『雑感』

稀に更新します。

北國王冠 2018年 予想

 

 

冬支度の始まり。ストーブ用の灯油を買う人達を見かけるようになった。

この時期は「JRAシフト」を組み、殆ど日曜は売り上げを見込めない(見込まない)。但し重賞日は違う。北陸唯一の長距離重賞:北國王冠。昨年から全国交流となり、今年は個性的な面子が集まってきた。

相次ぐ砂補充で時計の掛かる条件に変貌したが、週中の雨でどうなったか。埒沿い有利は変わらない。
それにしても、重賞以外の競走。これは面白そう……と思わせる番組がない。もう少し工夫出来ないか?

 

 

金沢1R:◎ミルキーブルー〇ラブリーギャル
シャイリースマイル組と転入馬の対決。ラブリーギャルは前走:内3番手から流れ込み。最内枠を引いて、何とも逃げ切りたいが、走破時計は信用に値しない。旧ミルF所有馬の変わり身に期待を。
ミルキーブルーは先行力があり、跛行の影響が無ければ。モリオンとセイガイハは砂血統。もう少し戦えて良さそう。ナミノハナも後手に回らなければ、それなりに脚は使える。モンタルジーも砂替わり。

 

金沢2R:◎サンダーキング〇イーサンフェイス
サンダーキングは前走:躓いた分。勝ちに行く競馬をしており、改めて狙いたい。キャッスルティアラは前走:テンに行けず、色々と恵まれた。ハッピーハナコサンorイーサンフェイスに先手を奪われそう
そのイーサンは神経質な馬。競られると脆いが、追い切りは動く。ハッピーは転入初戦。この面子なら。

 

金沢3R 枇杷賞:◎カトリーヌレーヴ〇シャイリースマイル
クロヒメを見ながら、カトリーヌレーヴとトーセンジェードが好位を伺う。前者は競り逃げると脆いが、外々を回しても渋太く推進力を感じる。後者は2走前:楽に勝ち過ぎていた。入れ込み癖に注意しつつ。
シャイリースマイルは内伝いで。クロヒメは馬体重を見ながら。共に前走の内容は軽視できない。

 

金沢4R:◎ナックテイオー〇ケンロククィーン
ケンロククィーン(というより寿希也)の出方次第。先行馬が揃っており、激しい流れを想定しておく。
ナックテイオーは(脚元の具合が良いのか)追い切り&連戦OKとなる。隣枠の馬が取り消した点も好材料。アサカファルコンとケンロクは単騎条件に持ち込みたい。ネイルドイットも大外だが、漁夫の利狙い。

 

金沢5R:◎アザミジョウ〇バーンザブリッジ
3連勝中のアザミジョウ。非力で脆さを抱えるが、基礎SPは段違い。単騎逃げに持ち込められれば。
ディアライドオン、バーンザブリッジは内に潜り込むしかない。叩き2走目のハクサンシップも同様に。

 

金沢6R:◎アースグロウ〇ロイヤルソード
アースグロウは道悪&砂被りを苦にせず。トミケンフィーナは前走:勝ち馬に上手く乗られた分。ロイヤルソードとの先行争い。何れが勝ち切っても、崩れても可笑しくない。間隔を空けてきた③と⑦に期待を。
デルマオタイとフォーチュンカムズは漁夫の利狙い。共に出遅れなければ、上手く内外を使えそう。

 

金沢7R:◎メイショウフレイヤ〇パープルヒストリー
メイショウフレイヤが転入2戦目。行きっぷりの良い馬で揉まれない外枠。スムーズに先行出来れば。
パープルヒストリーは転入初戦。小柄だが良い末脚を使う。エイトワンダーとブラストは内に潜りたい。イノレンジャーは惰性で残したいが、パープルorブラストの捲り差しは受け止めきれなそう。

 

金沢8R オッズパーク杯:◎ラストマイア〇ナガラリバー
ナガラリバーは先手を渡さず、そのまま馬也で4連勝。単に能力の差。中央時は揉まれ弱さを見せており(勝ち時計的に)B2級以降は安心できず。ミスターエックスとの先行争いになるが、向こうも調子は良い。
ラストマイアは出遅れ懸念。しっかり脚を使えて、時計の掛かる馬場は悪くない。①④も有力どころ。

