『雑感』

稀に更新します。

日本ダービー(07年)予想。

 

 

何だかんだで日本ダービーの週は、ファンでなくとも競馬の話が飛び交う。

 

今年はウオッカ参戦、アドマイヤオーラの降板劇、ヴィクトリー大外枠と戦前から話題に欠けない。

更に皇太子殿下が来場される(ついでに安倍夫妻も)。何より"サンデーサイレンス産駒不在"のダービー。
もちろん(ディープインパクトを始め)SS系種牡馬の時代が来るだろう。ただ、付け入る隙はあるはずだ。

日本ダービー
フサイチホウオー
ウオッカ
アドマイヤオーラ
アサクサキングス,プラテアード,タスカータソルテ
サンツェッペリンが逃げて、アサクサキングスとヴィクトリーが続く。その後ろが重要に。  

フサイチホウオーは前走・皐月賞で折り合う。長く末脚を使える馬で、肉体面の成長も見られる。
但し"後方一気"は厳しい。府中2400m戦でサンツェッペリン&ヴィクトリーが暴走するとは考えにくく、とすれば好位前後に取り付けて、
早仕掛けの競馬を期待。広い左回りだからこそ、上手く嵌まるなら。

ウオッカは切れ味勝負に持ち込みたい。鋭い末脚は府中向きだと思うし、出来も良い。問題は(性別より)距離適性と直線の捌き。一瞬の爆発力を活かせる形が欲しい。ある程度、戦えると思うが…
アドマイヤオーラは前走:皐月賞で切れ負けした点が割り引き。鞍上交代も微妙だし、色々残念だなと。

大穴がアサクサキングスとプラテアード。前者は先行早仕掛けを期待する。NHKマイルC(本命視)は雨が痛恨。真面に走らず、追い切りの動きも上々。"菊花賞向きな位の"血統で、距離延長は歓迎だろう。
プラテアードは(ダービーより)安田記念っぽい血統も、今年の具合なら先行して、3着に紛れても良い。

ヴィクトリーとサニーブライアンの違いは"末脚の使いどころ"。後者の方が折り合いつき、直線で再加速している。2400m戦を「力ずくで押し切る」のは、SS系が台頭した後の時代だと難しい気が。
ダービーTRは割り引き。タスカータソルテは(弥生賞の様に)外々を回されなければ。騎手の腕に期待を。

 

とはいえ、そろそろ勝って欲しいのは"蛯名騎手"。ドリームジャーニーは距離持つのだろうか…

 

以上、当時のブログより。