDと敗退も、如何せん馬体重が増えてこない。体調面も含めて課題は多い。末脚は鋭いので、この辺は間違いない。4連勝中のケイアイプリンスは前走ナムラに完勝。基礎SPは高い方だ。

 

 

 

にわか祭特別:◎マーベラスキング〇ナムラダイキチ▲タートルベイ△トウショウジオン
⇒ナムラダイキチの"公開調教"が濃厚。タートルベイがキングバンブーと組んで潰しに行く展開は考えにくい。それならマーベラスキングを狙いたい。晴れの日が続いており、得意の馬場とは言いにくいが。最内は好感。

 

ふるさと山中夏まつり特別:◎メイショウタイタン〇モンテローザ▲トーアアサギリ△コスモアレスト
⇒連勝中のトーアアサギリが大外に入る。現級組の先行勢にかかっており、メイショウタイタンを本命に。この吉原騎手は狙ってきそう。モンテローザは前走こそ先行したが、基本的には脚元重視。後方からが濃厚。