『雑感』

稀に更新します。

東京大賞典(07年)予想など。

 

 

◇CXの迷作『ローレライ』がTV放送される日に、オダギリジョー×香椎由宇の結婚というサプライズ。

間髪入れずに、麻生久美子(伊賀大介さん)も結婚。メンズノンノを参考にしている身としては嬉しい。
そうかと思えば、杉村大蔵が事実上の"公認取り消し"というニュース。短い命であったな(死んでない)。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

有馬記念は伏兵:マツリダゴッホ。スルッと内を伝って、中山巧者の本領を発揮した。蛯名騎手の腕に尽きるし、土日合わせて「7勝・2着3回・3着2回」と獅子奮迅の働き。なお、レゴラスも7着と善戦。
人気馬が苦しむ中、ダイワスカーレットは兄以上の持久力を見せた。相当強いのかもしれ
ない。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

ダイワメジャーの引退式が行われた。GI5勝を含む重賞8勝の大活躍。最後の走りとなった有馬記念も兄妹で無益な争いをせず、上位掲示板内を独占した。ノド鳴りを乗り越えての走り。産駒にも期待を。

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

 

さて、年の終わりは東京大賞典JCDと代わり映えしない"中央勢"。ヴァーミリアン盤石だろうか。

東京大賞典
ヴァーミリアン
フリオーソ
ブルーコンコルド
メイショウトウコン

ヴァーミリアンに死角なし。フェブラリーまでは"3着以内を外すこと"が考えにくい。道悪も問題無い。
フリオーソ、アンパサンド、ルースリンド掲示板を狙える。特にフリオーソは積極的な競馬で前進を。人気薄だと、軽い馬場向きのメイショウトウコン。強い中央馬を利用して、上手く差し込めれば。

それにしても、デルタブルースの参戦には驚いた。中5日出走は「欧米ならよくあること」とはいえ…

 

 

以上、当時のブログより。