『雑感』

稀に更新します。

信玄公が尾張(中京)遠征へ。

 

 

◆うたばん「水谷豊SP」を見る。ドラマ『相棒』の"杉下右京"ブームに乗り、紅白出場とは。

そんな中で、亀山薫(演:寺脇康文)が卒業する。第1話で瀬戸口法務大臣(演:津川雅彦)が逮捕され、何となく卒業後の進路は見えるものの、小野田官房長(演:岸辺一徳)が危惧する"杉下の暴走"は誰が止めるのか?新しい相棒は誰になるのか?残り3か月も目が離せないと共に、年末の歌番組に注目したい。

 

◆おばかブームに乗っかって、羞恥心とPaboも紅白出場が決まる。

不祥事からの復活。島田紳助の演出力に尽きる。好き嫌いは分かれるが、子供たちの人気を獲得した。
とはいえ、学力の低さをネタにする姿勢を上岡龍太郎先生はどう思っておられるのか?少々怖いところ。

 

◆信玄公、三方ヶ原から尾張へ。

サラ混合戦に生まれ変わった中日新聞杯。上がり馬と3歳馬の対決になりそうだ。
前走:1年ぶりの準OP戦を完勝したシンゲン。サムソン世代最後の大物が天下獲りに動き始めた。左回り条件は問題ない。折り合い面と脚元も気になるが、ホワイトマズル産駒特有のムラは気になる。

オペラブラーボの3連勝は中身濃いが、初重賞56㎏で見込まれた。別定の前走と意味合いが異なるだけに同じ競馬が出来るか?ヤマニンキングリーは鞍上デムーロ。前走:着差以上の完勝も好材料と言える。
アルコセニョーラ、イケドラゴンの追い込みを警戒しつつ。何が来てもおかしく無さそう。

それにしても、他局の企画に乗っかりまくるNHK。サプライズ頼みの紅白歌合戦。大丈夫なのか?

 

 

以上、当時のブログより。