読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

「ヘルタースケルター」という「シッチャカメッチャカ」映画

 

とにかく公開前から評判だった『ヘルタースケルター』。

公開前から沢尻エリカ批判が先行する状態。こういうのは冷静に見なければという思いで劇場に向かいました。原作は読んだ事なかったので、ある程度あらすじを頭に入れてからの鑑賞。やはり女性客が多かったです。

素性不明のカリスマモデル・りりこは全身整形を施しているという裏を持っていた。トップに上り詰めるに連れ仕事のストレスと副作用から徐々に精神が壊れていく…一方検事の麻田は違法整形と殺人を行う悪徳美容整形外科を追っていた。そして頂点を極めた末に完全に壊れたその時、りりこの前に麻田が現れる…。

今作のは「若さ」「美しさ」に見る「真の幸福」を追及したい様です。

主人公は美しさの頂点を極めた末に崩壊し、本当に幸せな人生とは何かを自問する。沢尻エリカには相当の重圧がかかります。彼女の抑揚ない台詞は「情緒不安定さ」を際立たせる演出…ではないか。ちなみに冒頭のトップレスをさらけ出すシーンが封切前から話題となっていたが、予想通り「つかみはOK」とさえも言えないくらい「一瞬」で、劇中では気にも留まらないだろう。濡れ場のシーンも経験不足あってかがっかりなものだった。

そんな沢尻に対してマネージャー役の寺島しのぶは、原作より年上の設定であることと、得意の「気持ち悪さ」を生かした演技で賛否はあるもののある意味この映画で一番「楽しんで」演じていた。りりことの絡みのシーンは確実に寺島に軍配が上がっている。おもわず撮影中「私も脱ぎます」と言い出したのではと余計な不安が頭をよぎったほどだ。そんな沢尻がお粗末だった濡れ場の演技をカバーしたのは彼女だけでない。Vシネの常連である相川翔は短い出番でナイスフォローだった。またこずえ役の水原希子は終始セリフも棒読みで「演技をしていない」が、モデル撮影のシーンでは抜群に動けており沢尻の一緒の撮影シーンではその非ではなかった。彼女より演技の出来るモデルがいくらでもいるのは間違いないが、今回こずえ役に求められるのはそこではない。まさに狙い通りのキャスティングだったといえる。桃井かおり原田美枝子の掛け合いはアドリブなんだろうなぁ…という別勝負の印象。これはこれで面白かったですけどね。

蜷川実花作品といえば「色使い」と「カメラワーク」である。

劇中は基本主に赤を主体とした色遣いが目立つ。これは赤特有の「鮮やかさ」「派手さ」とその裏に含まれる「ウソ」「異常さ」「血の匂い」を前面に出しているか…但し、彼女が手掛けたAKB48の「ヘビーローテーション」も類似しており、この赤遣いは蜷川作品特有のものかもしれない。整形外科のシーンは白一色で原田の白衣と合わせて「真実」と「現実」、そして「恐怖」を醸し出していた。また水原希子が登場するシーンは「常に明るい色で統一されていた」のは面白い。妹との邂逅が「黄色の花畑」というのは、やり過ぎに感じた。

カメラワークも冒頭の目が回る映し方に始まり、劇中スローやリピート、ぼかし等を生かした奇抜な写真家らしい演出が見受けられた。渋谷交差点を映し出す終盤のシーンも単純な空撮に頼ってなくてよかった。しかし、この情景の撮り方は皮肉にも後述の麻生検事役の大森南朋の演技からも苦笑いものとなってしまうわけだが・・・

このように、監督と演者が「思い通り」の演技演出が出来ていること見受けられ、作品の完成度は高いと感じた。おそらく撮影中の雰囲気も良いものだったのではないだろうかと想像できる。

ところが、前半の世の女子高生たちのシーン。「痩せたい」と言いながらファストフードをむさぼったり、整形がどうこう言いながらプリクラで顔を偽造したり…安いテレビドラマを見ている様に感じた。
りり子の妹に関しては「幸福」を求め、一つの答えを出す。これは良い。問題は検事の麻生である。あの「棒読みポエム」がストーリーテラーとしての役割も果たしていない。
これは大森南朋さんの問題ではなく、明らかに「演技指導がなされてない」訳である。そもそも、唐突にポエム的なことを口ずさむ事自体が「不自然」で、これはマンガだからこそ成立つシーン。いくら技術面で優れていても「演出ができない」のでは…やはり監督失格と言わざるを得ない。
何より、鈴木杏の最後に総括である「問いかけ」に対して、麻田の解答は明確なものではありません。これは監督自らが伝えたいメッセージは「ないです」と言っても、過言ではない様に感じます。

もちろん窪塚洋介の「棒読み加減」や平愛梨の「安定した下手さ」も(出演時間わずか1分で下手さを感じさせる天才!)普通なら興ざめになるはずなのに、何処か面白い。人に勧めたくはないですが・・・。

怖いもの見たさで鑑賞して見ては?