『雑感』

稀に更新します。

7月17日(火)の金沢競馬予想

 

 

とても暑い。金沢に梅雨は無かったようだ。予想の前に日曜金沢3Rの話題から。

 

今期2度目の2歳新馬戦は能検時から話題となっていたワンモアグローリーが逃げ切り完勝。
出足からスピードの違いを見せつけた。勝ち時計:55秒2(推定)は、過去の同条件を遡っても破格の猛時計であり、単純比較は出来ないが、2歳戦の同条件での55秒台は(2010年7月25日の)ナエマ以来となる。

マンリョウ、マルチロードスター、キタノオペラ、シュウタイセイら上記条件の該当勝利馬に比べても、補充明けの"時計が掛かる馬場"を考慮しても、先週の日本海スプリントに迫る相当速い内容だった。
断言し辛いが、発馬~500m区間にロス生じる反面、4角~直線の走法は綺麗に映る。センスありそう。

ワンモアGはトゥザグローリー産駒で、重賞3勝(14年度代表馬)ケージーキンカメの半弟。面白い配合の掛け合わせになるが、昨年サマーセール落札時は話題に挙がっていなかった。値段も安い。

馬格があるのと、しっかり歩けてるという印象しか無かった。競り自体も一声でハンマーが落ちていた。プリティロマンサーの16(エムザックレガシー)とミラクルメジャーの16(ミリオンピーエル)の方が走ると思っていた。ヒャクマンゴクの16(サクセッサー)は転入しないだろうし、現時点で敵は見当たらない。

目先の結果に拘らず、じっくり育てて欲しい。今後の動向に期待している。
日曜金沢は砂補充明け。最内チートが復活し、下級条件は逃げ・先行馬天国と化していた。
差し馬も内伝いで浮上している。面白くないが「高温による体調不良を見抜くゲーム」になりそう。
大幅な馬体重の減りや汗の量を気にしつつ、パドックを注視しながら、馬券を買いたいところ。 

 

1R:◎シオジスター
シオジスターを連チャンで買い辛いが、夏場は体調も良さそう。(近2走の様に)足の速い先行馬が見当らない点と、中1週と中2週の差が大きい。久々1400m戦。秋の重賞戦線を考えても、B級戦は軽く突破を。
モリトカチグリ(前走:外々回し)、サンワラワラ(前走:出遅れ)を再考する。トミケンミルトも工夫次第。

 

2R:◎カフジリバー
プリティエレガンスが最内枠に入り、トーアウラシマとの先行争い。この展開を崩すのは結構難しそう。カフジリバーを再考したい。前走は1角で先行馬に詰まり、3走前は出遅れて終了。鞍上交代で前進を。
タケノオーラが吉原騎手に。外枠の方が先行し易いとは思うが、何もない可能性は高い。

 

3R 長谷部まつり特別:◎シリウスシリアス
今季最初の新馬戦の(実質)折り返し。シリウスシリアスが発馬を決めれば、基本的に大負けはない。
ケイコクノビジンが再人気しそう。ゴールドレンとヤマミライオンを推したい。前者は気性面が危うく、その被害を序盤・後者は被ったっぽい。出遅れと大外を考慮しつつ、もう一度狙う。

 

4R:◎ブルーフライ
ブルーフライが体調悪くなければ。この面子で、好調期の間に結果が欲しい。アトムF辺りとの対決。
エレスペールは内伝いの競馬で。塚本騎手の積極策に期待を。ウインドユナチャンも位置取り一つ。

 

5R:◎ニーマルジット
ゴールデンローズが出戻り初戦。真面に使えておらず、意外と差がない可能性も考慮しておきたい。
ニーマルジットは鞍上交代で勢い戻る。この面子なら発馬次第。ケイジートレジャーも内伝いで。

 

6R:◎エムティサラ
ホウザンキングダムが厄介。エムティサラは発馬を決めたい。グレイトマキシマスも鞍上戻りで。
インパクトレディー、リュイザン、カンジャンテが無難も前2者は脆さを含む。後者は枠が遠い。

