『雑感』

稀に更新します。

ダービーグランプリ 2017年 予想

 

 

ダービーグランプリは当てたいレース。今年は難しいメンバーが揃いました。
水沢は待望の(?)降雪により、凍結防止剤散布後の道悪化で脚抜きの悪い馬場を期待出来ます。
先日までの馬場条件は一変、時計が掛かっても不思議ありません。ロベルト、ティンバー、どんとこい。

 

 

ダービーグランプリ
◎ストーンリバー
〇スーパーステション
▲フリビオン
△ムーンファースト,クラキングス,キングジャガー,ベンテンコゾウ
前列想定:サイバーエレキング,キングジャガー
JRA遠征でもスピードを見せたサイバーエレキング。大きく遅れた黒潮盃を除いて競馬ぶりは安定している。キングジャガーも地元馬を圧倒した先行力保有。この2頭が隣同士となり、序盤の競り合い(妥協)は鍵を握る。脚部不安のベンテンコゾウと外枠に入ったスーパーステションも先行力高いが、距離延長を考慮してきそう。
発馬後に競り合ったとしても中盤緩むのは間違いない。早目に動く形となり、捲り差すなら展開の助けが必要。

馬場を考慮してのストーンリバー。近2走は長く末脚を使うも前を捕らえ切れず、届きそうで届かない競馬が続いている。2歳時から(潜在能力こそ高いが)鈍足且つ上がり性能で劣り、展開の助けが必要。門別内回り成績は連対継続中。JRA遠征でも出遅れ&大外ブン回しながら、長く末脚を使えていた。何より気性面が課題となる。内枠は好材料。追い切りも良く、輸送面と条件(展開)面が向けば。道悪のホワイトマズル

スーパーステションは自ら厳しい競馬に持ち込み連勝中。緩い展開になりそうな分、延長でもロスが生じなそう(但し発馬は決めたい)。初輸送になるが、この厩舎なら不安無さげ。距離不安と位置取り面が鍵を握り、後手に回るくらいなら、積極策も良さそう。カネヒキリ×ワイルドラッシュの外タフ条件は買い逃せない。
吉原が気に入ったムーンファーストも(条件的に厳しい)期待する。前走は入れ込み、若干後手に回る。緩い展開と早目押し上げる競馬で善戦。勝ち馬以外は完封している。追い切りは動けており、輸送も大丈夫。血統的にもロベルト×ネオユニとタフ条件は向きそう。包まれないように"漁夫の利"作戦に持ち込みたい。

心房細動明けのクラキングスだが、長く末脚を使える馬で(ストーンリバーに近い)タフな小回り条件は興味深い。状態面と枠順は悪くないが、輸送面は考慮したい。真島騎手なら早目に押し上げる競馬も期待出来るので。
頓挫明けの前走を快勝したベンテンコゾウ。追い切りは動いており、大きな不安は無さげ。世代屈指の先行力。右回り延長もこなせそう。同型が揃い、タフな条件での先行争いになる。上手く再加速に持ち込めるならば。
フリビオンは最内枠に入り、長距離輸送,馬体,馬場,気温と不安要素が山ほど。それでも鋭い末脚は世代最上位。

 

 

 

金沢1R:◎ディジョンエイシンプレミアム▲アゲットイモン△スペシャルタレント,クレムフカ
エイシンプレミアムは近走伸びずバテず。転入初戦となるスペシャルタレントの出方次第。
ディジョンの巻き返し期待。最内枠になるが、先行力は高い。転入初戦アゲットイモンも期待。

 

金沢2R:◎リボンナイト〇ファイトプラス▲クインズシルエット△テンエイハヤブサ,ハバナブラウン
⇒リボンナイトとクインズシルエットの先行争い。テンエイハヤブサも加わり、何とも再戦ムード。
リボンナイトの再加速に期待。ファイトプラス大外は厳しいが、前走の様に上手く立ち回れば。

 

金沢3R:◎ラチャルカ〇フィガロズサン▲ブルーフライ△ヤマチョウマグナム,バクシントゥーレ
⇒久々となるフィガロズサン。ブルーフライ、ヤマチョウマグナム(減量器用)と競り合えば、厳しい流れも。
ラチャルカを狙いたいが…如何せん外枠。基礎SPも低いだけに展開の助けが欲しい。

 

金沢4R:◎アテンソード〇エイシンフローラ▲ヒロノオンリーワン△ゴールドニコニコ
エイシンフローラとヒロノオンリーワンの先行対決。ゴールドニコニコ辺りもこの争いに加わりたいところ。
少しペースが速くなるなら、アテンソードの末脚を評価。むしろ外枠の方が良いでしょうし、展開一つ。

