『雑感』

稀に更新します。

12年読売レディス杯の予想など

 

 

大津市のいじめ。警察が捜査介入し始めた途端、発言を一変させた校長も「教育者」なんですよね。 

話を変えて。国内最年長の騎乗&勝利記録を保有する山中利夫騎手(63歳 金沢)が引退を発表しました。
約45年の現役生活に幕。数字自体は何れ的場文男騎手に抜かれると思いますが、その記録と記憶は語り継がれます。
最後の騎乗は日曜(15日)7R。最後の勝利馬ブライアンズメテオ(10着)とのコンビでしたね。

春木デビュー後、大井⇒名古屋⇒紀三井寺⇒金沢と全国各地の競馬場を渡り歩いた山中騎手。この辺りは民俗学者大月隆寛氏の寄稿(ブログでも掲載)に参照されています。春木競馬の顛末、紀三井寺の開催を知る数少ない人物ですし、他媒体も取材をして欲しいなと思ったり(受けてもらえるのか分からない)。

ベイラーン産駒のスターフライヤー(百万石賞など重賞3勝)、ヤマミダイオー(金沢25勝)、シュウタイセイ(重賞3勝)らの主戦を務め、3場で計5回リーディングを獲得。タフネスゴールドで中日杯を制覇した後は第一線から遠ざかり、個人的には「最年長の騎手」という印象強いですが、長い間、お疲れ様でした。
松戸騎手のデビュー後、若手が入らない(受け入れない?)金沢競馬場。新人デビューが先か…それとも。

火曜金沢は(牝馬限定の)交流重賞・読売レディス杯。"グランダムジャパン"の一戦に数えられます。
近年は東海近畿勢の独壇場でした。今年も強力馬はいますが、「南関勢の取捨」がポイントになりそう。
先日行われた砂補充により、少し時計の掛かる馬場状態。遠征の有力馬にどう影響するでしょうか…

 

 

読売レディス杯
◎ロッソトウショウ
〇エーシンクールディ
▲センゲンコスモ
△ツキノテンシ,スウィングダンス
⇒(スパーキングRC取消の)エーシンクールディが逃げる。センゲンコスモも(吉原起用)勝負態勢だろう。日曜から一変して、良馬場の可能性が高い。力の足りない馬は苦戦しそう。地力ある実績馬を狙う。
ロッソトウショウは"漁夫の利"狙い。元は中央準OP馬。転入後の6連勝は「当然の結果」とも言えるが、日曜の馬場(不良)だと軽視していた。運も味方している。自分の競馬に徹して、差し込みたい。

取消明けエーシンクールディ。テンの速さは最上位で、普通に逃げたら一番強いはず。センゲンコスモは自分で動くしかない。右回りは(土古で)経験済。前回の方が好条件も、吉原騎手の腕にも期待しつつ。
ツキノテンシは初遠征&短縮。少し心配。スウィングダンスは同型が揃い過ぎて、恵まれ無さそう。

 

金沢2R:◎メンブランツァ
⇒前走持ったまま。普通に強いと思うし、故意に負けようがない(笑)但し出足は鈍いので、同級限り。

金沢7R 能登半島最北端の灯り:◎ドンミラロ
⇒良馬場&延長は好材料。ただ、鞍上は…工夫をして欲しい。ヒダノエリー、マイヨオロを相手に。 

金沢8R 和倉温泉杯:◎マイネルフィロス
⇒不良馬場で敗れた前走。ケイアイポセイドンが単騎だと怖いが、早目に動く競馬で巻き返したい。

金沢9R 能登島向田の火祭り特別:◎サトノドリーム
⇒困った時の「桑野2,3着付け」ということで。人気馬が心許ない上に穴馬もピンと来ない。