 

7R:◎ポルカ
ポロスが発馬不安あり、ゴールドニコニコ的には先頭が欲しい。ワビチャも前走は体調不良明け。
ポルカは降級して相手楽も、発馬不安は解消されず。最内枠に入り、この面子なら立ち回り一つかと。

 

8R:◎バニラキャンティ
バニラキャンティが休み明け2戦目。躓き癖との戦いになるが、前走は相手も強かった。改めて。
コウユーカゼニノリとベネフィットユーも位置取れれば。エイシンソニックは内伝いの競馬で。

 

9R:◎ジュエリーハンター
ジュエリーハンターがようやく馬体重増える。メイショウとカワキタを押さえ込んで、逃げ込みたい。
ジェイケイフージンとキャノンショットが内伝いの競馬で。後者は発馬不安の解消が求められる。

 

10R:◎モントルルシュマン
ブルーセクション、
ヴレ、エクセルビーム、アスターフィールと先行馬が揃う。難しい一戦。
ここは分からない。パドックを見て決めたい。モントルルシュマンが上昇度と条件的に伏兵かなと。

 

11R  楽天競馬でラクラク!カンタン!特別:◎ムーンファースト
カネコメオスターとムーンファーストの対決。走破時計だけ見ると、逆転の芽もありそうだが…
余力を考えても、ムーンファーストが強い。問題は状態面だろう。昨年こそ夏場に台頭した馬ではある。プラチナバディは前走・早仕掛けで返り討ちに。この馬場で見直したい。ファンタサイズも状態見て。
転入初戦となるレイズアスピリット。夏場の印象が全くないのと、近年の出足鈍さが気になる。

 

12R 飯田町燈籠山祭り特別:◎プレシャスギフト
プレシャスギフト最内枠。トーアノタメニは形だけの昇級。何も無ければ、この2頭の先行争いか。
ナカザルオーとエイトワンダーで迷う。前者は2走前(外回し)を除けば、近走安定している。鼻出血明けも支障無さそう。後者は内伝いで浮上するしかない。メイショウユウヒは相手関係楽も油断出来ず。

 

函館記念2018年の予想など

 

 

今週も簡易版。週中は岩手競馬運営委員会の話題が沸騰していた。

グリーンチャンネルで放送される"岩手競馬PR番組"の費用対効果などについて、委員の一人から質問が挙がったそう。よくある話だと思うが、競馬界隈の拡大解釈と業界批判に利用する輩が目についたなと。
広報戦略の適性や効果測定が検証されるのは健全な証拠。再度説明・検証が行われるだけの話である。

その一方で、年単位3500万円の製作費は安い。様々な指摘は「費用対効果の面から」と考えるべきだ。
ところが、これを「廃止騒動」と誤読したり、斜め上の「競馬業界のしがらみ~」云々と自論を展開する輩は怪しい。ある輩は"擁護派"と"抗議派"の対立構造に印象操作をしており、それが多少"ウケて"いる。

10年程前に「(業界内で)アイツらは良い思いをしている」「(業界には)アイツらが牛耳っている」と印象操作を行い、何の取材証拠も提示せずに業界批判を展開していた某政治ジャーナリストを思い出した。
彼の名声は地に墜ちたが、競馬界にも(1,2割の真実に)8,9割の嘘を交える業界人が多いなと感じる。

もう少し冷静に論点整理・批判提案の出来る人間が「情報キュレーター」となるべきだろう。
少なくとも、かの輩が「こうした意見を集めて討論を~」などとほざくのは笑止千万も良いところだ。

 

函館開催も佳境を迎え、今週から芝条件はBコース使用。先週より内側の馬場状態は回復傾向にある。
とはいえ、週中の雨&連戦続きで「速い時計の出る条件」と言い難い。加えて午後からは降雨の可能性が高い。函館2000m戦は発馬~1角(平坦⇒下り)区間が長く、中盤以降も息を入れるのが難しいコース。