 

金沢9R:◎ヴレorステイクロース〇メガンテ
ティアマトとメガンテの先行争い。特に後者は(特編だが)メンバー揃わず、何とかものにしたいが……
ヴレとステイクロースに期待を。前者は今の馬場なら。後者は"待望の"内枠を引く。共に馬体重&状態を見たい。メガンテが(B着効果か?)前掛かりになっている分、ある程度厳しい流れなら差し易そう。

 

北國王冠
◎ヒストリーメイカ
〇ムーンファースト
▲メイジン,クラールハーモニー
△トウシンイーグル,マイネルリボーン,スーパーノヴァ
メイジンの出来次第。仮に競る展開でも、ヒストリーメイカーは先行したい。中盤:弛むと、各馬早目に動き出しそう。今年の遠征馬は骨っぽいし、(トップスピードで見劣るが)タフな長距離馬が揃った。
ストリーメイカーは(スタートなど)課題を残す。前走:時計の掛かる馬場を熟して、A1下級~A2特級は通過点の走り。休養明け後は砂煙を被った程度で集中力が落ちない*1。メイジンと上手く付き合えるか?

ムーンファーストは前走:完璧に乗り、マイネルリボーンの"良い目標"にされた。2走前も勝ち馬を捕らえ切れず、3走前は鼻出血明け*2。とはいえ(同型の他馬より)外枠は厳しい。スタート不安を克服すれば。
メイジンは出来次第。非常に渋太いが、無理する必要は無い*3。クラールハーモニーは内外の出し入れ。出遅れる可能性が高く、乗り方一つ*4。トウシンイーグルも内差し狙い。何れも距離延長は合いそう。

スーパーノヴァは(園田時より)色々好転してきた。マイネルリボーンも漁夫の利狙い。共に連下なら。
南関B級で勝てそうな◎〇▲を重視しつつ、西日本A級で戦えそうな△を押さえる。かなりの混戦模様。

 

 

*1:追い切り上々。かなり乗り込んでいる。

*2:軽め調整。そりゃ大雨の中、無理をして巻き返す必要がない

*3:柔らかい走りは健在も、本調子に非ず。来春くらいに再ピークが来れば……という感じか。

*4:内伝いで勝ち上がってきた印象。小柄で長く脚を使える馬。追い切りの動きは良い。

道営記念 2018年

 

 

さて、平成最後の道営記念。門別シーズンの最終日である。

道営記念は「外国人騎手を買うレース」という認識。モエレビクトリーで一人旅を演出。レオニダスで直線一気。グランプリブラッドで金星。"世界の"L.ハットーリを買わずして、門別シーズンは終わらない。

吉田稔が引退して久しいが……今年は吉原不在。代わりに川原御大が参戦する。総決算に相応しい。
いかなる大本命馬があっても、彼らに本命印を打ち、馬券を買うだけだ。正に迷信、というより妄信か。

少なくとも、瑞穂・旭岳賞時より馬場は重い。過去の戦績を信じ過ぎたら、痛い目に合うのでは?

 

 

道営記念
◎ドラゴンエアル
〇スーパーステション
ハッピースプリント

△タービランス,タイムビヨンド,ステージインパク
スーパーステション支持を表明するか。対抗に名乗りを上げるか。少なくとも"一騎打ち"では倒せない。田中淳司厩舎が4頭出し。スカイロックゲートを鉄砲玉に使うか?1F長くなる点は競り駆けやすい。
これまで自ら厳しい流れを作ってきたが、終始外:競り駆けられる展開は無い。付け入る隙は十二分。

叩き3走目タービランス&ハッピースプリント。そして、ドラゴンエアルは"世界の"L.ハットーリ。
後列にタイムビヨンドとステージインパクトが控えており、虎視眈々と"漁夫の利"を狙っていそうだが、中途半端に行き切ると(中途半端に)崩れるだけだろう。消極策ではなく、真っ向勝負を期待したい。

 

11月13日(火)の金沢競馬 予想。

 

 

