『雑感』

稀に更新します。

共同通信杯(07年)ときさらぎ賞(07年)が終わって。

 

 

番宣を見た時から気になっていたTBS特別ドラマ『和田アキ子殺人事件

恐らく「伝説のドラマ&バラエティ番組」になるだろう。とにかく狂っている。良い意味で頭がおかしい(笑)

10年後の若者たちに「みのもんた和田アキ子を爆殺するドラマがあった」と伝えたら…何と反応するやら。
しかも、その爆殺方法が『名探偵コナン』を超える高難易度。動機に至っては"サイコパス"を突きぬけている。
最終的に和田アキ子は生きていたが、殺害現場に居合わせたタクシーの運転手と松村邦洋は多分死んだまま。
カンニング竹山出川哲朗に至っては逮捕だろ!…という。これでハッピーエンドなんだから、色々恐ろしい。

殆どの出演者がアドリブの中、さまぁ~ず三村(主演)は必死に台詞を覚えていた。対するくりぃむ上田(刑事)は何時ぞやの反戦映画時を髣髴とさせる大根役者ぶり。『相棒』の水谷豊を意識している辺りが実に恥ずかしい。一方のくりぃむ有田は(ホリ○もん風の)雰囲気作りが上手い。タモリ明石家さんまは終始楽しそうだった。

後は『峰におまかせ!』なる新番組が始まった時の峰竜太が、本心から嬉しそうだったのは言うまでもない。

ここまでの馬鹿をやったドラマは見たことない。企画した西尾聖マネージャーと脚本家の福田雄一は凄い。
…いや、そういえば『はなまるマーケット殺人事件』があったではないか。何を考えているんだTBSは(笑)

 

さて、春に向けての3歳重賞・共同通信杯きさらぎ賞は明暗が分かれた格好。
とりわけ、共同通信杯フサイチホウオーは良い内容。皐月賞はともかくダービーなら…

 

2月4日 東京11R 共同通信杯
1着フサイチホウオー
2着ダイレクトキャッチ
3着フライングアップル
4着ニュービギニング

フサイチホウオーニュービギニングの無敗馬対決。片や10kg増、片や最内枠が懸念されていた。
ツカサラッキーが先手を奪い、フライングアップルフリオーソが追走。フサイチは好位で折り合い、ニュービギニングは最後方から。1000m通過(推定)60秒1の緩いペース。直線先に抜け出したフライングを、フサイチがジリジリと追い詰めて交わし、無傷の4連勝を飾った。外からダイレクトキャッチが追い込んで、2着に入る。
やはり勝負根性あるな、という印象。切れ味とスピード能力は課題残るが、本番も良い勝負をしてくれそう。

2着ダイレクトキャッチは無欲の追い込み。3着フライングアップルは相手が悪かったか。ニュービギニングは離されて4着止まり。よく追い込んできたが、残り100mで止まった。やはり半兄級の末脚は持ち合わせず。

 

2月11日 京都11R きさらぎ賞
1着アサクサキングス
2着ナムラマース
3着サムライタイガース
4着オーシャンエイプス

⇒新たなる主役誕生か。オーシャンエイプスに期待が集まったきさらぎ賞
アサクサキングスが先頭を奪い、淡々と大逃げを打つ。サムライタイガースとオーシャンエイプスがその後ろ。直線に入っても先頭を保ち、むしろリードを広げて押し切った。オーシャンエイプスは最後に失速。
負傷の四位騎手に代わって、武幸四郎騎手が代打騎乗。少し遊ぶ面もあった様だが、折り合い面は大丈夫そう。
2着ナムラマースは詰め甘いが、最後よく追い込んだ。しかし、3着サムライタイガースもよく粘っている。
注目のオーシャンエイプスは最後力尽きて4着。やはり2戦目の距離延長は堪えたか。仕切り直したいところ。
 

やはりフサイチホウオーアドマイヤオーラドリームジャーニー、ヴィクトリーの対決になりそうです。

 

 

以上、当時のブログより