 

金沢5R:◎オトチャン〇ブリリアンレター▲ブラウンアジタート△ジェネローゾ,ハクサンオダイリ
⇒前走転入初戦を押し切ったオトチャン。大型馬だけに絞れたら、
叩き良化を見込めそう。
ブリリアンレターが上手く内を立ち回り、差し脚を活かす。ジェネローゾも上手く内に潜り込みたい。

 

金沢6R 年末御礼!第1回よしだゆうじ杯:◎イノデザイヤ〇エクセルビーム▲マラン△オーミ,エーティー
⇒マラン、オーミカンタービレ、サノノジャングル、エーティーライデン、イノデザイヤにエクセルビーム。
先行馬揃う。こうなると(逆に)差し馬は厳しい。距離が持てば、イノデザイヤの粘り込みに期待出来る。

 

金沢7R:◎ハテ〇レイクルイーズ▲パワーオブワード△サイレンスディガ,ドロダン
⇒大混戦。外からユンゼイ、内にも先行馬多数。レイクルイーズとパワーオブワードが内差しを狙うか。
外から先行力を生かしたいハテ。末脚も悪くないし、この条件なら勝ち切りたい。

 

金沢8R 加賀国こまつ松竹大歌舞伎特別:◎

 

 

金沢9R オッズパーク杯 :◎


 

金沢10R :◎


 

 

 

北國王冠 2017年 予想

 

 

 

北國王冠
◎トニーポケット
〇グルームアイランド
▲トウショウプライド
△アサクサプライド,カトラス,マイネルリボーン
前列想定:グルームアイランド,サクラビクトワール
⇒サクラビクトワールの逃げ濃厚。グルームアイランドは好位から。カトラスも瀧川騎手が積極策を講じそう。近2年と比べて、序~中盤ペースは流れる(緩いけども)想定。グルーム&トウショウプライドの動き出し次第か。
今年もトニーポケットに期待する。前走は緩い展開を後方から。向正面早目に外々を動いても差を詰めきれず、勝負所で伸びを欠いた。2,3走前は厳しい展開を利用する競馬。残り3Fで鋭い末脚を繰り出している。なるべく発馬を決めて、じっくり運びたい。昨年と異なる展開でも有力馬の動きに合わせて進出。内に潜り込めたら。

グルームアイランドは前走・消化不良(というより無策過ぎ)。鞍上が戻って、仕切り直しの一戦。イヌワシを素直に評価する。昨年と異なり、喉の影響も無い。自分の競馬に徹すれば。トウショウプライドは前走着差以上に強い勝ち方。早目に内々を押し上げる競馬で最後まで鋭く伸びる。ハイペースでも鋭い末脚を繰り出す反面、脆さがあり(トウショウ血統だけに)距離も持つかは心配。グルームとのタイマン勝負は避けたいかも。
カトラスは前走・先行馬が3頭雁行する基礎SP勝負。外好位押し上げて、何とか後続を凌ぎ切った。通常よりも力の要る馬場で厳しい展開を制した点は評価に値します。休み明けとテンが不安も、鞍上の積極策に期待です。アサクサポイントの前走は走る気が無く。休み明けになるが、動き自体は悪くない。内枠なら本命視したが。
 

 

1R:◎ガンバルタキシード
⇒2歳戦の最下級。アブラカタブラの転入初戦は最後に末脚を使っただけ。有力候補だが、ゲート不安ある馬の最内枠は半信半疑。スカットワンダーとスプンタマンユも気合い一つで先手を奪えるが、お釣りは幾らか?
ガンバルタキシードが外スンナリ先行出来そう。淡白な馬だが、レース毎に時計を短縮。積極策に期待。

 

2R:◎サッキーゼウス
⇒間隔明け2走目スタークライナー。安定した先行力を持つアニマンド。これにキタフラッグが絡むとペースは流れそう。サッキーゼウスは延長&最内枠。インを上手く立ち回って欲しい。
サムキーとハッピーマイロードも外枠に入った。共に鋭い末脚は魅力的で展開一つじゃないかなと。

 

3R 枇杷賞:◎アスヘノキボウ
⇒アムールフェイスがローザルーナより内枠に入る。ビューティーリーフとペニテンテスも先手が欲しいはず。
プロングイモンの前走は内目を押し上げるだけで精一杯。良馬場&減量騎手で"漁夫の利"差しを狙う。先行力あるアムールフェイスの巻き返しも期待されるが、九州産馬のペニテンテスは基礎SP面で初戦から期待。

