『雑感』

稀に更新します。

12年優駿牝馬の予想など

 

 

週末は国立新美術館『大エルミタージュ美術館展』に。 

サンクトペテルブルクにある世界屈指の美術館から、数多くの名作が来日。レンブラント・モネ・ドラクロワセザンヌピカソら著名作家の絵画も鑑賞。(各種メディアでも激推しされる)マティスの最高傑作「赤い部屋」前は観客が多く、ルネサンス期から印象派に至る西洋美術史(約400年)の流れを体感、圧倒させられました。

とはいえ、エカテリーナ2世の治世期は農奴制の真っ只中。芸術科学や戦争に謳歌する貴族の背景はどす黒い。そして、第二次世界大戦期は名画の略奪を狙うナチス軍との戦い。大きな犠牲と引き換えに広く世界中の人々が鑑賞出来ていることを、改めて思い知らされます。壁が色分けされていたり、穏やかな照明も良かったです。

帰り際は物販コーナーでチェブラーシカのぬいぐるみに惹かれるも…キリがないため(泣く泣く)購入回避。

 

東京競馬は優駿牝馬オークスジェンティルドンナの乗り変わりがどう影響するか。
1番人気は桜花賞馬ではなく、2着馬ヴィルシーナか新星ミッドサマーフェアになりそう。

 

 

優駿牝馬
◎アイスフォーリス

ヴィルシーナ
ジェンティルドンナ
アイムユアーズ,ミッドサマーフェア,オメガハートランド 
アイスフォーリスの巻き返しに期待。といっても勝ち切るのは厳しい。前走は緩い展開を先行して2着。雨の影響は少ないと思うが、中盤緩すぎて決め手勝負に特化した。相手なりに走る馬。本質的には持続力型だと思う。府中長距離戦で長く末脚を使える展開が望ましい。追い切りも良く、乗り慣れた松岡騎手なら。2,3着狙い。
ヴィルシーナは普通に強いけど、勝ち切れ無さそうな点が難しい。アイムユアーズは(今なら)距離持つ。内枠を引けた点も+材料。内を上手く立ち回ってきそう。オメガハートランドも内延長は悪くない。"漁夫の利"狙い。
ジェンティルドンナも有力。外枠の分、最後届くのか。先行勢(特に武さん)は決め手勝負に持ち込まなさそう。ダイワメジャー産駒2頭の戦法次第。中弛みより、淡々と刻んだ方が残り目はあると思います。

 

 

駿風ステークス:◎ラルティスタ
開催前半の風は収まり、改めてスピード能力を精査したい。
叩き3走目になるラルティスタ。夏秋の直千で結果を残し、強風が止んだ同条件&外枠は好材料。前走は真面に走れていないし、上がり最速の末脚を使えていた。斤量も手頃で馬主人気しそうだが、一発を期待する。
アフォードの前走は(外枠を考慮すると)好内容。坂路の動きも良く、スピード能力は高い。アポロノカンザシも時計掛かる同条件で2勝(昨年)。前走の大敗をどう見るか。追い切り自体は良いし、共に発馬を決めたい。
初直千の2頭が厄介。ハノハノは連闘+鞍上略。ミスクリアモンは"恫喝"で勝ち上がった馬。共にテンは微妙。控える競馬で復調気味のゲットフルマークス、前走芝替わりで一変したナスザン、ヤサカシャイニーまで拾う。

 

 

昇竜ステークス:◎サトノインスパイア
京都ダートは"高速良馬場"。普通に軽いスピード馬を狙いましょう。

サトノインスパイアは前走良いスピードを見せて逃げ切り。距離伸びても良さそう。鞍上は園田の天才。
タイセイシュバリエは前走接戦を逃す。2走前は超高速馬場で参考外。逆にメイショウゾンビの2走前は超持続馬場。この辺りには騙されたくない。砂戻りのキズマ、ドリームコンサート、ナガラオリオン辺りを狙いたい。