『雑感』

稀に更新します。

宝塚記念(06年)回顧など

 

 

金子修介監督『デスノート』前篇を見てきた。やはり金子作品はハズレがない。 

ストーリーは原作前半を脚色した感じ。邦画特有の中弛みが殆どなく、最後まで楽しめた。
藤原竜也夜神月、名探偵L役の松山ケンイチはハマり役。個人的に好きな満島ひかりも良い役どこ。

極めつけは"劇場版オリジナルのヒロイン"詩織(演:香椎由宇)か。夜神月の日常シーンを膨らませるだけの蛇足要因かと思いきや、終盤に大仕事が待っており、名探偵Lを敗退させる凄い活躍を見せた。

夜神月が悪魔に変貌する様を劇的に描いており、死神リュークの高らかな勝利宣言(人間って面白れぇ)が劇場内に響き渡ると、アダムとイヴを籠絡したサタン*1を思わせる清々しさを感じたり。

鹿賀丈史の家族団らんシーンも初めて見たが、単なる父親ではなく夜神月の人間らしさ」を繋ぎ止める役割を含んでおり、特に捜査チームが名探偵Lに不信感を抱く中、彼の優秀さを唯一理解している姿は、悪魔と契約しなかった夜神月を髣髴させたりもする。後半の活躍にも(生き残るかな?)期待したい。

残念だったのが、仮面ライダー響鬼*2瀬戸朝香。出番少なく、都合の良い扱いを受けていた。
中原丈雄津川雅彦が友情出演すると『ゴジラ』『ガメラ』っぽくなる。この辺りは嫌いじゃない。

後編は弥海砂(演:戸田恵梨香)の活躍にかかっている。果たしてどういう結末を迎えるのか…

 

先週は春の総決算・宝塚記念。辛勝とはいえ、ディープインパクトが「地力の違い」を見せつけた。

宝塚記念
ディープインパクト
コスモバルク
▲カンパニー
ダイワメジャー

雨の阪神競馬場バランスオブゲームが逃げて、ダイワメジャーが続く予想通りの展開に。ディープインパクトは道悪でも"飛んだ"が、少し伸びを欠いたか。凱旋門賞も道悪だと捲り差せるか…分からない。

2着ナリタセンチュリーは「雨が得意」とはいえ激走した。これを的中できた人は凄いと思う。
残念だったのが、天皇賞(春)2着リンカーンと北の勇者コスモバルク。何も出来ず、着外に沈んだ。

 

今日の競馬ぶりを見るに、ぶっつけ本番で凱旋門賞は怖いなと感じる。もうどうしようもないが。

 

 

以上、当時のブログより  

*1:聖書

*2:細川茂樹