 

函館記念
◎エアアンセム
トリコロールブルー
▲ブラックバゴ,スズカデヴィアス
☆カレンラストショー,ロジチャリス
マイネルハニー,サクラアンプルール,ゴールドサーベラスetc

◇クラウンディバイダとカレンラストショー共に緩い流れを作りたい。(2列目を狙う)マイネルハニーやエアアンセム、ナイトオブナイツ辺りも動かなさそう。スロー想定だが、後続は早目に動くかも。

近年は前半3F:35秒5(推定)前後、前半5F:60秒(推定)前後と先行争いが激化せず、緩い展開になり易い。
こうなると、追走に脚を使わされる後続に分が悪い。差し馬も内伝いor外切り替えで持続力あるタイプが好走。血統的にもサドラー/トニービン/ニジンスキー/ディクタス持ちなど。大型馬も相性良さそう。

エアアンセムを重視したい。中々順調に行かず、脚元と気性の難しい一族。しぶとく末脚を使える馬で、ある程度の位置を取り切れるか。洋芝一周延長の道悪は歓迎だろうし、内偶数と藤岡佑騎手(函館開催は絶好調)の続投は良い。時計の掛かる条件なら、積極策で戦えるかなと。怖いのは人気薄ロジチャリス。追い切りを見るに復調傾向なのと(気難しさ・脚質的にも)戦い方が被りそう。枠と一周の分、印下げ。

トリコロールブルーは(兄姉同様)エンジンの掛かり遅く差し損ねる。時計の掛かる条件&一周延長は悪くないが、スローだと脚を余す可能性も高い。鞍上も下手に動かなさそう。仕上がり万全で後は流れだけ。
カレンラストショーは(時計の掛かる条件は歓迎も)道悪次第。追い切りは良い。ダッシュ力を活かして、中盤息を入れての再加速に持ち込めるか。右回りは問題ないと思うが、馬群が凝縮しすぎると脆いかも。

ブラックバゴは"鬼門の"内枠。休み明け&道悪洋芝。緩いペースを捲り差せる馬だけに色々痛い。発馬も宜しくない上に「出して行きたくない」風のコメントを見ると…追い切り良く、ソコソコ絞れていれば。
スズカデヴィアスの前走は(中弛み展開を)完勝。2走前は(不運にも)外後方を回らされる。今回もリスクは同じ。後方で溜め過ぎず、展開が向けば。ブレスジャーニーも同様になるが、条件面で割り引きたい。

サクラアンプルールは次走狙いだが(追い切りからも)状態面は良さげ。休み明けの道悪THは割り引きか。内伝いの競馬は上手い。カデナも復調傾向にあるが、それならゴールドサーベラスの方が条件に合う。
巴賞組は敗退チームを。クラウンディバイダは(好条件も)過剰気味。マイネルハニーは積極策を取れば。

 

バーデンバーデンC
◎ゴールドクイーン&フミノムーン
▲アイライン,タイセイブライド 

△タマモブリリアン,マドモアゼル

前傾高速条件だが、平坦⇒上りの序盤からも(直千条件ほど)テン速度と地力が問われない。故にバクシンオー天国であったが、今後は直千条件と好走馬(血統)が被りそう。1,2列目からの再加速に残り目あり。
Bコース初週も荒れ具合を考慮すると、外を回した方が良さげ。下級条件でも差しが決まる。最内枠からゴールドクイーンが主張し、ノットフォーマル辺りの出方次第に。そこまで速くならないかも?

ゴールドクイーンは"淡白な先行馬"に非ず。前走も平均的な流れから、最後まで脚色鈍らず。ハイペースでも(4走前・血統面から)対応出来そう。斤量も軽く状態は良さげ。後は大野騎手が失策しなければ。
フミノムーンとアイラインは流れ次第。今の馬場は合いそう。ゴールドが失策すれば、差し決着まで?

