『雑感』

稀に更新します。

皐月賞(07年)回顧など

 

 

山P×長澤まさみ主演『プロポーズ大作戦』は思った以上に小劇場系のギャグドラマ。桑田さんのED曲が良い。
しかし最終回を想像すると…藤木直人は可哀想過ぎないか?いや、結ばれない感じかな?要チェック。

プロ野球が開幕した。中日は開幕3タテ(ヤクルト戦)を決める好スタートを切った。相変わらず得点不足だが、幸い中村紀さんが覚醒している。福留かウッズが凡退しても、後続が打点を取ってくれるのは有り難い。
投手陣は文句無し。特に岡本⇒岩瀬の鉄壁リレー。グラセスキーとS.ラミレスの両外人が6~7回を踏ん張れるのも大きい。中田賢一が制球難で苦しまないし、後は朝倉と山本昌で勝ち星を換算できるなら…

巨人の新人・金刀は悪く無さそう。ヒゲの無い小笠原は違和感しかないが。阪神は"JFK"の安定感に尽きる。新外国人のジャンとボーグルソンが厄介。この2人を引きずり降ろせないと、終盤の逆転は厳しい。
広島は黒田&佐々岡で勝てないと苦戦しそう。横浜は移籍した仁志が気を吐いている。投手陣の踏ん張り次第。

パリーグソフトバンク独走と思いきやロッテが3タテを奪い、西武も堅実に勝ち星を積み重ねている。日ハムもダルビッシュの力で大負けはしない。以外と混戦ムードになっている。注目の新人・田中将大は未勝利。
ちなみにファーム戦は好調。藤井・中村公辺りが昇格ライン。投手陣は小笠原と山井が復調している感じ。

 

さて、皐月賞三連単162万馬券の大波乱レースとなった。

皐月賞
1着ヴィクトリー
2着サンツェッペリン
3着フサイチホウオー
4着アドマイヤオーラ
5着メイショウレガーロ

⇒8着ドリームジャーニー,9着ココナッツパンチ,11着ナムラマース,12着フライングアップル

風の強い中山競馬場サンツェッペリンが「宣言通り」ハナに立つ。ところが、ヴィクトリーがスピードの違いで先頭を奪うと、気分よくペースを刻む。1000m通過59秒4と厳しい流れの中、直線に入ってもヴィクトリーが手応えよく、徐々に並びかけてくるサンツェッペリンと猛然と追ってきたフサイチホウオーを小差凌いだ。
アドマイヤオーラドリームジャーニーは末脚を活かすことが出来ず、4着,8着に敗れた。

ヴィクトリーは勝春騎手の好判断。激しい気性面を逆手に取った形。心肺機能は相当高い馬。プール調教の恩恵もあったか。レースでは真面に走れるのが大きい。サンツェッペリンもしぶとい末脚を見せた。共に良い馬。
15年振り2度目。涙のGI制覇となった田中勝春騎手。思えば年始から風は吹いていた。本当に良かったと思う。松岡騎手も惜しかったが、アイルランド修行の効果は出ている。日本のM.キネーンとなれるか、今後も注目。

フサイチホウオーは最後届かなかった。とはいえ、キッチリ末脚を使えたのが大きい。本番は次走になる。
アドマイヤオーラは少し勿体無い競馬。武豊騎手の判断は仕方ない。切れ味は間違いないのだが。メイショウレガーロは展開が向いた。ローレルゲレイロも距離長そうな割に頑張っている。アサクサキングスも能力は高い。
ドリームジャーニーは大外を回し過ぎ。あれでは厳しい。ナムラマースフライングアップルは最後止まった。

 

日本ダービーの注目馬はフサイチホウオー。上手く先行出来れば…
ヴィクトリーも血統的に府中2400m戦は大丈夫。アドマイヤオーラも展開次第。

 

以上、当時のブログより。