『雑感』

稀に更新します。

ジャパンカップ(06年)回顧

 

 

年末の超大作「007 カジノ・ロワイアル」を公開初日に鑑賞してきた。完全に前作が吹っ飛んだ。

金髪の新生ジェームズ・ボンドが格好良い。ダニエル・クレイグが似合っている。とにかく優秀な職員だけど、色々駄目な奴。現代に即したボンド設定になっているし、古参ファンも納得の仕上がりだと思う。

作品的には敵役のル・シッフルとボンドガールのヴェスパーが「主役を食う存在」なのも大きい。特に前者。
演じるマッツ・ミケルセンは「キング・アーサー」で騎士トリスタンを演じていた長身イケメン。今回は様相が全く異なる。ヴェスパーを演じるエヴァ・グリーンも「キングダム・オブ・ヘブン」より全然良かった。

FBIのフェリックス捜査官が黒人に変更されていたり、殺され役のボンドガールも良い味を出していた。
シリアス風味でありながら、「007」らしい大味なスパイ活劇にメカ兵器の登場。見事子は沢山あります。

 

 

ジャパンカップ
ディープインパクト
ドリームパスポート
ウィジャボード
コスモバルク

⇒海外からはウィジャボードとフリードニアが参戦。コスモバルクフサイチパンドラが逃げる想定だった。
言うまでも無く、ディープインパクトは飛んだ。1頭だけ"異次元の走り"。凱旋門賞失格の鬱憤を晴らす。
ドリームパスポートデットーリ騎乗ウィジャボードが差してきて2,3着。逃げ粘ったコスモバルクが4着に。

その一方で、ハーツクライは10着に大敗。先行は出来ており、ノド鳴りの影響以外に考えられないだろう。
この後、ダイワメジャーの様に手術するのか、引退・種牡馬入りするのか、非常に悩ましいところだと思う。

かなり緩いペースだったと思うし、有馬記念は「よりパワー&スタミナのある馬」を買いたいところ。
当然、メイショウサムソンに巻き返しを期待したい。ここは大外枠で、よく頑張った方だと思うが。

 

以上、当時のブログより。