読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

兵庫チャンピオンシップ 東京湾C 2017年 予想

 

 

かきつばた記念はトウケイタイガー。2着に4馬身差を付ける完勝でした。
内枠がネックも、人気の中央馬に隙がありそうだったので、岩手のラブバレット共々期待はしていましたが。

序盤から促して主導権を奪うと、中盤は上手く息が入る"理想通り"の展開。ラブバレットやタイニーダンサーの動きを伺いつつ、再加速して上がり最速。直前に砂が入った良馬場を考えても、勝ち時計は十分でしょう。
タガノジンガロ以来の地方勢に軍配。「ソルテの全弟」「元中央馬」等と言われていますが、この馬に関しては園田に移籍&川原騎手が主戦を務めなければ、交流重賞を獲る事は不可能だったと思います。

川原騎手は昨年も交流重賞を2勝。その"相棒"でもあるローズジュレップが先週残念な事になり…。

 

 園田ウインターカップの時に色々書きましたが、こと"馬を育てる"レースを川原騎手歯意識している感じ。

beggaman.hatenablog.com そりゃ、短距離馬で「結果重視」なら追える騎手を乗せておけばよい訳で。

この辺り、浮上の過程はどんな感じなのか、知りたいですね。誰か陣営にインタビューしてくれないかな。
その内"ネットケイバ"はやりそう。ラブバレットはプロキオンSで、ドリームキラリは欅Sでお待ちしてます。

 

兵庫チャンピオンシップは地方勢、とりわけ「園田上位」が揃っての回避。
例年通りとはいえ、この姿勢はどうなのか。実力が足りない事は「百も承知」の上で、問いたいところ。

 

兵庫チャンピオンシップ
◎クイーンマンボ
〇リゾネーター
▲シゲルコング
△タガノディグオ,ノーブルサターン
⇒出遅れ癖あるシゲルコングとタガノディグオ。園田の深い砂は厄介だが、ノーブルサターンとリゾネーターは先行候補。クイーンマンボも最内枠から好位には取り付けられそう。ある程度"固まった隊列"を想定している。
例年兵庫CSは「4角先頭からの押し切り」が決まり易い。高速向きの馬や後方待機の馬は展開の恩恵が欲しい。

伏竜SはTR「C」相当。比較的序~中盤が落ち着き、リゾネーターが好位から押し切った。間隔を明けながらも(天栄調整)3走続けて「C」相当の走りを見せている。馬場傾向も偏っていないが、高速決着は未経験ではある。
シゲルコングは出遅れながら果敢に先頭を奪うも、失速し8着。ノーブルサターンは最内枠から先手を窺うが、4角で一杯になり7着。この2頭は淡白な競馬が合う。ガツガツした展開を期待…するには厳しい面子か。

クイーンマンボの前走は、TR「A」相当。一頭だけ"別次元の末脚"を繰り出している。問題は"反応の鈍さ"が、短い直線&コース条件で不利に働く可能性。隣枠に地方馬が並び、序盤被されるリスクが低い点は良さそう。
タガノディグオも、近3走「B」相当で走る強豪。踏み出しが弱いのか、常に出負け気味も最後は良く伸びる。持続馬場とスロー展開の対応は未知数。自分から捲っていく競馬なら…その際に"お釣り"はあるのか?

互いに様子を見合いながら、タガノディグオ辺りが早目に仕掛ける展開を想定。クイーンマンボは流れに乗じて他馬を射程圏に捕捉。決め手を活かしたい。リゾネーターは初連戦&遠征。向正面外から横綱競馬を取りたい。
内田戻りで好調のシゲルコングも乗り方一つ。馬場は合うし、(仮に)厳しい展開になっても歓迎。

 

 

東京湾カップ
◎マルヒロナッツオー
〇カンムル
▲クラトリガー,サイバーエレキング
△キャッスルクラウン,ノースガッツ,スカイサーベル
⇒マルヒロナッツオーの基礎SPならサイバーエレキングにも対抗出来る。グランウブロは近2走と異なる条件。これに内目からセイジーニアスやソッサスブレイが続きそう。外枠替わりカンムルの出方と戦法が鍵を握る。
そのカンムルは前走内枠に泣いた。小柄だが、長く末脚を使える馬。勝ち負けは別にして、持ち味を活かす事は出来る。サッとレース結果を見た限り、後手に回った馬は苦しい印象。雨も無いし、明日は地力勝負だな…。
本当はスカイサーベルを"サルベージ"したいが、流石に厳しい条件。キャッスルクラウンも前走同様に向くか。船橋ならノースガッツはソッサスブレイに逆転可能。クラトリガーも前走より悪くない。後は先行勢の取捨。

