『雑感』

稀に更新します。

宝塚記念(06年)回顧など

 

 

金子修介監督『デスノート』前篇を見た。やはり金子監督の作品は面白い。

ストーリーは原作の前半部分。上手いこと脚色しており(邦画特有の)ダラダラした場面が殆どない。
藤原竜也よりも名探偵L役の松山ケンイチがピッタリだった。個人的に好きな満島ひかりも可愛かった。

極めつけは映画版オリジナルのヒロイン詩織(香椎由宇が演じている)。これも邦画特有の主人公の側面(日常)を膨らませるだけの蛇足要因かと思いきや、終盤にどんでん返しが待っており、名探偵Lを敗退させてしまう。
更に原作よりも分かりやすく、夜神月(主人公)が人間から悪魔に変貌した様を伝えて、リュークに高らかな勝利宣言(人間って面白れぇ!!)をさせていた。聖書における人間を籠絡したサタンに近いものを感じる。

古い神話や民間伝説を作品に取り込む金子修介監督ならではのアプローチだと思うし、本当に面白かった。
鹿賀丈史さんは単なるお父さんではなく準主役級の活躍。最初は鹿賀さんの家族団らん場面に違和感あったが、妹(満島ひかり)と共に「夜神月の人間らしさ」を繋ぎ止める役割なんだと気付いた。皆がLに不信感を抱く中、一人だけLの優秀さを理解して話し合う姿は"悪魔と契約しなかった夜神月"の将来像に近いんだと思う。

残念だったのは仮面ライダー響鬼瀬戸朝香。原作よりも役立たずだったし、都合よく動き過ぎだと思う。
後は中原丈雄さんと津川雅彦さんが出てくると『ゴジラ』『ガメラ』を見ている感じになるのが面白かった。

後編は(戸田恵梨香演じる)弥海砂が活躍しそう。ギャルサーみたいにならないか心配だけど…

 

先週は宝塚記念でした。流石にディープインパクトが強かったですね。

宝塚記念
ディープインパクト
コスモバルク
▲カンパニー
ダイワメジャー

⇒雨の降る阪神競馬場バランスオブゲームが逃げて、ダイワメジャーが先行。展開は予想通りでした。
ディープインパクトは最後差すのに苦労していました。道悪は苦手なんだと思います。それでも勝つのが凄い。
2着には田島騎手のナリタセンチュリー。雨が得意なのは分かるけど、これを当てた人は恐ろしいです(笑)
バランスオブゲームは逃げ粘っての3着。やっぱりG1は勝てませんね。ダイワメジャーも距離長い中、4着に。
残念だったのは、天皇賞(春)2着リンカーンコスモバルク。何も出来ずに終わりましたね。

 

ディープインパクト凱旋門賞に向かいます。楽しみだけど、向こうで雨降ると嫌だなぁ…

 

 

以上、当時のブログより