マドモアゼルとタイセイプライドは出遅れ厳禁。共に状態良さげで、後者は厳しい流れ向きかも。
タマモブリリアンも本州戻りは覚悟感じる。荒れ馬場と津村騎手は好材料。後は流れ次第か。

 

 

名鉄杯:◎クラシックメタル

先週ほどではないが、やはり速い時計の出る条件。上級戦だと、内の使い方が重要になりそう。
ゴーインググレート延長とマイティティー短縮が難易度高い。大外枠に入ったラインルーフと鞍上絶不調コパノチャーリーの先行争い。前者は左回り連戦も良い。後者はB着で昨年(3着)通りの競馬をね…

クラシックメタルに期待。クロフネ短縮で基礎SPを活かす騎乗を。ローズプリンスダムも条件は良い。ジュンヴァルカンは持続馬場が良かった。ここは試金石。アスカノロマンは適条件も斤量が酷過ぎる。
後はオールマンリバー、カゼノコ、メイショウウタゲ、タガノゴールドの突っ込み。ここは流動的に。

 

 

シンガポールTC賞:◎テリトーリアル

前走は時計出る条件とはいえ、淡々と逃げ切り優秀(TR:C相当)。2走前の様に遠慮し過ぎなければ。割と戦い易い気がする。有力馬の休み明けが多すぎ。クロノスタシスは展開次第も鞍上が…
レイズアベールも前走:B相当で昇級は形だけ。シャルドネゴールドが人気するなら、この辺りを。

 

 

 

ジャパンダートダービー 2018年 予想

 

 

簡略版。今年の3歳ダート戦線は強いと言われているが…実は真打ちは未だ登場していない気もする。

下級条件を見ていると、砂煙が凄い。散水を行っても「乾いた良馬場」は変わらない。
雨風の影響は少ないため、上級条件は引き続き"再加速"勝負。先行馬は息を入れて、突き放すしかない。逆に(極端な)差し馬でも、上がり性能と持続力が優秀ならば、展開次第で残り1F差し込めるチャンス。

インは「前開催より」使い辛く、埒に固執する必要は無い…という感じ。前を向けることが大事だろう。(前開催に続いて)残り1Fの時計が掛かっており、外回りで逃げ・先行馬が残すには、中途半端な末脚だと最後届かない。前走・惰性で残れた先行馬や、好位置からハマった差し馬は過信しない方が良い。

 

ジャパンダートダービー
◎グレートタイム
〇ルヴァンスレーヴ
▲テーオーエナジー,オメガパフューム
△クリスタルシルバー,ドンフォルティス,ハーベストムーン

テーオーが岩田騎手。ハーベストが戸崎騎手。この2頭が無理に押し上げないなら、スローを考慮する。クリスタルシルバーは反動次第だが、ルヴァンスレーヴとグレートタイムも後手に回りたくない。

◇ルヴァンスレーヴの難点は言うまでもなく。前走TR:C相当だが、超高速馬場で"B相当に近い"好時計。段違いのスピード能力を見せた。2走前も(ドンに惜敗も)TR:C相当で走れている。上手く末脚を溜めて、直線外に振りたい。余程揉まれ弱い場合や、後方に置かれた場合は諦めが付く。輸送負担も少ない。

◇ドンフォルティスは展開と条件が良さそう。完成度は高いが、詰めの甘さと地の軽い馬場に疑問あり。ハマった前走(ルヴァンスより楽な)以前も良い末脚を使えており、鞍上の位置取りと捌きに期待したい。
テーオーエナジーとハーベストムーンは出方によりそう。中盤上手く緩めて「再加速」に持ち込んでも、最後止まる可能性は高い。基礎SP面は優秀だが、追い攻めると脆そう。しがらき調整の後者は盲点か。

