読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

日本ダービー 2017年

 

 

日本ダービーの広告に関して思う所はあるけど。

とりあえず、国歌斉唱が(CMで印象付けておきながら)木村カエラじゃない点は嫌いじゃない。岡本知高さんは本当に凄いソプラニスタ。CXのフィギュアスケート中継で流れる「ボレロ」の歌手といえば分かり易いか。
ちなみにキングカメハメハが勝った年も岡本さんでした。この年もさんま師匠のCMが叩かれていた記憶。

 

そもそも日本ダービーには思い入れが全くなくて。むしろ馬券的に「相性が悪い」レースだったりします。
今でも、エピファネイアキズナ馬単ドゥラメンテサトノクラウン馬連が外れた意味が分かりません。遡ると◎フサイチホウオーの年は前受けを期待するも、後方のままだったり。

"大混戦"と評される2017年度の東京優駿ですが、とはいえ「どの馬にも勝機がある」様には感じず。昨年より絞り辛い程度の印象です。注目は池江厩舎、音無厩舎、総帥の3頭出し(地味にノースヒルズも2頭出し)の動向。こういう時は「違う厩舎から勝ち馬が出る」のが、セオリーの気はしますが。

 

例により近5走のタイムR比較ですが、アルアイン,ペルシアンナイト,レイオデロの3頭は皐月賞に続き最上位。
これに、4戦中3戦が「A」相当というアドミラブルを加えた構図。次点も、皐月賞同様のスワーヴリチャード。

f:id:beggaman:20170527115644j:plain

皐月賞3着ダンビュライト、同4着クリンチャー。この2頭は良い競馬を見せました。ダイワキャグニーの前走は好時計ですが、 超高速馬場を考慮すると「水準より高い」程度。ベストアプローチまでが圏内と見ます。

 

一方、去年の出走馬はこんな感じ。

f:id:beggaman:20170527115813j:plain

去年の予想印は◎サトノダイヤモンドエアスピネル
順番通り買えば良かったのに、どうしてこうなったのか…。

 

先行馬のタイプ予想は当てにならないかもしれませんが。

f:id:beggaman:20170527182321j:plain

アルアインは引き続き「ゲート不安」候補。今の松山君なら冷静に対処しそうだが。クリンチャーの逃げは展開の助けが欲しい。トラストが「逃げ宣言」を行っているが、アメリカズカップも他馬の動向次第で分からない。

前走レベルの発馬なら、マイスタイルとスワーヴリチャードは「番手~好位」に取り付けられそう。問題は他頭出し勢の動向。音無厩舎と総帥勢は持続差し展開が望ましいはず。逆にノースヒルズ勢はスロー展開が欲しい。
池江厩舎もペース補正が入る展開を所望しそうだが、アルアインを上手く扱えそう。何か先行馬が飛ばすなら、クリンチャーやスワーヴリチャードと隊列を形成出来る。逆に序~中盤緩すぎるなら、早目に仕掛けて行ける。一番厄介なのは「典ちゃん,藤岡兄,武豊,四位」が番手~好位を占める展開。そのまま決まっちゃいそう。

 

f:id:beggaman:20170527215229j:plain

例年に比べて「内側」「3,4角」の痛みが回復しきれていない様子。外枠の馬は「より外」を回されそう。
基本的には「決め手勝負」上がり性能を重視しつつ、基礎SPと持続力を注視したい。
以上から勝ち馬はアルアイン,ペルシアンナイト,アドミラブル,レイオデロ,スワーヴリチャード,ダンビュライト,クリンチャー,サトノアーサー,カデナの中から出てくると予想する。ダイワ,ベスト,ウインは3着狙いで。

 

日本ダービー
◎アドミラブル
〇スワーヴリチャード
▲レイオデロ,ペルシアンナイト
アルアイン,ダンビュライト,クリンチャー,ベストアプローチ,カデナ

これがしっくりきた。
大外枠もナリタブライアン,ジャングルポケット,トウカイテイオー級は克服している。アンライバルドに関しては"別ベクトル"。最後入れの方が大出遅れの可能性は低いし、腹を括って大外末脚勝負に臨める。それで良し。

"音無谷46"に代表されるバレークイーンの一族は体質が弱くて、順調に使えなかったり志半ばで引退するなど、不運だったりする。Sunny Valleyの一族まで広げると、エリンバードやアドマイヤラピスの一族がいます。
今回のアドミラブルは「最大のチャンス」だと思います。一戦毎の内容が濃い。青葉賞の内容も、時計の出方を考えると「A」相当は十分。後はポテンシャルが問われる厳しい展開なら。大外枠で出遅れたら諦めます。