 

 

5月2日火曜の金沢競馬予想 ~天皇賞(春)と金沢スプリングカップが終わっての雑感~

 

 

先週の天皇賞(春)は大いに盛り上がりましたね。

レコードの話はさておき、"伝統の盾"に相応しい戦いでした。(正直、この言い回しは好きじゃありませんが)
これで春天の「距離短縮論」も暫く影を潜めそう。結果として、大阪杯のG1昇格は正解だったのかも。

キタサンブラックみたいな"伝統保守"指向の馬は例外ですが、今後も長距離で戦えるディープ産駒やハーツ産駒は増える気がします。(未検証の憶測ですが)配合面や育成面の向上は、着実に産駒成績の幅を広げている感じ。
オルフェーヴル産駒もデビューしますし、後はアドマイヤドンの様に"非サンデー"で面白い種牡馬がいたら…。

世界的に長距離戦は下火の傾向ですし、適性観と既成概念を壊す事は難しいですが、ある意味"ガラパゴス"的な日本競馬が"不協和音"となって、変化をもたらす事が出来たら良いなと。何かこんな歌詞の曲あったなぁ。

あぁ、調和(大阪杯との棲み分け)だけじゃ危険ですしね。
このまま廃れていくのは、"僕は嫌だ!"って感じ。

さて、金沢スプリングカップも行われました。今期最初の重賞を制したのはアドマイヤドン産駒のメイジン。
これで転入後3連勝。序盤から主導権を奪うと、休み明けの"王者"ジャングルスマイルが2番手に付けて、理想通りの隊列。上手く行きましたね。血統の字面とは裏腹に、中央時からゲートと位置取りセンスは良かった馬。小柄で非力な馬体も、全身を使った柔らかい走りをする印象。平坦&地の軽い金沢は合うのかもしれません。

後はティンバー特有の乗り難しさ。他馬に競られたり、被されると脆いかも。つまり、敵は「同じ厩舎」か。
今期初戦となった11歳馬ジャングルスマイルは8着。最後は流す格好となり、叩き良化を期待します。

トウショウプライドは自分の競馬に徹した形。道中上手く立ち回ったマイネルリボーンを封じている点も評価出来ます。寿希也騎乗のアイナは直線挟まれた?(最後まで映っていませんが、クランキングアップと下がってくるジャングルスマイルと交錯気味)感じで、道中内を立ち回ったのは悪くないかなと。セイカアヴァンサは条件を考えると、気性的にアレしか出来ないので仕方なし。百万石賞も「素直に決着」とはいかなさそうですね。

日曜は逃げた馬が8勝。徐々にタフさが解消されて、水準寄りの時計が出る良馬場。
基礎SPと地力優位の先行馬が堅実に結果を残していますね。先々週の砂補充を境に、直線は外>内に比重気味。それでも内目は使い方次第かなと。近走インが好走要因だった馬の取り扱いには注意したいところ。

 

1R:◎ウインアイリス
ダイシンアレッタだと面白くないので。今年は成績不振が続く。先行力は高いし、少頭数でこの面子なら。

2R 里美金沢エメラルド記念:◎オズマ
前走はエレスペールに後れを取ったが、短縮+位置取りで逆転を狙う。今期絶不調の鞍上は心配ですが。

3R:◎サンライズブーケ
ベネフィットユーじゃ面白くないので。前走は内外を上手く使っての差し込み。ウインスマイルの出方次第。

4R:◎フクノバイオレット
前走乗り替わりは案の定。栗原君に戻っての仕切り直し。ベリルイモン有力ですが、最内枠で吉原&金田は怖いなぁ…怖いなぁ…(稲川淳二の物真似をする西野七瀬)。アマゾンダンスは注目の2戦目。目下不安のゲートも、少頭数なら大丈夫だとは思いますが。

5R:◎ゴールデンリーフ
上位拮抗の面子。サーブルレーヌでは面白くないので。人気のヴァリアントアローに何処までハイドロポリスとトーアアサヒが圧を掛けられるか。午後には良馬場でしょうし、上手く差し込めないかなと。

