『雑感』

稀に更新します。

5月近辺に見た映画の感想と日本ダービー2012年の予想

 

 

 
ダービー予想の前に5月に見た映画の感想などを…今年ベストと今年ワーストが出ちゃったかも。
本日は現地観戦予定。全ての予想はまとまっていないため、簡潔版です。

 

 

裏切りのサーカス

youtu.be 「格好良い」男しか出ません。007と真反対のスパイ映画!

現時点で、今年ベスト級。文句無しの映画化作品。

ル・カレ小説の映画化と言えば「ナイロビの蜂」ですが…それよりも分かり易い。編集の力も大きいです。
とにかく登場人物が格好良い。ゲイリー・オールドマンコリン・ファース、ベネティクト・カンバーバッチにトム・ハーディ。重要な役割を担うマーク・ストロング、ビル・ローチ役の少年が見せる演技も文句無し。
何より全てが伏線に思えてくる物語が、実は「大事なことを台詞で説明していない」事に気付き、膝を打った。原作の素晴らしさを映像化するには、映像で異なる感動を生み出すしかない。大変意義があったと思います。

 

 

『捜査官X』

youtu.be とはいえ国内情勢(歴史的)に?という設定は有ります。

ドニー・イェン×金城武と聞いて、単なるアクション作品ではないなと…その通り凝っていました。
金城演じる捜査官"X"シュウと捜査されるドニー・イェン。お互いに「凡人ではないが、主人公らしくもない」オーラを纏って、サスペンス感を引き立たせます。スピードカメラやCG処理を使う推理パートも素晴らしい。
アクション監督は谷垣健冶さん。激しく美しい戦闘に加えて、
終盤は"大物ボス"との対決。必見です。

 

 

『貞子3D』

youtu.be なあ坊豆腐の無駄使い…というより妥当な扱い(笑)

Jホラーの代名詞『リング』ですが、原作は天然痘と精神(怨念)の融合をテーマにした(90年代らしい)SF小説これを"蓮實門下生"の中田秀夫と、脚本家の高橋洋が見事に映像化。Jホラーの基礎を確立させたわけです。

今作は貞子拡散を防いだ世界の延長線を描いた作品。ある時は集団戦法を用いて、ある時は井戸から、ある時は液晶画面から"神出鬼没"に襲ってくる。クロックタワーの様にしつこく、一本調子のストーリーが続きます。
SNSでは「非難しないで純粋に楽しめばいいのに…」等とホザく連中もいますが、恐らく自分の純粋に楽しむ(楽しんでいるふりをする)感覚が正しいと錯覚しているだけ。貞子に襲われるべき(?)ですね。

とはいえ、CGで制作された貞子のモーションは面白かった。非生物的な気色悪い感覚を味わえます。

 

 

『ポテチ』

youtu.be ちゃんと野球やってるだけで、もう満足!

伊坂幸太郎×中村義洋。本作は『ゴールデンスランバー』以上『重力ピエロ』未満といった感じ。
濱田岳演じる空き巣見習い(結局何も盗まない)と松岡茉優のちょいダサ底辺女が良かった。伊坂小説は基本「風呂敷を広げたまま」終わるけど、今作は小さい事件がちゃんと解決してくれる。野球もちゃんと見せてくれる。
震災後の東北で撮影されて、エキストラも地元の人たちを起用していますが、その志も嫌味がありません。

 

 

そんな感じで。東京競馬場は高速条件。硬い馬場が続いています。全馬無事の感想を願うばかり。
目黒記念の予想は当日Twitterに載せます。なにせ、殆ど予想に手を付けていないもので…

 

 

 

日本ダービー
トーセンホマレボシ
ディープブリランテ
ワールドエース
フェノーメノ,ゴールドシップ,ジャスタウェイ
⇒ゼロスが逃げて、トーセンホマレボシディープブリランテが追走。この辺りが今の高速府中で早仕掛けする様なら、後続は追い込みにくい気がします。ディープ産駒でも府中で結果を残すクラフティワイフ一族を。
トーセンホマレボシは3走前で先行展開を長く末脚を使い優勝。前走も良い走りでした。ディープブリランテは騎乗停止明けの岩田騎手が中間付きっきりで調教。血統的にも超高速馬場の東京は合いそう。位置取り次第。