スワーヴリチャードの皐月賞は脚を図る様な負け方。右回りで真っ直ぐ走れなかったのも敗因。これが大きい。今回は左回り内枠延長。新馬戦から四位騎手と課題をこなしてきた。後はスタート&位置取りを決めるだけ。
とはいえ、フサイチホウオーを本命にした年と同じ文脈なので、後方待機になったらお疲れ様でした。

余談ですが、母ピラミマの牝系は、ある意味アドミラブルとは「正反対」になりますかね。

最近は見られないが、インティライミアサクサキングススマイルジャックの様な工夫で残す先行馬も多い。
この文脈でクリンチャーに期待する手はある。逆にベストアプローチはバテ差し3着狙い。共に4着候補。
ペルシアンナイトは素晴らしい馬。テン乗りが残念過ぎる。デビュー戦から和田さんなら勝ってた(適当)

カデナとレイオデロはペース次第。共に内枠が欲しかった。レイオデロに至っては皐月賞が盲点になる。
他にも切り口はあるけど、その辺は割愛。とりあえずパドックを見て、買い方を決めます。

 

欅S 白百合S 2017年 予想

 

 

ダービー前日の東京メインは欅S。
フェブラリーS好走のエイシンバッケン、かしわ記念好走のブラゾンドゥリス、東京スプリント勝ちのキタサンサジン。それ以外の面子を見ても、例年通り「面白いレース」になりそう。週末の雨で時計が出る重馬場です。
欅坂46関連のサイン馬券は、昨年"尾関"厩舎が結果を残しており(尾関師は夢アド推し)、今年は気にせず。

ちなみに欅Sのひとつ前(東京10R)が葉山特別。「残酷な観客達」で平手ちゃんの役名は葉山ゆづき。
だからなんだというお話。

 

荻野極が乗るアキトクレッセントもしくはトミケンユークアイ、ポメグラネイトのハナを想定。テンを考慮しても、キタサンサジンとブラゾンドゥリスは好位前後。レッドゲルニカ、ポイントブランク、シュテルングランツ辺りとの位置取りになる。「平均~ややハイペース」で、スムーズに流れそう。基礎SPと上がり性能を重視。

 

欅S
◎ラストダンサー
〇ブラゾンドゥリス
▲レッドゲルニカ,タールタン
△タムロミラクル,エイシンバッケン,キタサンミカヅキ
⇒基礎SPに不安ある馬は苦しい中で、鋭い末脚を持つエイシンバッケンをどう扱うか。
タールタンは叩き2走目。2,3走前は不向きの馬場、4,5走前の内容なら十分。但し、抜群に「状態良化」とは言えず、斤量UPと乗り替わりは厄介。

それならば、休み明け必勝態勢のラストダンサー。この馬も根岸Sで馬場と展開に苦しんだ。もう少し外枠なら良かったけど、高速条件の流れる展開なら違うはず。東京なら田辺騎手より大野騎手の方が好感も持てるので。
ブラゾンドゥリスとレッドゲルニカは買っておくが、この条件だと前者は「お釣りが不足」しそう。後者は血統的にも楽しみだが、前走はより条件が良い。問題は過剰人気と不振続く鞍上。
後は上がり性能を重視して、タムロミラクル。ミルコも決め打ちを狙ってくるはず。

 

白百合S
◎ゴールドハット
〇グラッドシエル
▲サトノリュウ
△サトノクロニクル,クリノヤマトノオー
⇒残念ダービーは少頭数ながら良い面子。京都も開催後半になって、外差し込める。ウインストラグルの逃げが濃厚。とはいえ、離して逃げる程の基礎SPはない。ゴールドハットとグラッドシエルの動き出し次第。
その2頭を重視したい。ゴールドハットは前走上手く末脚を使えず。ある程度掴めたとは思うし、再度期待。

グラッドシエルも同様。良い切れ味を持っているし、ペース適応の不安も無い。サトノクロニクルを倒したい。
サトノリュウガとクリノヤマトノオーも末脚は良い。

 

 

ロジャー・ムーアが亡くなった話と、大井記念 2017年 予想

 

 

昨日、サー・ロジャー・ムーアが89歳で亡くなったというニュースが。

英スパイ映画「007」シリーズにおける3代目ジェームズ・ボンド。「ムーンレイカー」「私を愛したスパイ」「死ぬのは奴らだ」等の作品で知られ、世代によって「ボンド=ムーア」という認識の人も少なくありません。逆に原作ファンの反感や「007」シリーズ自体を嫌う人口を増やしたのも、彼のボンドシリーズと言えます。

 