6R:◎レイズアセイル
イザナイの乗り替わりはオーナー指示っぽい。同じく乗り替わりで、大外枠ですが、上手く差し込みたい。

7R:◎ベルウッドレオーネ
コウユーカゲムシャと迷った。ヤマカツトップガンを上手く活用したいですね。

8R 浅野川・鯉流し特別:◎パワーオブワード
この馬とクレバーフォースが欲しい。近走は不利もあった。短縮が効けば。

9R:◎ケージーアメリカン
ドナソレイユとヤマノミラクルの対決。古豪で「漁夫の利」狙い。

10R:◎シゲルカンパチ
外枠替わり。金田厩舎の動向を見つつ。ベニノアローが差し込んでくる可能性も展開次第かと。

11R とも旗祭り特別:◎コスモマイギフト
メイカーズムービーと迷った。トウショウフリークが転入初戦。ここは難なく先行して欲しいものですが。

12R:◎ミリノカイザー
アンフォルタスと迷った。今の沖騎手なら内々を上手く立ち回れそう。ガッテンキャンパスを上手く使いたい。

4月25日の金沢競馬予想

 

 

今週末、キューバの天才女性シンガーDayme Arocena(ダイメ・アロセナ)が来日します。

youtu.be 一気にギアが入ります。音声に注意。

若干23歳にして、この存在感と凄まじい声量。
8歳から歌手活動を開始して、奥行きのある力強い歌声を世界中で披露。ジャズとラテン音楽を掛け合わせた曲調と相まって、高い称賛を受けています。是非「伝統×前衛ジャズシング」を堪能したいところ。
来月行われるブルーノート東京でのライブ前に、神田区淡路公園で行われるJAZZ AUDITORIA(30日)でも歌声を披露するとの事。世界級のアーティストを無銭で楽しめると。こんな贅沢な話はありません。
立ち見も可能との事で、是非行ってみては。

 

フローラSを勝ったのはモズカッチャン。
中緩みペースは想定通りでしたが、思った以上に"持続寄り"の馬場だったかなと。持続条件で好走していた馬を軽視した分(ホウオウパフュームも該当しますが)、ハービンジャー産駒が好走する様な決着。
こうなると、ディーパワンサ、ザクイーン、レッドミラベル辺りは苦戦。但し、ザクイーンは前走時より馬体が纏まっており、秋に向けて楽しみな感じを受けました。タガノアスワドも近いうちに穴を開けそう。
ホウオウパフュームは早目に動けず、期待ほど鋭い末脚も発揮出来ず。走る毎にズブくなりそうだし、血統的にも距離短縮で再考したい。オークスフローレスマジックのみ。ハービンジャー産駒や母父ロベルトが好走する展開を先行して3着死守。やはりラキシスの全妹ですね。ソウルスターリングらとの再戦に期待です。


日曜金沢は良馬場施行。全周砂補充の影響で、水準より時計は掛かっていました。
また、午前中は風が強かったという談話。1Rの様に厄介な編成(未出走馬と転入馬が多数)は読み辛いですね。
下級上級問わず「内前有利」といっても、引き続き「内は使い方」が重要。序盤の位置取りリスクと外々を回す競馬に注意が必要。脚質的には「逃げ有利」で、2,3着は差し込みが決まり易い。基礎SPさながら「逃げ実績」は加味した方が良さそう。中間も降雨は無く、馬場変動は殆ど見られないはず。少頭数な分、馬選びは慎重に。

なお、明日高知で"YJSトライアル"に出場する栗原・中島・塚本の3騎手は、騎乗鞍がありません。
この辺りを考慮しつつ。ちなみに日曜メイン最下位のグローリアスザッツは次走注目。

 

