『雑感』

稀に更新します。

NHKマイルC(08年)こそ…

 

 

◇『相棒 -劇場版- 』を見る。恒例の正月SP以上に大雑把なストーリー、細かいところは穴だらけだ。

序盤の殺人事件が(犯行上)蛇足な点、SNSの取り扱いが杜撰過ぎる点、国際テロ組織と擬似裁判サイトが単なるミスリードと化している点、犯行自体が"杉下右京"という人物抜きに成立しない点とグダグダ。

そういう意味では『あぶない刑事』の様な「テレ朝の伝統的な刑事ドラマ」の系譜を継いでいる訳だが、故:砂本量氏、輿水泰弘氏、桜井武晴氏らが築き上げてきた『相棒』ワールドとズレている気がする。
ミステリー劇×映画の組み合わせは難しいが、そこを(相棒だからこそ)何とかして欲しかった。

亀山&伊丹の共闘、内村刑事部長の"映画版ジャイアン"化など、シリーズのファンは楽しめると思うが…

 

 

NHKマイルCの難しさ。皐月賞組を狙うか、トライアル組を狙うか、それとも別路線組か。

NHKマイルC
ディープスカイ
ブラックシェル
ファリダット
サダムイダテン,ゴスホークケン

皐月賞組も大したことない、トライアル組も微妙……となると、急上昇中ディープスカイで良いのかな。前走:外一気の脚で青葉賞馬を完封する。走る毎に力を付けており、タキオン産駒の中でも切れ味鋭い。

ブラックシェルの短縮は悪くない。後藤騎手の腕捌きに期待。ファリダットは脚質的に展開次第か。
ゴスホークケン、エイムアットビップ、ダンツキッスイと先行馬が揃い、差し競馬になる可能性はある。
サダムイダテンサトノプログレスも展開面だけ。特にサダムは上がりの掛かる展開が良さそう。

 

 

以上、当時のブログより。