 

4R「eーSHINBUN×けいばキンキ」杯:◎マダムストーリー
⇒連勝決めたマダムストーリー。再ファンド間近と見ていたが、もう少し稼いでおくようです。格上挑戦になるアスカショウダイとスマッグフェイスの位置取り次第。マグニフィセントもいるだけに喧嘩はしたくない。
厳しい展開は未知数だが、血統的にも内で溜めればしぶとく伸びそうなスマッグフェイスを。アスカと迷った。

 

5R 山岸康彦修世会退会記念:◎ネオジェネラル
⇒ネオジェネラルとトーアノタメニが先行し易い面子。特に脆い前者は基礎SPを活かしやすい展開を期待。
マイネルクロノスは夏過ぎて調子を上げている。大外枠に入り、少し流れる様なら末脚を活かせそう。

 

6R「eーSHINBUN×競馬ホープ」杯:◎ウインアルディー
⇒ジェイケイフージンとテラフォーマー。この面子なら先行力を活かせそう。上位拮抗と見ている。
サンダーブラストの"漁夫の利"に期待。夏場は調子を落としたが、本来は同条件で通用する馬。末脚は鋭い。

 

7R 紀代美ちゃん古希おめでとう杯:◎ビーレディー
⇒外からオーミリスペクトとツエーゲン。内からホワイトフローラに転入馬ペネトラーレとビーレディ。先行馬が揃った。中央でも良い走りを見せていたビーレディー。ここなら基礎SP最上位。発馬を決めたい。

 

8R 「eーSHINBUN×競馬ホクリク」杯:◎マイネルピオネロorミサワゲーリー
⇒発馬を決めたいニホンピロフィート。格上挑戦になるオフコース。イザナイも鞍上交代で何か企みそう。
内々を上手く立ち回りたいマイネルピオネロとミサワゲーリー。前者は格上挑戦になるが、鞍上が魅力的。
ミサワゲーリーも久々の内枠。共に状態は悪く無さそうだし、どちらかが"漁夫の利"を決めて欲しい。

 

9R かほくかにカニ合戦特別:◎メイジン
⇒オイヌサマが真面な状態になれば、メイジンのお株を奪えそうだが…中々難しそう。
ドライトウショウが転入初戦。内枠に入ったのは良い。先行力も高いが、末脚も悪くない。
ナリタノヘア瀧川も興味深い。末脚は上級戦でも十分通用するだけに。



 

道営記念 2017年 予想

 

 

道営記念ですね。とにかく時間が無かった。パドックは見れそうなので、結論はその後にします。
ジュエルメッセージが逃げを打ち、ワットロンクンとオヤコダカが追走する展開。後はペースの問題。
不良馬場だが、思ったより速い時計は出ていない様子(上級条件になると分からないが)。

 

 

 

雪辱を誓うオヤコダカ。前走は力の要る重馬場でジュエルメッセージが1000m通過60秒前後(推定)の逃げを打つタフな展開。スタート五分から好位追走も外々を回す形になり、最後は脚を無くしながらも3着。残り3F(推定)が"13秒7-14秒4-14.0前後"。厳しい流れに乗ってしまい、集中力が削がれた点と体力の消耗が敗因でしょう。
外枠に入ったジュエルクイーンとワットロンクンを上手く利用したい。赤レンガ記念では自ら緩急逃げを打って優勝しているが、先行馬が揃った今回は早目に仕掛ける形が良さそう。速いペース自体は悪くない気がする。
詰め甘くなるリスクを背負うが、積極的にレースを運んだ方が良い結果はついてきそう。

 

ドラゴンエアルが人気を背負う。遠征帰りの瑞穂賞は、中団内を追走する。勝負所から長く末脚を使い、内々を上手く立ち回った。残り3F(推定)は"13.2-13.5-13.6前後"としぶとく、最後まで踏ん張りを見せる。4走前は高速不良馬場を捲り差す競馬で完勝しており、5走前は末脚を溜め過ぎた分、オヤコダカを捕らえ損なっただけ。
脚元の状態さえ良ければ、激しく競り合っても強い。追走能力は高くて、溜め殺しの方が怖い。後は進路取り。道営記念巧者のハットーリ騎手なら、前走の再現も狙える。追い切り良好で斤量差も薄れる点は大きい。


ワットロンクンも良い馬。前走は水の浮く高速不良馬場の中、2分6秒3(推定)の好時計で逃げ切り。難なく先手を奪い取ると1000m通過65秒前後の緩いペースを形成しており、気分良く運べたことが伺える。残り3F(推定)は"37~38秒前後"で最後も落ち切ってない。但しテンは速くないため、主導権を握れないリスクが大きい。
馬体増減の激しい馬だが、特別間隔を開ける必要性はないはず。故にコースでの追い切りは正直、物足りない。

