『雑感』

稀に更新します。

プレイ・ザ・ゲームの年。

 

 

◆競馬界の総括。今年は「牝馬の年」になった。

ウオッカVSダイワスカーレット、言うまでもない。ブエナビスタスリープレスナイト、末恐ろしい。
世界を覗くと、ザルカヴァ凱旋門賞を制覇。ゴルディコヴァBCマイルなどGI3連勝。凄まじい強さ。
その一方で、メイショウサムソンが引退。カネヒキリが復活。ディープスカイの変則2冠もお忘れなく…

 

M1グランプリNON STYLE優勝。うーん、そうなのか。オードリーとナイツの方が面白かった。

上沼恵美子松本人志島田紳助揃って「後はトークがね…」と笑いを誘う。確かに売れるのは後者か。
笑い飯は残念だった*1。こればかりは運がない。一発ギャグの全盛期に漫才芸人も頑張っている。

 

◆第50回日本レコード大賞。大賞はEXILE『Ti Amo』に決まった。

妥当ではないか。EXILEに厳しい目を送る人は多いが*2、この楽曲は良い。KC松尾潔プロデュース&作詞に外れなし。ジェロ『海雪』は秋元康と宇崎竜童の仕事。何と言うか、2作目以降がどうなるか。
青山テルマ東方神起キマグレンも良く聴いた。とはいえ、売れたのは「ポニョ」と「羞恥心」か。

 

◆しかし、何と言ってもPerfumeの台頭だろう。アルバム『GAME』の出来が凄まじい。

RHYMESTER宇多丸氏が「背筋も凍る名曲ぶり」と評する『シークレット・シークレット』は素人目にも完成度の高さを伺える*3。セラミックガールと共に未来永劫聴き続けたい。史上最強のアイドルだ。
Perfumeの台頭は、アイドル冬の時代&ハロプロ時代を一新しそう。AKB48を始め、今後も注目したい。

 

◆色々と悲しいことも、悔しいことも、多かったわけだが……

何とか生き長らえた。もっと気合いを入れて、来年は"充実した生活"を目指す。
大きな地震から、間もなく2年を迎える。未だ仮設住宅は残ったまま。爪痕は消えない。

 

 

以上、当時のブログより。

*1:ウケていたし、面白かったと思う。

*2:単純にエ○ベッ○スの持ち回りがアレなだけ。

*3:ちなみに宇多丸氏もPVにカメオ出演