『雑感』

稀に更新します。

12年優駿スプリントの予想など 

 

 

先日の朝日新聞・オピニオン欄に「ノーナ・リーヴス西寺郷太さんが登場しました。

タマフル初期の特集「小沢一郎マイケル・ジャクソン説」に関して。しかも、真面目な内容に。
MJが緊急記者会見を行い、小沢一郎が秘書逮捕で窮地に立たされたのも約3年前。その後MJは謎の死を遂げ、小沢は政界トップの座を追われる。そして今年のMJ命日、小沢一郎民主党と決別。数奇な運命は続きます。
民放のマイケル追悼特番は酷いものでしたが、小沢騒動に関しても(真偽無視の)先行報道が多い気はします。

西寺さんの著書「マイケルジャクソン」では、MJの様々なエピソードが紹介されています。
児童虐待問題や人間関係に至るまで…どういう背景があったのかは押さえておきたいところです。

 

大井最終日は優駿スプリント。昨年(第1回)は1番人気ロードガバナンスが大敗。注目は同レース狙いで南関移籍を敢行したチャンピオンヤマト。母アクアライデンは南関重賞2勝。アマゾンオペラホクトベガと戦っている名牝です。但し鞍上は(厩舎主戦)復帰したての御神本騎手ではなく戸崎騎手。こちらは社台馬に騎乗しますね。

 

優駿スプリント
◎オゼキング
〇ラブミーファスト
▲コウヨウタレイア,チャンピオンヤマト
△レイモニ,ゴールドキャヴィア,メイクミラクル

TR競走に続いて、チャンピオンヤマトの逃げが濃厚。但しテンは速くない。短縮組とシャインリッジ次第。
オゼキングの上昇度に期待。3走前から的場文男騎手を起用し、先行力と再加速力が伴ってきた。良馬場で外枠も好材料。人気の先行馬を見ながら、長く末脚を使って差し切りたい。時計も更に詰められるだろう。
ラブミーファストは(4走前を見る限り)スピード不足が否めない。それでも外短縮は好材料。大穴候補として。コウヨウタレイアは前走・古馬相手に惜しい競馬。短縮激走明けを狙い辛いが、同世代相手+軽斤量なら。
チャンピオンヤマトのTR内容は(インパクト先行も)悪くない。血統&配置的に過剰人気必至だが、条件は合う。レイモ二とゴールドキャヴィアは短縮策。血統的には後者の方が適条件。鞍上が復帰したての天才な点も良い。

 

ヘルクレス座特別競走:◎キョウワオリオン
ブリリアントレッドの安定感なら…外延長でも馬券になりそう。先行馬が格下で差し馬人気が捗る。
キョウワオリオン、ムサシモナーク辺りに重い印を。ドラゴンマッハとシンケンショウブは遅刻する危険が。

 

ロマンティックナイト賞:◎マチカネヒヨドリ
⇒前走取消セントマーチと逃げ馬ゴールドセントを人気の(安定感ある)ライトレジーナが追撃する構図。
久々の大井でマチカネヒヨドリ作戦が炸裂しそう。但し内回りは展開向かないと差し辛い。先行馬に注意。