 

ステージインパクトの前走は緩いペースを好位外追走。直線入口における前との距離感は遠く、強引なコーナー加速も響いたが、最後まで伸びていた。2走前は1000m通過(推定)60秒前後の淡々とした流れを捲り差す競馬。最後こそ緩めた分で時計を落としているが、やや時計の出る馬場で強い勝ち方でした。門別移籍後に崩れたのは内回り&淡々ペースの星雲賞だけで、長く末脚を使える外回りの長距離戦は歓迎かなと。血統的にもSadler's Wells×Fairy King"4×3"(エリシオ≒サドラーズギャル"3×2")で相当パワーを秘めている感。追い切りも上々。
このレースを目標にした仕上げ。鞍上も五十嵐騎手に替わる。ドラゴンより先に動きたいかも。

 

大井帰りになるジュエルクイーン。5走前の圧勝劇は印象強く、牡馬一線級との対決でも春2戦は、オヤコダカが突き離す展開で馬券内に粘り込んでおり、その時より馬体は絞れて、追い入りとレース内容は良化している。出来れば、もう少し時計の速い馬場で戦いたかった。好位から上手く直線・再加速する形に持ち込みたい。
ジャストフォファンは脚質転換を図れるか。この血統らしい気性(と末脚)の持ち主で、(障壁が無かったとはいえ)内々を立ち回れた点は評価に値する。同じ競馬が上級馬に通用するか。隣枠の取り消しは好材料だと思う。スティールキングの外回り延長は悪くないが、タフな展開は向かないかもしれない。立ち回り重要。

 

道営記念
◎ドラゴンエアル
〇ステージインパク
▲オヤコダカ
△ジャストフォファン,ジュエルクイーン

10月24日(火)の金沢競馬予想

 


久々に強烈な台風を体感しましたね・・・

 

これを沖縄・九州の人たちは毎年複数回経験しているんですから。

また、河川の氾濫・土砂崩れの情報が錯綜する事態に。選挙の開票速報を垂れ流すメディアに批判の声が挙がるのも分かります。そもそも選挙特番を開票時にやる意義があるのか。選挙期間前にやれよと(笑)
結果は概ね予想通り(思わぬ候補者も当選しているが)。地盤の強さが大きく勝敗を左右していますね。
与野党共に"中長期的な準備期間"を設けられそう。他方で政治家以上に"有権者の慢心"が気になります。

絶妙に台風が逸れた西日本ダービー(佐賀)は、断然人気のフリビオンが快勝。早目に鞭をしごかれる中、直線外を向いてから見事な末脚を発揮しました。少し気が立っていた感も、輸送の成功は大きいですね。

ムーンファーストは惜敗。吉原騎手は文句無しの騎乗。長く末脚を使う競馬が合いますね。古馬A級だと強い先行馬が揃う分どうか。ゴールドハリアーも首の上げ下げで惜しかった。倉富騎手はお見事でした。
この流れにヤマミダンスも続きたい。ダービーグランプリは好条件だと思います(浦和の方が合う気も)。

 

暴風雨の影響で"田んぼ馬場"が濃厚。下級条件は実力馬優勢も展開次第で消耗戦になり得ます。
上級条件は基礎SPに加えて、地力が問われる。淡白な先行馬を軽視したいです。後は馬場の乾き具合。

 

 

1R:◎クーロゼ〇シャトーレディー▲マグニフィセント
⇒前走勝ち馬に潰されたクーロゼ。間隔明け&藤田替わりのマグニフィセント。ペース配分が悩ましい。
道悪を踏まえて、快速の前者を選択。展開が嵌まれば、シャトーレディーやウインドティアーモ浮上も。

 

2R:◎マダムストーリー〇エノルメ▲ハクサンシップ
⇒再転入を決めたいマダムストーリー。好調続くエノルメと先手欲しいブランドチャームが続く。
ダート王者の半妹が流石に強そう。ハクサンシップの立ち回りにも期待。暑さが薄れて良化傾向にある。エノルメも更なる良化を期待したいが、序盤競りたくない。ブランドチャームは差しに回せないものか。

 

3R:◎ゼイタヴィクトリエ〇ジェイケイフージン▲クレールソレイユ
⇒クレールソレイユは規模の割に薄い馬体。基礎SP面は申し分ないが、耐久力に不安あり。ジェイケイフージンを除いて同型不在な点は楽しめそう。そのジェイケイも道悪で外々回される展開は辛いかも。
ゼイタヴィクトリエは良化しつつあり、展開次第。ディープサミットも安定株だが、連戦疲れを感じる。

