『雑感』

稀に更新します。

函館記念の予想とCDTVの感想と

 

 

先ほどまで放送されていたTBS「COUNT DOWN TV 夏フェス」にRHYMESTAERが出演するという。

傍には小出裕介(BBB)、中川翔子と「タマフル」に縁のあるアーティスト。Live後はMC業を熟す宇多丸師匠も(下ネタを演者に振るなど)深夜ラジオの空気そのまま。どうだったのだろうか。アイドルの話題やブルース・リーの話題に派生するよりは、全方向に通じる(?)下ネタは有りかもしれないが…

そんなRHYMESの新曲『The Choice Is Yours』は「震災後の日本」をテーマにした真面目なリリック。原発問題から派生する「キラ☆キラ」騒動や「3・14 決戦」にも通じる空気と"アツさ"を感じた。
アシスタントの田○みな実は半笑いで聴いてたけど、その辺りに"エリートらしい"軽薄さが過ったり。

地上波で『ONCE AGAIN』始まり。ソトシゴトのお決まり『ライムスターイズインザハウス』も披露。ジャ○ーズ目当ての客はともかく、視聴者には何か届いたかも?Perfumeとの絡みも見たかったところ。

しかし、ライムスに加えてBUCK-TICK先生が登場したり、CDTVも深夜帯は攻めている。

 

 

函館記念
マイネルスターリー
ネオヴァンドーム
▲トウカイパラダイス,ミッキーパンプキン
トランスワープ,アクシオン,ロードオブザリング,マヤノライジン

⇒内から(隊列を作りたい)総帥馬と南瓜。セイカとゴールデンは(初速的に)厳しいか。淡々と緩いペースを刻み、長く末脚を使わされる想定。函館開催は最終日になるが、比較的「内を使える状態」かなと。
マイネルスターリーの残り目に期待。使い詰めると身体が硬くなり、出遅れのリスクはあるが、昨年より枠順は良い。好位前後を取り切り、早目ロンスパの形に持ち込みたい。追い切りも上々ではないか。

ネオヴァンドームは馬場次第。久々になるが、好位前後に取り付けて持続力を活かしたい。後ろ過ぎると厳しい点では南瓜も同じ。今回は逃げる可能性も。脚の使いどころは難しいが、単騎なら面白い。
トウカイパラダイスの近2走は嵌まった。ここも悪くない。トランスワープも器用に立ち回れば。

 

新潟日報賞:◎シェーンヴァルト
⇒の隣…ではなく今日は自身が勝つパターンかも?緩いペースで長く末脚を使う流れなら。
トゥザサミットとドリームピーチは出遅れ癖が心配。エーシンミズーリは枠が外過ぎる点が割り引き。

 

ジュライS:◎ローマンレジェンド
⇒ウインペンタゴンの状態とトウショウフリークの出遅れ次第。新星ローマンレジェンドとナリタシルクロードも先行策を取りたい。軽めの馬場で淡々と流れる様なら、半端な差し馬は追い付くのが精一杯かなと見ている。
ローマンレジェンドは前走評価。緩い展開を"先行力で押し切った"馬が、厳しい流れでも地力を見せた。楽に先行出来る様なら、4連勝も十分狙える。トウショウフリークは逃げるのが絶対条件になる。

 

知多特別:◎アースソニック
⇒前走は残り50m程度しか末脚を使えていない。左回りも熟せる馬だし、流石に何とかして欲しい。
ニジブルームも良い条件だが、如何にも"4着っぽい"。スギノエンデバーの降級初戦は相手が1枚上手

 

苗場特別:◎スズカロジック
⇒ルナロッソと迷った。最内枠だが、スピード面と揉まれる面は大丈夫。後は展開が向けば。
エーシンジェイワンは(追い切り的にも)好調続く。先行馬揃ったが、真正面から競り合って欲しい。