『雑感』

稀に更新します。

スプリンターズS(06年)の感想

 

 

卓球クラブのチーム合宿に参加。過密日程だが、練習時間が足りないくらいである。

それ以上に合宿所のご飯が美味しくなかった。"贅沢言うな"という意見も分かるが、一般市民も泊まりにくる施設。税金で経営するこそ、もう少し配慮して欲しいなと、サービスを向上させて欲しいと感じる。
何も豪華な食事を出せ!と言っているわけじゃない。温度面など、品質管理をしっかりして欲しいのだ。

学校内に給食室がある、近隣に給食センターがある小学校は問題ない。他県の不味くて、残せなくて、拷問の様に食べさせられる学校は業者発注のケースが多いらしい。給食で不登校になるケースもあるとか。

根性が云々と言うが、本当に根性があるなら「おかしいことをおかしい」と言うべきである。 

ところで、この合宿所から眺める星空は凄い。360度に渡り輝く光の絨毯を楽しめる。

 

スプリンターズSは夏の覇者シーイズトウショウ、春の覇者オレハマッテルゼをよそに、オーストラリアから遠征してきたテイクオーバーターゲットが優勝。セントウルSの雪辱を…というより、予定通りのローテか。Celtic Swing産駒で祖父ダミスタートロットスター以来の勝利だ。

購入額は日本円で約11万円だったとか。調教師自ら取引し、自ら調教しているという。安いから駄目、安いから走らないと決めつけたくない。良い仕事をしている。

 

 以上、個人ブログより