ここ数週は言論・評論について、考えさせられている。物書きの限界を感じるばかり。

それはそうと、今シーズンも後数か月。移動の季節だけに競走馬の仕上がり具合を見計らいたい。

 

砂補充の影響か?時計の掛かる馬場に変貌している。週末~明けの雨により、差し易い馬場は継続中。
引き続き最内を利したい。外差しは展開頼み。逃げ馬は中盤:息を入れたいが、この辺りは臨機応変に。
逃げ・先行有利の馬場で勝ち上がってきた馬は苦しい。逆に近走:差し損ねてきた馬は見直せる。
⇒思ったより気温が高く、内乾き馬場となる。但し「埒沿い」だけ。展開次第で外差しも効きそう。

 

 

金沢1R:◎スマートパートナー
スマートパートナーは持ち前の基礎SPで移籍初戦を快勝。競られると脆いが、中盤:息を入れつつ。
ペイシャヒカリ、トーアエグレット、ゴールデンスランバと淡白な先行馬揃う。配置的に前者は面白い。シュルネスト、ホーリーセクションの差し込みも、強くは推せない。馬場と展開を見てから。

 

金沢2R:◎ベルウッドヘルタ
ベルウッドヘルタが決めにかかる。詰め甘いが、外併せてからも粘り強い。ナチュラルウインドは間隔を空けて、上手く先行できるか。小柄で状態面も見ながら。ドリームセオリーは捌き硬く淡白な先行馬。

 

金沢3R:◎オーミティグリス
オーミティグリスとクルクルティンクルの先行争い。素質を考慮しても、前者の有利は変わりない。
ユーロジャイズ、ケイアイムーンバ相手ならクレイジームーンが内伝い。配置的に買い辛いが……

 

金沢4R:◎ジュールドミュゲ
ジュールドミュゲがシンボリソウルと隊列を作る。マグナムオプスは砂を被りたくない。先行力があり、力強い馬体の前者の連勝に期待したい。タレンティドガイも見直せる。時計の掛かる馬場は良い。
グノーシスは最内枠に入り、溜める競馬が出来るか?デルマブランデーは内枠で割り引き。

 

金沢5R 内灘砂丘フェスティバル特別:◎ライクアスター
8枠の出方次第。ペンテコステ&ライクアスターとの先行争い。前走:転入馬に潰された後者を狙いたい。
キックオフは前付け。スイスピリッツ、スガノゴールドは出遅れ警戒。脚の使いどころを誤らなければ。

 

金沢6R:◎シュネッラー
シュネッラーは戦い易そう。7枠の出方次第。特にメイショウヴァルスは渋太い。上手く位置を取れば。
ユキノジャパン、ハタノルミエールは立ち回り一つ。コウエイゴールドは発馬を決めたい。
⇒ユキノは馬体萎む。ゾディアックはトモ運び微妙。メイショウは入れ込み気味。シュネッラーは「オルフェ」ってる。コウエイゴールドは脆い。ハタノルミエールは相手なり。何とも、どれも買えない……

 

金沢7R:◎カネコメハナコ
ミスアバンセは積極策。ネバービーンベターとカルチャーバリューがどう出て来るか。若干、忙しそう。
ネバービーンは気性難しく"鞍上頼み"か。前走:参考外。距離短縮も良いはず。カネコメハナコヨ、アラカントが捲り差して来きそう。特に前者は安定感があり、大外枠でも馬場さえ味方すれば。
 

 

金沢8R:◎ライフトップガン
メイショウオニグマを見ながら、ヒャダルコ、マルカンベルガー以下が2番手集団を形成する。ライフトップガンに期待したい。延長策&上がり性能を活かせるか。今の馬場は面白そう。
マルカンベルガーは前走:躓く。ここは仕切り直しの一戦。メイショウオニグマを見ながら。カルマクイーンとツガノホマレも立ち回り一つ。前者は先行して粘り強く。後者は近2走:地力の高さを見せる。
⇒ライフ2番人気は想定外……メイショウオニグマの逃げ方と先行馬の動き次第なんだが。狙いどころはツガノホマレ、カルマクイーン辺り。共に出来は良さげ。マルカンベルガーも改めてB2級突破を。

