『雑感』

稀に更新します。

秋華賞(06年)回顧など

 

 

ディープインパクトが51億円の種牡馬シンジケートを組むそうだ。種付け料金は約1500万円になると。凱旋門賞を勝っていれば、フランスで種牡馬入りしていたかもしれない。負けて良かった…のか?

生徒会のスローガンを決めた。安倍新総理がやたら「美しい日本」と連呼しているので「美しい○○(中学校名)」に。落ち葉拾い、資源リサイクル、ベルマーク集め。総理大臣ならぬ、掃除大臣といった感じ。

それにしても、郵政民営化の選挙みたいに"政治ショー"が続くのはやめて欲しい。
総理大臣が「早々に掃除」されないよう祈りつつ、僕は「掃除ショー」で任期を全うするつもりだ。 

 

秋華賞
アドマイヤキッス
フサイチパンドラ
アサヒライジング
ニシノフジムスメ 

⇒芝2000m。淀の坂を1回通る。パワーのある馬が強い。追い込み馬の3頭がいいと思った。
カワカミプリンセスが圧倒。レース前に覆面を取って、気合いが入ったらしい。3コーナーで鞭が入って、そこから追い込んだ。オークスから休み明けで5戦5勝。スイープトウショウとの対決が楽しみ。
アサヒライジングは米オークスと違い、差し競馬に回した。柴田善臣騎手よく頑張ったと思う。
フサイチパンドラアドマイヤキッスも惜しかった。特に武豊騎手は外を回らされたのが辛かったか。

 

デイリー杯2歳S
オースミダイドウ
ローレルゲレイロ
▲マルカハンニバル
△ケイアイマイスキー 

オースミダイドウが強かった。勝ちタイムも優秀。とはいえ、低調な面子には変わりない。
超スローペースから直線勝負となり、勝ち馬は悪くない。道中掛かっていたのと、中山の急坂に対応出来れば。ローレルゲレイロは短距離戦で見たい馬。本田優騎手と共に良い味を出している。

 

府中牝馬S
デアリングハート
ディアデラノビア
サンレイジャスパー
△マキシマムドパリ 

⇒マキシマムドパリが発走直前に除外。エイシンテンダーが逃げて、デアリングハートが好位から抜け出すと、そのまま押し切った。後方から追い込んだサンレイジャスパーディアデラノビアが次点に。
好敵手ラインクラフトの仇を討つ走り。エリザベス女王杯よりもマイルチャンピオンSが合いそう。
ヤマニンシュクルは府中だと伸びない馬。京都で見直したい。

 

 

 

以上、本日のデイリーノートより