 

4R:◎ココホレワンワン〇クリノアンボワーズ▲プレシャスパワー
⇒プレシャスパワーは前走2着で減量も効いていた。ココホレワンワンが早目に押し上げそうな構図。
クリノアンボワーズは外スンナリ先手を取れそう。短い方が良いはず。後はベニノラフィカなど。

 

5R:◎ケイツールピー〇ニーマルジット▲ハートリッチ
⇒再転入狙うハートリッチとニーマルジット。アガタピアス取消により、ケイツールピーが先行可能。
そのケイツーは前走外2から粘り込む競馬でハートリッチを完封。内枠短縮で上手く出し抜きたい。
外枠ニーマルジットも道悪の方が走り易そう(気持ち外枠過ぎるが)。ピーチェスは展開の助けが必要。

 

6R:◎フジサンショート〇アスカショウダイ▲ベルウッドカペラ
⇒フジサンショートは通過点でしょう。好調続くアスカショウダイとベルウッドカペラが先手を窺う。
デルマフユゲシキは良く映らない馬だが、相対的に着順を上げている。展開一つだろうけど、食指は…
転入2戦目ベルウッドカペラは田知騎乗。先行力は高い。ハクサングロウは気持ち外枠過ぎる感。

 

7R 河北潟ふれあいフェスタ特別:◎ボストンアプリコ〇ネオジェネラル▲スパイホップ
⇒ボストンアプリコ断然人気も同型が揃っている。ブルーオーシャン田知の分、出方が読めない。
内枠に入ったネオジェネラルとスパイホップ。他力本願になるが、立ち回り次第で浮上可能でしょう。

 

8R:◎デルマカマイタチ〇ハテ▲アレグロイモン
⇒先行力あるアザミと吉原騎乗ニホンピロフィートの先行争い。ポリードよりもハテの差し脚に期待。
転入初戦のサノマルも気になるが、アレグロイモンも発馬次第。何か間違って、デルマカマイタチをば。

 

9R:◎ムチャチャマヒカ〇スプリングボックス▲サイレンスディガ⇒◎出来悪く下げ:◎サイレンス〇スプリング
⇒連勝中のバショウと休み明けバニラキャンディが先手を窺う。外枠に有力な差し馬が入っている印象。
ムチャチャマヒカは馬体が安定してきた。好位から差せるし、持久力も高い。桑野騎手ならむしろ歓迎。スプリングボックスは転厩初戦。再転入を視野に入れている有力馬だが、何せ発馬失敗は怖い。
サイレンスディガは"漁夫の利"に持ち込む。バニラキャンディも吉原騎手なら同じ轍は踏まないはず。

 

10R 加賀白山賞:◎ウイングエンペラー〇ルールゴールド▲エーシンザピーク⇒ブラウンの捲り差しに期待。
⇒ウイングエンペラー再び。今回は中央馬が混戦模様。エーシンザピーク菅原⇒吉原の文字列が強い。
基礎SPと末脚を考えると、ブラウンアニマートとウイングエンペラーが優勢。共に発馬は課題になる。
タイセイプレゼンスは先行力ある馬。調教微妙な点と、外枠発走で同型が揃っている点は割り引き。

 

11R 新冠産駒杯:◎レイクルイーズ〇ミズーリスカイ▲ジェイケイステラ
新冠町産限定の準重賞。内からユンゼイ、ジェイケイステラが先手を窺う。レイクルイーズは先行勢を見ながら。ミズーリスカイとベニバナオンリーも好位を取り切りたい。ペースは比較的落ち着きそう。
レイクルイーズは安定した末脚を繰り出す反面、詰めが甘い。格上挑戦でも能力はA級相当かなと。
ジェイケイステラは成長著しい。2走前上手く逃げ粘るも、前走厳しい展開に呑まれての大敗。要再考。

 

12R 倶利伽羅源平の郷ござっさい祭り特別:◎ヤマカツバーバラ〇リノサンス▲トップメダリスト
⇒前走完勝したリノサンスが短縮。ベアームート、シゲルカンパチ、トップメダリストと先行馬も揃う。
ヤマカツバーバラの巻き返しに期待。前走は勝ち馬を捕らえ切れず。今回こそ好発&内差しを決めたい。
前走捲り差したクラシカルノヴァ、ノーモアベッドは外枠差しを狙う。立ち回りに工夫が欲しいところ