『雑感』

稀に更新します。

POG 12~13年シーズン 覚え書き その1

 

 

自分の"持ち場"で書くべき内容なんだとは思いますが…

2012年~2013年度のPOGドラフト戦略について書き記しておきたいと思います。
主要ドラフトは終わりましたし、実際に指名した(したかった)馬の覚え書きということになりますね。

なお、実際に指名した馬(団体)に関しては明言を避けておきます。ご了承ください。

 

ディープインパクト産駒…
今年も「飛ぶディープ」産駒と「ディープ亜種」の併用指名を敢行。ネームバリューに騙されない。
引き続き「ノーザンファーム」生産馬と「金子真人HD」「サンデーR」所有馬を最優先に狙いたい。
ここ数年"ドイツ血統"が流行。母父デピュティ,ミスプロと短距離血統は盲点だが、下位指名に留めたい。

 

①フォーシンズの10 ディープインパクト  牝  石坂  サンデーR
母父Sinnder。いわゆる「飛ぶディープ」産駒で、同厩舎の先輩(牝馬2冠馬)とは異なる馬。遅生まれ。
⇒好馬体で"全身バネ"と評される。2位~3位辺りで獲りたい馬。今年の「飛ぶ」方では一番よく見えた。

 

ソニックグルーヴの10 ディープインパクト  牡  友道  サンデーR
母父フレンチデピュティ。いかにも「飛ぶディープ」産駒。柔らかい走りで佇まいはG1馬の如く。早生まれ。
⇒唯一怖いのは脚元。他馬と比べても前足の細さが半端ない。ドラ1で行くしか獲れないだろうし…正に丁半。

 

③マジックストームの10 ディープインパクト  牝  角居  サンデーR
母父Storm cat。意外にも馬格がある「飛ぶディープ」産駒。その反面、成長が遅いとの談話が。早生まれ。
⇒母馬も(アゼリに比べたら)実績微妙だし、正直1位では行きたくない。とはいえ、胴長の馬体は好みです。

 

④ウィキウィキの10 ディープインパクト  牝  藤原英  金子真人HD 
母父フレンチデピュティ。前姉も勝ち上がれそうだし、全身を使って走れる馬。馬体も悪くない。
⇒(オレ流だが)意外と早そう。母馬の先入観を考慮すると、上~中位で獲れるはず。クロウキャニオンより欲しい。

 

⑤アドマイヤキラメキの10 ディープインパクト  牝  友道  林正道
半姉よりも小柄だが、成長力があって賢いそう。常に脚元と気性面の不安は付き纏うのと、繁殖能力は未知数。
⇒とはいえ、ラシンティランテもよく走っている。タキオンよりも体質不安は無さそう。ドラ1で獲りたい。

 

➅コメットシーカーの10 ディープインパクト  牡  藤原英  キャロットF
メテオライトの全弟。馬格があり、弾む様な走法は評価高い。母父Cozzeneだと平坦巧者っぽいが。
⇒これもドラ1(外れ)候補。オレ流厩舎なので遅い始動も考えられるが、こういう亜流ディープを狙いたい。

 

⑦スカーレットの10 ディープインパクト  牡  音無  近藤英子
母父シンボリクリスエスバレークイーン牝系。始動遅そうだが、馬格はある。後は気性面が課題。
⇒この一族に父ディープインパクト、ディープ×ボリクリの配合は興味そそられる。上位指名候補とした。

 

キャットクイルの10 ディープインパクト  牡  佐々木晶  ノースヒルズ
母父Storm catノースヒルズ血統で雄大な馬体。筋肉・跳び・評判は申し分ないが、この配合はSP不足も?
⇒0か100か。殆どドラ1で消えるため、指名出来ない(笑)自由使命の際は必ず手持ちに加えておきたい。

 

 

⑨ロレットチャペルの10 ディープインパクト  牡  橋口  鈴木隆司
母父フレンチデピュティ。緩い馬体だけど、しっかり体重はある。この一族と父ディープの相性は未知数。
⇒下位指名候補。橋口厩舎だし、秋の京都辺りデビューを期待する。但し脚元の心配は拭えない。

 

 

⑩ビートリクスキッドの10 ディープインパクト  牡    
Victory Note産駒の母は仏G3馬。Lyphardクロス持ち。サドラーよりFairy King(母父父)の方が相性良さげ。
⇒今年の隠し玉候補。馬主が"ショウナン"なので、梅田or上原厩舎辺りか?情報が欲しいですね。

 

 

アグネスタキオン産駒…
単純に苦手な種牡馬。素直に良血馬を獲っても怪我のリスクが高い。1位で大博打or下位で惑星狙い。
引き続き「社台orノーザン」生産馬を優先する。中小牧場は好相性の馬主をマークするしかない。
最終世代。引き続き"ND持ち"に照準を絞る。基本(Machiavellian以外の)ミスプロ系は割り引きたい。

 

⑪ベユーズラッシーの10 アグネスタキオン  牝  音無
追分のタキオン。母父OutflankerはDanzig産駒。期待されている繁殖だと思うし、評判は上々。馬格もある。 
⇒上位候補。未知数な点も含めて、指名する価値はある。但し繁殖実績(母系)は超一流とはいえない。