◇グレートタイムを再考する。(この厩舎らしく)本格化は先々。出足の鈍さと詰めの甘さが解消するまでは"漁夫の利"作戦に徹するしかない。時計の出る条件+右延長内替わりは好材料だし、追い切りも良い。4度目の騎乗となる鞍上&調教師が「無策」で挑む訳がなく、後は発馬面と地方の砂が合うかどうか。

◇クリスタルシルバーは厳しい条件も鞍上が企みそう。オメガパフュームは(外枠で好成績も)枠が遠い。古馬1000万級(高速)を完勝しているが、他馬も強い。課題も少なくない。連戦も気がかり。

ある程度流れるなら、JRA馬の好位~差し馬が台頭しそう。グレートタイムorオメガパフュームの末脚。
緩い展開なら、ハーベストムーンorクリスタルシルバー。それでも残り1F粘り通せるかは微妙そう。
ルヴァンスレーヴに関しては「当てにいく」なら馬券に入れる。「勝ちに行く」なら逆らう感じかなと。

 

 

7月8日の中央競馬3場 メイン予想のみ。

 

 

今日も東海~西日本を中心に、予断を許さない状況です。様々な支援活動も始まりましたね。

正確な災害情報(報道・SNS)も重要となります。震災時と同じく、怪しい言説やデマに注意しましょう。ここ数日は重大ニュース続きですが、その総括をする前。詭弁と罵倒で構成されるSNSの"地獄っぷり"に辟易しています。平然と恫喝・差別を助長したり、反射的に生まれた主張・言説が世界に発信されたり。

いじめ・暴力に近い源と言えますが、無自覚に「認知が歪んでいる」「汚い言葉を使う」点は怖いなと。誰々なら叩いても良い…誰々が言うなら正しい(正しくない)…そうした"責任逃れ"にも「認知の歪み」を感じます。強い感情を隠そうとせず、特に思想を持たず、倫理観も足りないと、次の事件に繋がるかも。

 

(梅雨の時期ですが)夏競馬は始まっています。七夕賞は「7」が来るのか?セールで誰が損得するのか?
プロキオンSは高速決着で良いのか?3場の芝コースは大丈夫なのか?気になる点は沢山ありますね。

 

 

七夕賞
◎キンショーユキヒメ
サーブルオール
マイネルミラノ,マイネルサージュ
△プラチナムバレット,マイネルフロスト,メドウラーク
この条件は(発馬後に)緩やかな下り坂と上り坂があり、先行馬の消耗度を気にしたい。1800m戦と同様、起伏の激しいコース。持久力が問われる展開では単調な逃げ馬が沈む。近年は内伝いの競馬が有効そう。Aコース最終週と豪雨の影響で、時計の掛かる条件に推移したが、酷い芝状態とも言い難い。

マイネル軍団と、シルクドリーマーの地力を天秤にかける。マイネルMとシルクDが8枠に並んでおり、マイネルFも出して行けるが、前掛かりは避けたそう。田辺騎手を起用&戦前コメントからも「任せる」可能性は高い。3角~4角の動き出しと、"地元"シルクの動向次第か。差し馬は内を上手く使いたい。

キンショーユキヒメを。前走・勝負所で包まれて、外々を回らされる。斤量増&落鉄の影響もあったか。2走前も直線外に弾かれたが、残りL1強く差し切った。時計の掛かる条件(道悪)に転じて欲しいが、淀みない展開or早仕掛け勝負なら、内⇒外切り替えが嵌まりそう。追い切りも良く、漁夫の利狙いで。

サーブルオールは前走・上手く立ち回るも残りL1失速した。連勝時の様に淡々と流れるor早仕掛け展開の方がハマりそう。ディープ産駒相手に(高速条件で)よくやれている。中間は天栄調整(殆どお任せか?)追い切り軽いが、状態優先か。当日の気配にもよるが、1番人気に臆せず、勝負に行って欲しい。

