『雑感』

稀に更新します。

カジノ車はスシ電車を超えるか。

 

 

リーマン・ショックに揺れる米国。ドル市場は壊滅状態に陥り、どうなることやら……

そんな中、BCクラシックに出走予定のカジノドライヴ。深刻な調整遅れに悩まされている。

常に脚部不安を抱えており*1、強い調教が出来ない。それで「米国最高峰のレース制覇」は夢のまた夢。出国日も迫り、何とか無事渡米にこぎつけて、春先の悪夢を払拭して欲しい。その上でAW適性次第か?

スシトレインと被るが、こちらは勝ち時計も非凡。カジノ車はスシ電車を超えていけるはずだ。

 

 

今週末は神戸新聞杯オールカマーが行われて、いよいよ秋のGI戦線が開幕する。 

神戸新聞杯
ヤマニンキングリー
ディープスカイ
ブラックシェル
スマイルジャック,オウケンブルースリ

残念ダービーこと白百合S勝ち馬:ヤマニンキングリー。昨秋:黄菊賞優駿牝馬を破るなど、鋭い末脚を武器に出世するが、爪の不安でGI競走を使えず。阪神2400m戦で押し切れるか、しっかり見定めたい。
ディープスカイは言うまでもなく。勝ち負け問わず、次走:秋天狙いだろう。距離適性は気持ち長いか。

ブラックシェルは展開次第。ディープが早目に動くようなら、徹底マーク策を講じても良い。世代安定の末脚を持ち、この面子なら大負けは考えにくい。やはり菊花賞より秋天向きの配合だろう。後は展開面。
スマイルジャックは(気持ち)長い距離がどうか。それ以上に前走:上手くいき過ぎだったわけで。

オウケンブルースリモンテクリスエス権利取り⇒次走:本番が理想プラン。持続力を活かしたい。

 

 

オールカマー
マツリダゴッホ
シャドウゲイト
エアシェイディ
マイネルキッツ,トウショウシロッコ

札幌記念は足元を掬われたが、逃げ馬がハイペースを作り、早目先頭に立つ強い競馬で虚を突かれたか。レコードタイムで走破しており、得意の中山2200m戦で巻き返せるはず。特に心配はしていない。
シャドウゲイトは単騎逃げの形になれそう。休み明けだが、流石に大敗は考えにくい。マイネルキッツトウショウシロッコエアシェイディは捲り差す(持続力を問う)競馬に持ち込めれば。実力伯仲。

アドマイヤタイトルは(日経賞の様に)セコく乗りたいが、大外枠+安藤勝騎手。ブン回しだと厳しい。

 

 

以上、当時のブログより。 

*1:2歳時も春入厩を果たしながら、早期離脱を余儀なくした