ムーア版「007」は、大衆向けの"軽快なアクション映画"。どうも"B級アクション映画"っぽい。何より冷戦が行き詰った時代。宇宙信仰であったり、原子力信仰であったり、僕ら世代からすると、ギャグの雰囲気。

youtu.be 特に"やり過ぎ"なのは今作。冷戦同様、「行きつく所まで行っている」訳です。

 

そんな「私生活では4回結婚しており、うち2回は妻のDVで離婚した」エピソードも有名なサー・ムーア。
最近はスコットランド独立を支援する"初代ボンド"サー・ショーン・コネリーとの対立が話題になりました。

jp.reuters.com 結果的に反対票が上回るも、大接戦となりました。

 

ジェームズ・ボンドには英国人である前に、スコットランド出身という設定が存在します。
これは「スカイフォール」でも、印象的に描かれていました。レイフ・ファインズが演じる新しい上司"M"も、北アイルランド出身の設定。クレイグの後任ボンドには、イドリス・エルバ(アフリカ系)が有力。冷戦終結後に迷走した「007」シリーズは、ボンドが自身や自国を"見つめ直す"事で、息を吹き返しました。

youtu.be 但し、"スパイ映画"ではなく、"ファンタジー映画"なんですよね。ストーリーは結構都合が良い(笑)

 

EU離脱独立運動に揺れる英国。ロンドン出身で、冷戦時代や"ブリテン"を象徴する彼が亡くなった報道は、色々感じるものがありますね。個人的には「黒人のジェームズ・ボンド」も見てみたいですが…

 

 

 

 

 

そんな感じで、東京ダービー前の大井開催。メインレースは"大井記念"。
やっぱり「内の使い方」なんですかね。差し馬は展開と距離感次第。

 

 

 

大井記念
◎ミスミランダー
〇ムサシキングオー
▲クラージュドール,ケイアイレオーネ
△キタノイットウセイ,タマモネイヴィー,タイムビヨンド,ユーロビート
⇒延長ミスミランダーの出方が気になる。ムサシキングオーと外枠2頭は好位置を取りたい。後はエイヴィアンボスとタイムビヨンドだが、こちらは馬状態を優先しそう。中盤緩んで、最後の仕掛け所が重要になる感じ。

とりわけ外枠2頭は大変そう。ユーロは早目に動きたいが、エンジン掛かるか不安。ケイアイも同様だが、掛かって伸び欠くのは勘弁。奇襲を仕掛けるなら、タマモネイヴィー繁田とタイムビヨンド赤岡。
ムサシキングオー的には逃げる形は良くない気もする。仮にそうなった場合、譲治のリカバーに注目。

ミスミランダーの54kgに惹かれた。この叩2延長内で駿替わりは興味深い。前走は基礎SP不足やら休み明けやら中途半端な位置取りやら色々敗因はある。追い切りは悪くなさそうだし、人気落ちなら再考したい一頭。
クラージュドールは前走"鬼門の"捲りで、底力を見せた。オリオンザジャパン共々、今回は隊列次第か。ムサシキングオーは番手が欲しい。末甘いので、馬場の恩恵は外せない。ケイアイレオーネも道中克服出来れば。
後は"位置的に"キタノイットウセイ。繁田か赤岡(もしくは人気2頭)の動きが欲しい。高速馬場は不利に働く。

 

 

赤レンガ記念
◎ドラゴンエアル
〇オヤコダカ
▲スティールキング
△クラバズーカー,ヘブンズゲート
コスモバルク記念の1,2着馬は共に距離延長を気にしそう。上積みを考えるなら、スティールキングの逆転に期待する。問題は"オヤコダカを見ながら"競馬をして、最後まで伸び切れるのか。距離感次第。
個人的には、ドラゴンエアルが戦えるのか。そして、クラバズーカーの状態は上がっているのか。

 

 

 

ちなみに好きなムーア主演作品は「007」シリーズとは真逆風の「北海ハイジャック」。ネコ好きの"仕事人"が油田を狙うテログループと対決。アンソニー・パーキンス演じる首謀者が政府との交渉を有利に進め、制圧作戦を次々看破する。合間に英国ジョークが混じり、いつの間にかムーア演じる"仕事人"が全部持っていきます。

youtu.be 007の様な活劇を期待すると裏切られますが…僕はこっちの方が好きです。

 

5月23日(火)の金沢競馬 予想

 

 

 

オークスソウルスターリングが優勝。フランケル産駒が初年度で結果を残しました。2着はモズカッチャン。皐月賞2着のペルシアンナイトと共にハービンジャー産駒。逆に社台F以外から成功例が出たパターン。
この辺り社台Fは種牡馬戦略の幅が広がりそう。今後も試行錯誤が続きます。