 

金沢9R:◎プレツィオーゼ
外枠の取捨選択。転入3戦目&延長:サノヘッドと前走:逃げを打つスカイリモーネ。メイショウアバラガを単騎にしたくないが、パープルパルピナも虎視眈々。プレツィオーゼが大外枠に入り、展開は向きそう。馬格も出てきて、今の馬場傾向は逃したくない。熱発明けの不振と出遅れ癖は怖い。鞍上交代も……
サノヘッドは叩き3走目。精神面に課題を残すが、もう少し走れて良い。タケノスウォードもそろそろ。
⇒楽に先行出来れば、サノヘッドとスカイリモーネなのだが……とても良く映らない。パープルパルピナとメイショウアバラガの先行策に(オッズ的にも)期待してみる。ルールゴールドも内伝いで。

 

金沢10R 楽天競馬はスマホでも便利:◎ルノートル
ヒストリーメイカーとの"ポスト重賞馬"対決に敗れ、連勝が「7」で止まったルノートル。脚元の弱さ、気性面に難しさを抱えるが、持ち前の基礎SPで昇級を重ねてきた*1。主戦に戻り、難なく突破を。

エトワールドロゼは外に振られ、上手く主導権を握りたい。2走前:太目残り。4走前:勝ち馬に潰される。トーホウボニータは馬体薄く歩様も怪しいが、素質で好走し続ける*2。待望の(?)最内枠に入り、鞍上も代わるが、非力そうな点は割り引き。カトリーヌスリジエも大外枠は痛い*3。上手く脚を溜めたいが…
ルノートルとカトリーヌは順調そう。エトワールは流石に能検時より絞ってきたが、ロンプフェイスやダンカンの方が出来良さげ。展開一つで面白そう。ディアは内に潜れるか?配置的にトーホウと迷い所。

 

金沢11R ふれてみるいしかわの文化展:◎エイシンソニック
ロイジービヴとウインクルゴールは競り合いたくない*4。休み明けのユンゼイ次第になるが、中盤:緩くなれば、吉原騎手やパワーズオブテンが捲ってきそう。エイシンソニックは狙い過ぎか?走破時計に限界あり。近3走:1400m戦で忙しい競馬を経験する。少頭数&延長策で"漁夫の利"を狙いないか?

ロイジービヴは好位からも戦える。連闘になるが、地力は抜けている。パワーズオブテンは安定感あり。共に馬体重とスタートが鍵を握りそう。デルマキールとサンキューゴッドも内伝い"漁夫の利"を狙う。
⇒デルマキールは勝負レースなのか?サンキューゴッドとの位置争い。エイシンソニック+10㎏は痛い。ロイジービヴ、パワーズオブテンと合わせて買いたかった。人気もないし、気楽に塗っておく。

 

*1:元は望田潤氏が「ダノンシャンティの当たり配合」に挙げ、福島新馬を好時計(歴代2位タイ)で勝ち上がった馬。去勢後も長くスランプに陥っていたが、馬体重も増えて先行力が付く。距離不安を抱えるも、それは来年の話か。

*2:2,3走前は外を回す強い競馬。前走は直線:内を捌けず。

*3:割と出遅れるが、機動力の高い差し馬。差せる馬場は歓迎。米倉騎手とも手が合いそう。

*4:前者は好位でも競馬可。寒い時期は調子良さげ。後者は緩い流れに持ち込みたい。

北海道2歳優駿 2018年 予想

 

 

1998/11/1。沈黙の日曜日。ちょうど『踊る大捜査線 THE MOVIE』を観賞中だった気がする。

当時は競馬に全く興味がなく、ポケットモンスターピカチュウVer.(黄版)に熱中していた。東京競馬場が静寂に包まれていたとは露知らず。もし、あの悲劇を目の当たりにしていたら。現地にいたとしたら。

……こればかりは皆目見当がつかない。サイレンススズカから20年。テンポイントから40年。
馬券の当たり外れではなく、全人馬共に無事の完走を祈りながら。今日もレースを眺め
る。

 

 