マイネルサージュも馬場と展開面に左右されるが、しぶとく末脚を使える。前走も(時計の掛かる条件で)好内容。重賞&斤量増で容易じゃないが、漁夫の利を狙えそう。軍団馬の立ち回りにも期待したい。
マイネルミラノも見直したい。前走は面白い競馬も(結果的には)厳しかった。中間調整が出来ているし、叩き延長&軽斤。田辺騎手の起用も興味深い。テン遅く、隣馬との駆け引きが重要になりそう。

ラチナムバレットも凡走明け。状態は良さそうだし、馬場状態が悪くないなら。内伝いで前進を。
マイネルフロストも同様に。基礎SP高いが、先手は取りたく無さげ。ミラノを利用したい。
メドウラークとレイホーロマンスも押さえ。馬場と展開次第だが、前者は道悪向き。後者は調教良い。


 

プロキオンS
◎ダノングッド
〇サクセスエナジー
▲ウインムート,ドリームキラリ
△キングズガード,インカンテーション,ブラゾンドゥリス
発馬~芝の距離長く、そのまま向正面に入る。先行争いが激化すると、最後の急坂で厳しい競馬に陥る。スンナリ(隊列が)決まる場合は"スピード勝負"。基礎SPに加えて、上がり性能も重視したい。
風の影響は気になるが、時計の出る道悪条件と思う。先行馬と内伝いに利あり。上級条件は尚更かも?

ドリームキラリが先手を伺い、外枠を引いたマテラスカイとブラゾンドゥリスも主張する。特に武藤くんが"397.8勝騎手"相手に張れるか。サクセスエナジーとウインムートも消極策は無いと思う。ハイ想定。
インカンテーションの取捨が…前走は風の恩恵も受け、出足は鈍り気味。久々の夏競馬。状態を見て。

ダノングッドを狙いたい。2年前は好内容でOP入りして、0秒5差の敗戦。スランプが続くも脚質転換が奏功した。前走も時計の掛かる条件で上がり2位の末脚を使う。追走力も衰えを感じず、ハイ差し狙い。
サクセスエナジーは(思ったより)不人気。高速条件は悪くないし、臨戦過程は浦和なのが"救い"っぽい。同じ様な内⇒外切り替える競馬で連勝したいが、やはり最内枠の発馬~芝は怖い。追い切りは良さげ。

 

ウインムートは乗り替わり?も年齢を重ねて"筋骨隆々"に。芝砂問わず、基礎SPと底力は素質感じる。テン争いの激化と急な凡戦は怖いが、徐々に力を付けている。多少溜める競馬でも、着取りは可能か。
ドリームキラリはテン速く、とにかく"ワンターンでしぶとい"馬。デムーロ騎手とのコンビで新味も?キングズガードは嵌まると強いが…不器用で乗り難しい馬。昨年と同じ競馬が出来れば。枠も良いので。

ルグランフリソン、ドライヴナイト、ブラゾンドゥリスは展開次第。強気に基礎SPを活かして欲しい。

 

 

 

マリーンステークス:◎サンライズメジャー〇ストロングバローズ
◇またも"ヨシオ楽逃げ"案件。(前走乗った)勝浦と(前走差した)松岡は忖度しそう。ハイランドピークの動き次第。高速条件で"ハイ差し"が決まる展開も考慮する。ストロングバローズの叩き&条件替わりで、漁夫の利を期待したい。サンライズメジャーも前走・好内容で大外枠と高速条件を熟せれば。

ディアデルレイ、リーゼントロック、ヨシオ、ユノラト、タムロミラクルは忖度競馬でお零れを…
出来れば、ハイランドピークに潰して欲しい。そうすれば、ヒデノインペリアル辺りまで狙えるが。

 

天の川賞:◎ディアドナテロ
ワイルドカードVSゴールドブラッド。これを見ながら、ロスカボスとテルペリオンが漁夫の利狙い。
ディアドナテロが動き次第で面白そう。

 

有松特別:◎サウンドキアラorクリアザトラック
インディチャンプVSキラービューティー。サウンドキアラ、クリアザトラック辺りも虎視眈々と。
気になるのが