『雑感』

稀に更新します。

スプリンターズS(07年)の予想

 

 

運動会のシーズン。といっても、近年は春に開催する学校も少なくない。

 

そういえば、運動会で優勝したことがない。幼稚園の時からあったし、小学校も2学級しかなかったが、不運と言うべきなのか。逆に雨天中止の経験は無く、怪我人も出ておらず、運が良いのか悪いのか… 

いつの間にか"お昼休みに家族とお弁当を食べる"慣習は消えた。家庭間の格差を考慮すると致し方ない。それよりも学年・教室の壁を取り払い、全校生徒で好きなようにお昼休みを過ごさせるのはどうか?
クラス内の壁を取り払うことで、クラス内の闇に気付く、見直す契機になると思うのだが。

 

 

--------------------------------------------------------------------------------------------------- 

 

 

ようやく馬インフルエンザ騒動も終息し、秋のG1戦線が始まる。先ずは無事に開催して欲しい。 

スプリンターズSは(今年も)混戦模様。海外馬の参戦もなく、メンバーは正直強いと言えない。
切れ味重視の高松宮と異なり、先行力重視のスプリンターズ。SS時代の終焉と共に色濃くなりそう。

スプリンターズS
アストンマーチャン
アイルラヴァゲイン
サンアディユ
スズカフェニックス,エムオーウィナー

今こそ「逃げの中舘」に期待したい。前走は展開的に止むを得ず。調教からも巻き返し可能な仕上がり。アドマイヤコジーン産駒なら道悪も熟せる(むしろ高速条件は苦しい?)だろう。後は思い切り次第。
アイルラヴァゲインは"お得意コース"。こちらは厳しい展開になった方が、しぶとい末脚を生かせそう。サンアディユは詰め甘く、アストンらと競った場合に残し切れるか。スピード能力は高いはず。

スズカフェニックスは逆に切れ味を発揮しにくそう。キングトレイルも同様に割り引きたい。そのほか、エムオーウィナーも先行力を評価する。コイウタも距離短縮は興味深い。3着以内を狙うなら手広く。
但し「夏競馬を使えなかった」面々は(スズカなど)馬インフルの影響で調整不足を懸念したい。 

ポートアイランドSは"OP巧者"スーパーホーネットから。安田記念も大負けしておらず、この面子なら。

 

後は雨の影響が何処までか…

 

 

以上、当時のブログより。