1R:◎ハクサンジョイ
ベリルイモンとの対決。人気は日曜メインの勝ち馬を倒した方だろうし、同馬のスタートと基礎SPに期待。

2R:◎マイネルデュミナス
逃げ候補が最内と大外。アマゾンダンスの出方次第。フクノバイオレットは前走好騎乗。鞍上が替わって…。

3R:◎デルヴォー
前走は奇数枠の影響か出遅れ了。最後も殆ど追っていない。拮抗面子で、再度期待する。

4R:◎ウインドエーデル
エレスペールと迷った。ボーンストーン共々内枠は「諸刃の剣」感がある。オズマ単騎で良いのだろうか、

5R:◎ホシコチャン
アンゲルスに外枠替のバルダッキーノ。ジェニエニドッツ葛山か…。

6R:◎ツヴィンガー
内枠替わり。乗り方一つで。

7R:◎ウインスマイル
大外ですが、内枠2頭の出方次第。特に同厩メアリーローズは前走ガス欠で失速。

8R 八重桜まつり特別:◎ドロダン
先ずウエスタンソレイユがゲート出るのか。3走前位に走れば、ジョウテンオリーブ辺りの差し込みに期待。

9R 金沢犀川賞:◎スマートダイバー
出負け癖があり、中央では「漁夫の利」がやっと。この面子なら流石に好位取れそう。シゲルメジロザメも地方なら基礎SPで優位。近走結果は出ていないが、上がり性能は悪くない。後は鞍上次第だろう。
インクレディブルは昨秋以来の参戦。脚質的に展開次第。メイショウフレイヤは粘り切れるかどうか。

10R:◎リッシンハレルヤ
ルールゴールドが工夫してきそう。

11R 大町祭り特別:◎プリティエレガンス
ヌンスターがよく分からない。ベネフィットユーが捲りそう。

12R:◎ステイクロース
前走は後手後手の競馬。ユンゼイの方が人気でしょうし、逃げる最内と大外を見ながら。

 

 

フローラSなど 2017年 予想

 

 

先日引退したフィギュアスケート浅田真央選手の「引退報道」に関して、色々と物議を醸しています。

僕も「騒がしい印象」を受けました。長年密着取材を続けてきた"仲"とはいえ、放送予定のTV特番(EXはたけしさんの健康番組)を差し替える編成。素材集めに奔走したディレクターや、編集マンの苦労を考えると…。
(数か月だけ)自分もスケートを習っており、頻繁に彼女の凄さは聞いていました。非常に"前向き"な性格とも。だからといって、過剰な報道やSNSの反応に乗っかれない雰囲気。世界情勢が云々と今更騒いでいる人達が、美談に群がる滑稽さ。それ以上に「早く子供作って」なる意見は(なでしこ澤の時と同様)"馬鹿の極み"だなと。

一方で、引退会見で飛んだ質問「トリプルアクセルに声をかけるとしたら?」に批判が集まるのも変な感じ。
昨夜放送されたCX「久保みねヒャダ」でも言及されており、いわゆる記者ベースの質問とは違い、禅問答の様な感じは面白かったですけどね。むしろ、これを推奨しながら前述の質問を批判する連中が腹立たしい。
改めて、TVワイドショーばかり見ていると「白痴化が進む」ように感じました。

そうした話は別にして、ソチ五輪の時といい、本当に凄い気迫で道を切り開こうとしていた選手だなと。
引退決断は「惜しむ」よりも「支持したい」ですよねー。お疲れ様でした。

個人的には、今後「歌手の仕事」を期待しています。姉さんもミュージカルに挑戦していますが、真央ちゃんも中々上手くて。ミュージカル映画が大ヒットする時代ですし、新たな道で成功を収める日は近いかも…なんて。
国内女子の勢力図は宮原、本郷、三原、樋口と混戦模様。本田姉妹が何処まで肉薄しますかね。

 

さて、今週は春G1シーズンの中休み。とはいえ、フローラSマイラーズCも楽しみな面子が揃いました。
厄介なのは馬場状態。雨の影響が心配な府中に、例年より持続寄りの淀。福島最終週は寂しいですね。

 

 

フローラS
◎ホウオウパフューム
フローレスマジック
▲ディーパワンサ,キャナルストリート
△タガノアスワド,レッドミラベル,ザクイーン,ビルズトレジャー
開幕週で、質の良い芝状態。土曜開催後に降った雨もメイン前には乾きそう。基本は「内前有利」だと考える。例年より(時計が)早い位の印象で、好走している血統もディープ産駒の天国。次点がステゴ産駒やハーツ産駒。フローラSはスロー展開になり易い牝馬重賞。"決め手の鋭い"差し馬を除くと、先行馬を狙うのが無難かと。
基礎SP的にタガノアスワドの逃げ有力。外目から減量騎手ラユロット、内目から包まれたくないザクイーンとモズカッチャンが続く。これらを見ながら、ディーパワンサとヤマカツグレース。高速スロー展開を想定する。
中盤~勝負所でハービンジャー産駒が動く可能性。持つのかは知らないが…タガノアスワドとディーパワンサの仕掛けるポイント次第。雨の影響を気にしつつ、やはり高速適正(基礎SP)を重視したい。

