『雑感』

稀に更新します。

エリザベス女王杯(07年)の予想など。

 

 

BCターフで完敗を喫した"凱旋門賞馬"ディラントーマス。このまま種牡馬入りすると思っていたが…

仮にJC参戦となっても(長距離輸送を経て)連戦するメリットは少ない。日本リリースの可能性も低いだろう。
ここ最近はドバイ・香港・シンガポールなどの国際競走が活性化して、JC競走の存在意義は失われつつある。そういう意味で「凱旋門賞馬の出走」は大きなアピールになるが、クールモア陣営に利はあるのだろうか。

ディラントーマスは"パワー型種牡馬"の代名詞・ダンジグ系を代表するデインヒル(Danehill)産駒。
既に世界中で活躍馬を輩出しており、将来の日本競馬においても(未だ大物は繋養されていないが)重要な血統になるだろう。一方で"ダンジグ系種牡馬"と聞けば、ピルサドスキーシャーディーの導入失敗が脳裏をよぎる。様々な原因が有ると思い、とりわけ"Danzig感"が強いと、日本の芝(ダート)に体系&走法が合わない面が多い。

言われてみれば、地方の深い砂と軽い中央の砂で成績が雲泥の差。アジュディミツオーも中央で勝てなかった。今年はGI7勝のロックオブジブラルタルが1年限定で繋養している。日本適性はおろか、産駒自体が未知数。
この系統らしい"パワー"をそのままに、日本の高速馬場に合う様な"素軽さ"を後継産駒に期待したいところだ。

エリザベス女王杯は3歳2強と古馬の直接対決。かなり面白い対決になりそう。
牝馬三冠レースと異なり、スタミナ(持続力)が問われるGI。先行激化となれば、大波乱も…

 

エリザベス女王杯
ウオッカ
スイープトウショウ
ダイワスカーレット
アサヒライジング,ディアデラノビア,フサイチパンドラ

アサヒライジングダイワスカーレットの先行争い。前者の好調子を考慮すると、ハナを譲る可能性は高そう。ダイワが番手の場合、好位前後に取り付けた馬が動き辛そう。各馬の3角~4角早仕掛けに期待したい。
ウオッカを本命に。エンジンの掛かり遅く、近走は差し損ねが続いている。自ら動く形だと苦しいが…
ダイワスカーレットが番手で緩めた場合、フサイチパンドラ辺りが早目に動くはず。そこを突きたいところ。

 

以上、当時のブログより。