『雑感』

稀に更新します。

ユキチャンを見届ける。

 

 

ユキチャンの重賞制覇を見届ける。メンバー手薄とはいえ、8馬身差の圧勝。しかもレースレコード。ここまで優秀な白毛は知らない。2週目:向正面で先頭に立つと、直線入口で勝負を付けた。ストライドが大きく、芝好走歴も分かる。虚弱体質に負けず、激しい気性を抑えて、よく頑張っている。次も期待を。
なお、関東オークスの入場者数は前年比127%超。売上も4億超*1。特別窓口が設置されるだけはある。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------   

 

白毛の発生確率は低く、染色体の変異でアルビノ*2じゃない。白斑の子も同経緯で生まれ、その確率の低さは「数万頭に一頭」とされている。しかし"白毛から白毛が生まれる確率"は高く、ユキチャンの母:シラユキヒメ白毛牝系を築いている。白毛馬の重賞制覇は、"新時代の到来"と言っても過言ではない。
それにしても、ユキチャンの白さ。公孫瓚*3も驚きの?白さ。鞍上は白馬も似合う天才・武豊。良き哉。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------   

 

マーメイドS。波乱でお馴染みだが、ベッラレイア参戦は興味深い。雨の影響を相当受けそう。
一周回って、ソリッドプラチナムは盲点かも。準OP降級後も阪神中長距離で安定感を見せるが、前走は柴原騎手の"溜め過ぎ"に尽きる。叩き2走目&鞍上交替
&斤量53㎏は好材料。雨も味方してくれるはず。
ブリトマルティスは道悪&武豊人気も阪神コースに疑問。和田騎手戻りのザレマは、何とか先行したい。

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------   


◇土曜阪神5R:現2歳世代最初の新馬戦を制したツルマルジャパン。好スタートから、上手く逃げ切る。
マンハッタンカフェ産駒。気性が気になる血統も、昨日は落ちついていた。2着惜敗:セイウンワンダーは"JRAブリーズアップセール"出身馬。3着に9馬身差を付けており、この2頭は次走も注目したい。
昨年と異なり、2歳有力馬が初週から殺到しない。SS系産駒による戦国時代。試行錯誤が続いている。

 

 

以上、当時のブログより。 

*1:そのうち"ユキチャン単勝専用窓口"で発売された馬券が32万円分。

*2:メラニン色素の欠乏。白皮症。

*3:中国・後漢末期の武将。白馬の弓騎兵隊"白馬義従"を作り、近隣の異民族に恐れられたとか