『雑感』

稀に更新します。

天皇賞秋(08年)予想など。

 

 

さて、天皇賞(秋)だ。秋華賞菊花賞と波乱の結果が続くも、そろそろ"3強決着"か?

最も"3強"と呼ばれて3強で決まるケースは"TTG"も3回だけ。平成3強に至っては何かに割られていた。今回は牝馬2強+1といった印象で、厳密には"3強"と呼べない。むしろ、3歳勢の真価が問われる一戦か。

ちなみに先週の某競馬予想番組。唯一の三冠王市丸博司氏が◎フローテーションで帯封達成。
早くも年間優勝に王手をかけた。亀谷、ヒロシも◎。ダービー小差、血統的に菊向きは理解できるが……

 

やはり競馬は夢がある。天皇賞(秋)も荒れるのか、それとも平穏決着か。

天皇賞(秋)
ウオッカ
ディープスカイ
ダイワスカーレット
タスカータソルテ,カンパニー,キングストレイル

ダイワスカーレットが休み明け、キングストレイルが北村宏、トーセンキャプテンペリエ。緩むことは無さそう。中距離GI戦線の常連が揃っており、安田記念っぽい決着を想定する*1。パンパンの良馬場。
ウオッカは前走:まさかの敗戦。最も逃げる形で3着以下を完封しているのだから、"ダービー馬の貫録"は見せた。体調万全+完璧な追い切り。速い流れでも折り合い付くし、今回は先行勢を見る競馬で戴冠を。

ディープスカイも前走:8分の仕上がりで、後の菊花賞馬を撃破する。直線長いコースは良い。世代レベルは分からないが、ひと叩きされて追い切り上々*2。最内枠を活かせるか?人気2頭をマークする形なら。
ダイワスカーレットは"有馬逆算ローテ"で挑む。急仕上げになるが、牡馬を軽くあしらえる。その一方で小回りコース、右回りの方が良い気もする。半兄の時と同様、速い流れになって欲しい。後は状態面か。

タスカータソルテは鞍上ルメール。府中向きジャンポケ産駒。長く末脚を使える馬で、前走:札幌記念のLR勝ちは見事に尽きる。但し左回り実績無。昨年3着:カンパニーも展開一つ。持続力を活かせれば。
キングストレイルは逃げると面白い。中盤:息入れて、ダイワと共に残す。短距離を使った効果残るか?

それにしても、17頭中14頭が関西遠征馬。残り3頭は2ケタ人気と"西高東低"が如実に表れている。

 

 

 

以上、当時のブログより。

*1:近年は香港馬に翻弄されるも、基本は安田⇔秋天の相性は良い

*2:直前は輸送を考慮。