 そんな感じでTRも混戦模様。ドリームマジック辺りまで狙い甲斐ありますね。

f:id:beggaman:20170423101158j:plain

実績的にもフローレスマジック。ディーパワンサが続く。3~5位は殆ど差なし。穴は6~11位辺り。
人気先行気味のホウオウパフュームはTR的にも(適性的にも)好気配。前走は持続条件で上がり最速の鋭い末脚を発揮。未勝利戦も2着馬を寄せ付けない走り。(年齢的にも)ズブさは無く、加速力を感じます。
狙い通りのローテ。将来的に「短中距離向き」血統も、中緩みペースから早目に動く展開は良さそう。本質的には「中緩みが欲しい」と思う(前走は追走楽)。SP持続力と位置取り不安を考慮しつつ、期待します。

フローレスマジックは元々「オークス狙い」で調整されていた馬。TR最上位で、SP持続力も高い。基礎SPと切れ味で後れを取っており、延長は歓迎も、スロー展開で工夫が欲しい。馬券内には入ってくると思う。
本当だと嫌いたいが、(血統的に)ディーパワンサは高速条件で見たかった馬。3走前を見る限り、距離延長なら基礎SPを活かせると見た。問題は他馬の動向と、中緩みが生じた場合に持ち味が行かない可能性。特に後者。

タガノアスワドは全2走の内容が濃い。スロー展開で上手く基礎SPを活かした。但しファンディーナには完敗を喫しており、後続のレベルも微妙。道悪なら重視したかった。血統的にも3着狙いの感じ。もう一声あれば…。
レッドミラベルも全2走の内容が良い。高速持続条件でパフォーマンス上げそうな血統。問題は鞍上。
キャナルストリートも同様。前走は「3000勝騎手が30勝騎手」だったし、間隔をあけて調子も悪くない。
ザクイーンは前走ようやく本格発揮(2走前は失策)。もう少し先々走る馬の気はするが、いずれにせよ上記3頭は内枠が諸刃の刃。良い馬だと思うが、今回は展開面でも恩恵欲しい。後は牝限替わりのビルズトレジャー辺り。

 

マイラーズC
フィエロ
〇プロディガルサン
▲ダッシングブレイズ,エアスピネル
ヤングマンパワー,ブラックスピネル,イスラボニータ
⇒ここ最近の京都芝が持続寄り条件。あれだけ超高速馬場が叩かれたら仕方ない面もあるが。
☆展開的には松岡戻りヤングマンパワーと再びブラックスピネル。最内からサンライズメジャー松若の大駆けも考慮しつつ。これを見ながらエアスピネルイスラボニータ。早い展開にならず、直線瞬発力勝負を想定。 
基本は「決め手重視」で機動力と持続力を気にする。内回りならスロー残しも考慮する必要ありますが…内外も大きく気にせず。イスラボニータエアスピネルは「勝ちに行った」場合どうなのか気になりますね。

ダッシングブレイズとフィエロが狙い目。共に成長力は微妙も、前者は良い形で運べそう。後者は延長で遅刻癖の解消を期待。血統的には後者の方が楽しみですかね。プロディガルサンの末脚には劣りそうですが…。
そのプロディガルサンは状態を見たい。輸送苦にせずなら頼もしいが、乗り難しい馬で川田は不安。
本当はサンライズメジャーやクルーガーを狙いたいですけどね。大きく期待はせず。

 

あずさ賞:◎アドマイヤロブソン
流石に勝てませんかね。逃げ馬が2番人気な辺り、もう日本の馬券レベルは世界水準ですね。

留守杯日高賞:◎メドゥシアナ
スターレーン除外で混戦模様。フリオーソ産駒の延長が微妙なので、良馬場なら再度メドゥシアナに期待を。

スポーツニッポン杯ノトキリシマ賞:◎グローリアスザッツ
それ以上に面倒な面子(いつもそうだけど)。良馬場ならレソルテを上手く倒せないか。

それにしても、ヤマミダンスの陣営(というより鞍上)はもう少し想定力を持てなかったのか…。