 

⑫ローブデコルテの10 アグネスタキオン  牝  松元茂
早世した皐月賞馬とオークス馬の配合。馬体詐欺の多い大山でも好馬体の部類。更に良化してくれそう。
⇒前評判は母以上だが、気性面も母以上と噂される。松元厩舎なので、主戦は"天才"にお願いしたい。

 

エリモピクシーの10 アグネスタキオン  牡  橋口
リディルの全弟。これも評判が高い。"浦河組のエース"と目され、懸念されていた動きも良化傾向にある。
⇒とはいえ、クラレント(半兄)ほどの評判は聞かない。土台は盤石だし、ドラ1~2位で消えそうだし、難問。 

 

⑭ミスアナレオの10 アグネスタキオン  牝  藤岡健
母は伊ギニー3着馬。近親に(タキオンと好相性の)ダンシングブレーヴ。母父Alzaoも外れが少ない。

⇒今年の良血組は(上記3頭を除いて)微妙。社台RH×社台F×伊ギニー馬は高確率で当たるし、馬体も悪くない。但し若干小さいのと首長い点は気になる。伸縮性に欠けた走りをする可能性も考慮しつつ、下位指名候補。

 

⑮ミスベルベールの10 アグネスタキオン  牡  国枝 
ダノンベルベールの全妹。タキオン産駒らしい体つき。馬体重も500㎏を超えており、仕上がり面で高リスク。
⇒均整は取れている。吉田照哉氏も絶賛しており、育成での動きも悪くないとか。3歳デビューも覚悟で。

 

⑯エービーヌードルの10 アグネスタキオン  牝  森?
セコンドピアットの半弟。母父はCozzene産駒で、ND持ち。母系が(祖母の半兄Sassafras)興味深い。
⇒馬主も面白い。恐らく森厩舎。情報少ないが、安定して走る土台あり。嵌まれば"ブロードストリート2世"? 

 

 

キングカメハメハ産駒…
ホームラン種牡馬。毎年G1級を輩出するが、ディープ産駒以上に難しい。但し潰しは効きやすい。
引き続き「ノーザンファーム」生産馬に照準。中小牧場は「早期」「ダート血統」を狙えば良さそう。
今年は産駒数の少ない"谷間世代"。超良血繁殖を最上位で狙うか、中小ダート血統を下位で狙う感じ。

 

ディアデラノビアの10 キングカメハメハ  牝  角居
母は重賞3勝(G1善戦ウーマン)。祖母は亜2冠牝馬。半兄は(晩成型なのか)2勝目に手間取る。同じく好馬体。

⇒父キンカメに替わって、重苦しさが薄まるも馬体重は軽い。能力の土台は間違いないし、育成の評判も良い。キンカメ産駒は夏~秋に急成長するだけに更なる良化は見込める。上位で指名する価値は十分ありそう。

 

ライラックレーンの10 キングカメハメハ  牡  加藤征
フィフスペトルの全弟。右前脚を引き摺る&全体的に緩いなど不安が多い反面、育成の動きと走法は良い馬。

フィフスペトル級とは言わないが、ソコソコ安定して走ると見た。これも夏~秋に急成長するはず。要注目。

 

アンブロワーズの10 キングカメハメハ  牝  平田
サンデーR所有×NF生産馬。2歳重賞で活躍した函館2歳S馬の初駒。力強い馬体をしており、評判も上々。
⇒早期デビューは間違いない。調教進度も早く馬体に厚みが出てきた。速攻指名の最有力候補。中位で欲しい。

 

⑳ピンクパピオンの10 キングカメハメハ  牡  村山
カフナの全弟。祖母マリスターⅡ。コンパクトな体つきに映るが、馬体重は十分。気性面も評価されている。
⇒セレクト時から話題にされていた馬。半兄も中央2勝をあげており、安定して走る繁殖。上~中位で欲しい。

 

21.オリエントチャームの10 キングカメハメハ  牝  矢作 
追分生産馬。祖母ニキーヤ。配合もさながら、"ジョイフルスマイル"コンビが興味深い。情報なし。
⇒隠し玉の1頭。半姉(ガーネットチャーム)は堅実に走っており、同馬も楽しみ。秋口には情報来るか?

 

22.エスジーボナンザの10 キングカメハメハ  牡  昆
キンカメ×BTの"ダート馬"配合。兄姉は地方止まりだが、一気に良い父が巡ってきた。コンパクトな馬体。
⇒"ハタノヴァンクール"狙い。ダート馬は中小牧場×好相性厩舎×砂血統に標準を。同馬はファンタスト育成。

 

 

本日はここまで。

やはり(POG戦略において)ディープインパクト産駒とアグネスタキオン産駒が欠かせない。
とはいえ、ディープに比重を置きたい。(ラストクロップの)タキオンと(谷間世代の)キンカメは様子見。

むしろ、ダイワメジャーネオユニヴァースの産駒を積極的に指名したい。そんな感じで次回に続きます。