石川四冠の始まりにあたる重賞・北日本新聞杯は、ヤマミダンスの5馬身圧勝で終わりました。

中川調教師の思惑通り、馬体重は11㎏回復。気性面を矯正すべく、シャドーロールを着用しての出走。万全を尽くし、見事スタートを決めましたが、直後落馬したアルタイルキララと金田厩舎の3頭に終始絡まれる展開。キックバックを受けなかったのと、中盤息を入れられたのが勝因かもしれません。最後は周りを競り潰す競馬。5馬身差とはいえ、今後も課題の多い馬だなと思います。一先ず悪い流れを断ち切れたのは良かった。

2着は"B2走目"サッキーヘラクレス。気性面で苦労するも、鞍上の檄に応えた形。硬い身体つきですが、調教は良かった馬。人気薄3着のゴールドハリアーと共に「近走外を回して最後伸びを欠いていた」印象が強いです。ディターミネイトとナゲッツは返り討ちに遭った格好。力は見せています。一方レソルテは落馬の不利を受け、後手後手の競馬に。見せ場無かったラブフルーツ共々、次走以降は見直し。後者の方が距離延長向きか。

開催後半は百万石賞前最後のA1競走などが予定されています。
日曜は乾いた良馬場。砂補充により、やや時計の掛かる状態。内有利も緩和されて、より基礎SPと上がり性能を重視したい。逃げ馬5勝も、ペースが流れると差し決着になり易そう。先ずは能力の見極めから。
今日も同様の馬場状態を想定。馬体減や発汗など、パドック状態を見極めたいところです。

 

1R:◎オレノヴィジョン
ハクサンオダイリの状態面と、カルサイトイモンのゲート次第。気性の難しい馬で、終始追い通しになりそう。最後は良い末脚を使う。先約の関係か乗り替わりも、枠は戦い易い。ハクサンは中央時代の期待通りなら。

2R:◎マルカンベルガー
中川厩舎3頭出し。久々のカタマチコマチと前走完勝ライヘンバッハは共に小柄で、状態を見たい。カネトシは立ち回り次第。ジェイケイは鞍上強化に期待。マルカンベルガーは間隔明けの格上挑戦。馬的に外枠は歓迎。

3R:◎ムーンファースト
二の足が速いサクラトップビクトを行かせても、中盤緩むなら直線再加速で決めたい。外替わりベリルイモンは延長で鞍上のリカバー次第。マイネルデュミナスは内枠&中島替わりも、砂被ると位置落とすリスク。

4R:◎フクノバイオレット
ガンバレアナコンダと迷った。前走は内目で後手後手の競馬。外枠に入った先行馬の動き次第かなと。

5R:◎アクティブムーン
間隔明け2走目のクレードラリュンヌが吉原戻り。ルナフォースと迷ったが、配置的にアクティブムーンをば。格上挑戦になるが、先行馬の体力が消耗される展開なら。バルダッキーノも同型で中盤緩むと強敵。

6R:◎ネオジェネラル
近走は逃げ馬を追いかけ、末脚を無くす競馬。この面子なら緩むだろうし、差し馬を上手く交わしたい。

7R:◎クリノアンボワーズ
隊列が読めない。ダイシンアレッタの前走は捕まえに行って崩れた格好。マヤジョワイユとの配置は気がかり。プチテアートルとエレスペールは状態次第。特に後者は乗り難しい馬。Twitterで「出遅れは八百長」と言ってる人が有料予想を売っているのが、興味深い。クリノアンボワーズの前走は上手く逃げた。配置は謎だが…。

8R:◎ツヴィンガー
パールオブウエストと迷った。共に外枠と体調面に課題。内の先行馬とオズマが押し出る。クイニーアマン次第だが、柴田君も桑野騎手も工夫可能な配置。状態面と実力的に勝ち負け出来る方を本命に取る。

9R 金沢城賞:◎マルクデラポム
JRA交流競走だが、注目は転入初戦トウショウギフトとカトラス。ツーエムカイザーが行き切ってくれるなら、この2頭とスマートダイバーを上手く使いたい。不安は距離延長と"前との距離感"。今年は厄介な面子が揃う。

10R:◎ヤマチョウルンバ
前走は内目で後手に回る。落馬で好機を逃したアウズ共々改めて狙いたい。

11R:◎ルールゴールド
順当そうなメンバー構成。メイショウオニグマが楽な展開だと諦める。

12R 揚げ浜式塩田特別:◎マイネルクロノス
これも内枠の先行馬が行き切ってくれるなら。かなり拮抗した面子。