『雑感』

稀に更新します。

阪神JF(06年)回顧など

 

 

◇先月オープンしたばかりの金沢駅に隣接するファッションビル"金沢フォーラス"。 

とにかく客入りが凄い。全国的に「地方都市=イオン天国」となりつつあるが、それを象徴する活気かもしれない。北陸三県で珍しいファッション・ブランドや各種テナントが占めている点も大きいだろう。

オープン直後に某豆腐料理店の食中毒騒ぎもあったが…そんな中「Chanko Dining 若」の客入りだけが苦戦しているとの噂。無念也、お兄ちゃん。お店の金沢撤退と光司氏との和解。どちらが先か…

 

---------------------------------------------------------------------------------------------------

 

阪神JFタニノギムレット産駒のウオッカ。谷水オーナー自身の所有馬から、初G1馬が出るとは。

阪神JF
◎ローブデコルテ
アストンマーチャン
ウオッカ
ルミナスハーバー

アストンマーチャンが逃げると思いきや、ルミナスハーバーに先頭を譲る。ハイペースから長い直線勝負となり、先に抜け出したアストンマーチャンを外からウオッカが差し切った。桜花賞も楽しみ。
但しウオッカは(黄菊賞2着からも)スローペースで取りこぼしそう。アストンは逆に短距離向きだろう。

改修前の予想通り、新・阪神競馬場は"右回りの府中っぽい"決まり手に。上がり勝負となるが、ルミナスハーバーアストンマーチャンも粘り込んでおり、依然のコースと違い"実力差が出易い"気はした。
イクスキューズは"ボストンハーバー産駒らしい"ツメの甘さ。GⅡまでなら優勝できるかも。

 

 

以上、当時のブログより