例年に比べて、北海道2歳優駿は実力伯仲のメンバー。主役不在と言って良いだろう。
気候的に馬場の回復は難しそう。内側の乾き具合にもよるが、直線フラット目に考えておく。
⇒既に五十嵐3勝。少し乾いた?道中:内埒沿いを空ける。外を回し過ぎると苦しいかも。

 

◇北海道2歳優駿 歴代勝ち馬タイムランク 出走馬タイムランク

17年……1着ドンフォルティス*1 2着フィールシュパース*2 4着マイネルアンファン*3
16年……1着エピカリス*4 5着ビービーガウディ*5

15年……3着エネスク*6 4着キョウエイギア*7
14年……1着ディアドムス*8 2着カラパナビーチ*9
 

f:id:beggaman:20181101031435j:plain

イルジオーネが1番手。時計の出る馬場で中弛みペース。凡戦の中では悪くない内容か。早仕掛け勝負を見計らい、上がり最速の脚で自ら捲り差す。但し天栄明け&B着の影響も大きそう。本格化は先か?
ミヤケは初ダート。未知数だが、2,4走前の内容(特に4走前)は悪くない。血統的にも砂替わりは分かる。

近年の傾向を見ても、OP戦で好走級じゃないと。トイガー&イルジオーネも"カラパナ級"ではない。
さて、地方勢は?ウィンターフェルの4走前(3着マイコート)は高レベルだが、例年に比べると……

 

 

北海道2歳優駿
◎ウィンターフェル
マイコー
▲イグナシオドーロ,ミヤケ
△スズカユース,イルオジーネ,イッキトウセン
⇒イグナシオの作る展開次第。前掛かりの競馬になった場合、2番手集団(1,5,6,7,13)がどう動くか。
ウインターフェルは乗り難しい馬。前走:クビの上げ下げで運が無かった。ソラ警戒も良い脚を使える。ここを目標に併用調教。門坂で自己ベストを叩き出す。展開&乗り方一つだが、当日の気配を見た上で。

マイコートは前走:立ち回り上手く(逃げ馬が緩めた分も)積極的な姿勢が功を奏したか。成長途上の逸材。追い切りも引き続き好調キープ。長く末脚を使える展開なら、中央馬相手でも積極策を取っていけば。
ミヤケはダート適性の有無に尽きそう。4走前は勝ち馬を徹底マークし、完敗を喫するも食い下がった。完全タイム差-&上がり最速も優秀。気難しく頭の高い走法。鞍上強化で、過剰人気は否めないが。

イグナシオドーロは前走:後続を甘やかし過ぎたか?ペースメーカー候補。もう少し速いラップを刻んだ場合に性能を上げられるか*10。イッキトウセンは矯正効果で一変も?追い切り動き、当日の気配次第。
スズカユースは狙い通りの調整。前走:動き辛い展開で上手く立ち回る。牡馬相手の好走歴&コース替わりは好材料。イルジオーネも外枠は割り引き材料だが、(前掛かりになれば)漁夫の利を狙える差し馬。

サクセッサーは来春・金沢でお待ちしております。

 

 

*1:前走(OP戦1着)TR:C相当。2走前(未勝利戦1着)TR:B相当。2戦共に上がり最速

*2:前走(OP戦3着)TR:C相当。2走前(未勝利戦1着)TR:D相当。上がり最速。

*3:前走(OP戦8着)TR:E相当。2走前(未勝利戦1着)TR:D相当。上がり最速。

*4:前走OP戦1着)TR:B相当。2走前(新馬戦1着)TR:A相当。共に上がり最速。

*5:前走(未勝利戦1着)TR:B相当。超高速馬場。2走前(芝未勝利戦3着)TR:E相当。勝ち馬サングレーザー。

*6:前走(OP戦1着)TR:B相当。当時レコードV。2走前(新馬戦1着)TR:E相当。

*7:前走(未勝利戦1着)TR:B相当。

*8:前走(OP戦5着)TR:D相当。2走前(未勝利戦1着)TR:B相当。上がり最速。

*9:前走(未勝利戦1着)TR:E相当。超スロー上がり最速。

*10:門坂で好時計を出し、厩舎の"仕上げ力"に期待を