読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

『雑感』

稀に更新します。

フローラSなど 2017年 予想

 

 

先日引退したフィギュアスケート浅田真央選手の「引退報道」に関して、色々と物議を醸しています。

僕も「騒がしい印象」を受けました。長年密着取材を続けてきた"仲"とはいえ、放送予定のTV特番(EXはたけしさんの健康番組)を差し替える編成。素材集めに奔走したディレクターや、編集マンの苦労を考えると…。
(数か月だけ)自分もスケートを習っており、頻繁に彼女の凄さは聞いていました。非常に"前向き"な性格とも。だからといって、過剰な報道やSNSの反応に乗っかれない雰囲気。世界情勢が云々と今更騒いでいる人達が、美談に群がる滑稽さ。それ以上に「早く子供作って」なる意見は(なでしこ澤の時と同様)"馬鹿の極み"だなと。

一方で、引退会見で飛んだ質問「トリプルアクセルに声をかけるとしたら?」に批判が集まるのも変な感じ。
昨夜放送されたCX「久保みねヒャダ」でも言及されており、いわゆる記者ベースの質問とは違い、禅問答の様な感じは面白かったですけどね。むしろ、これを推奨しながら前述の質問を批判する連中が腹立たしい。
改めて、TVワイドショーばかり見ていると「白痴化が進む」ように感じました。

そうした話は別にして、ソチ五輪の時といい、本当に凄い気迫で道を切り開こうとしていた選手だなと。
引退決断は「惜しむ」よりも「支持したい」ですよねー。お疲れ様でした。

個人的には、今後「歌手の仕事」を期待しています。姉さんもミュージカルに挑戦していますが、真央ちゃんも中々上手くて。ミュージカル映画が大ヒットする時代ですし、新たな道で成功を収める日は近いかも…なんて。
国内女子の勢力図は宮原、本郷、三原、樋口と混戦模様。本田姉妹が何処まで肉薄しますかね。

 

さて、今週は春G1シーズンの中休み。とはいえ、フローラSマイラーズCも楽しみな面子が揃いました。
厄介なのは馬場状態。雨の影響が心配な府中に、例年より持続寄りの淀。福島最終週は寂しいですね。

 

 

フローラS
◎ホウオウパフューム
フローレスマジック
▲ディーパワンサ,キャナルストリート
△タガノアスワド,レッドミラベル,ザクイーン,ビルズトレジャー
開幕週で、質の良い芝状態。土曜開催後に降った雨もメイン前には乾きそう。基本は「内前有利」だと考える。例年より(時計が)早い位の印象で、好走している血統もディープ産駒の天国。次点がステゴ産駒やハーツ産駒。フローラSはスロー展開になり易い牝馬重賞。"決め手の鋭い"差し馬を除くと、先行馬を狙うのが無難かと。
基礎SP的にタガノアスワドの逃げ有力。外目から減量騎手ラユロット、内目から包まれたくないザクイーンとモズカッチャンが続く。これらを見ながら、ディーパワンサとヤマカツグレース。高速スロー展開を想定する。
中盤~勝負所でハービンジャー産駒が動く可能性。持つのかは知らないが…タガノアスワドとディーパワンサの仕掛けるポイント次第。雨の影響を気にしつつ、やはり高速適正(基礎SP)を重視したい。

 そんな感じでTRも混戦模様。ドリームマジック辺りまで狙い甲斐ありますね。

f:id:beggaman:20170423101158j:plain

実績的にもフローレスマジック。ディーパワンサが続く。3~5位は殆ど差なし。穴は6~11位辺り。
人気先行気味のホウオウパフュームはTR的にも(適性的にも)好気配。前走は持続条件で上がり最速の鋭い末脚を発揮。未勝利戦も2着馬を寄せ付けない走り。(年齢的にも)ズブさは無く、加速力を感じます。
狙い通りのローテ。将来的に「短中距離向き」血統も、中緩みペースから早目に動く展開は良さそう。本質的には「中緩みが欲しい」と思う(前走は追走楽)。SP持続力と位置取り不安を考慮しつつ、期待します。

フローレスマジックは元々「オークス狙い」で調整されていた馬。TR最上位で、SP持続力も高い。基礎SPと切れ味で後れを取っており、延長は歓迎も、スロー展開で工夫が欲しい。馬券内には入ってくると思う。
本当だと嫌いたいが、(血統的に)ディーパワンサは高速条件で見たかった馬。3走前を見る限り、距離延長なら基礎SPを活かせると見た。問題は他馬の動向と、中緩みが生じた場合に持ち味が行かない可能性。特に後者。

タガノアスワドは全2走の内容が濃い。スロー展開で上手く基礎SPを活かした。但しファンディーナには完敗を喫しており、後続のレベルも微妙。道悪なら重視したかった。血統的にも3着狙いの感じ。もう一声あれば…。
レッドミラベルも全2走の内容が良い。高速持続条件でパフォーマンス上げそうな血統。問題は鞍上。
キャナルストリートも同様。前走は「3000勝騎手が30勝騎手」だったし、間隔をあけて調子も悪くない。
ザクイーンは前走ようやく本格発揮(2走前は失策)。もう少し先々走る馬の気はするが、いずれにせよ上記3頭は内枠が諸刃の刃。良い馬だと思うが、今回は展開面でも恩恵欲しい。後は牝限替わりのビルズトレジャー辺り。

 

マイラーズC
フィエロ
〇プロディガルサン
▲ダッシングブレイズ,エアスピネル
ヤングマンパワー,ブラックスピネル,イスラボニータ
⇒ここ最近の京都芝が持続寄り条件。あれだけ超高速馬場が叩かれたら仕方ない面もあるが。
☆展開的には松岡戻りヤングマンパワーと再びブラックスピネル。最内からサンライズメジャー松若の大駆けも考慮しつつ。これを見ながらエアスピネルイスラボニータ。早い展開にならず、直線瞬発力勝負を想定。 
基本は「決め手重視」で機動力と持続力を気にする。内回りならスロー残しも考慮する必要ありますが…内外も大きく気にせず。イスラボニータエアスピネルは「勝ちに行った」場合どうなのか気になりますね。

ダッシングブレイズとフィエロが狙い目。共に成長力は微妙も、前者は良い形で運べそう。後者は延長で遅刻癖の解消を期待。血統的には後者の方が楽しみですかね。プロディガルサンの末脚には劣りそうですが…。
そのプロディガルサンは状態を見たい。輸送苦にせずなら頼もしいが、乗り難しい馬で川田は不安。
本当はサンライズメジャーやクルーガーを狙いたいですけどね。大きく期待はせず。

 

あずさ賞:◎アドマイヤロブソン
流石に勝てませんかね。逃げ馬が2番人気な辺り、もう日本の馬券レベルは世界水準ですね。

留守杯日高賞:◎メドゥシアナ
スターレーン除外で混戦模様。フリオーソ産駒の延長が微妙なので、良馬場なら再度メドゥシアナに期待を。

スポーツニッポン杯ノトキリシマ賞:◎グローリアスザッツ
それ以上に面倒な面子(いつもそうだけど)。良馬場ならレソルテを上手く倒せないか。

それにしても、ヤマミダンスの陣営(というより鞍上)はもう少し想定力を持てなかったのか…。


 

 

4月18日の金沢競馬(2回最終日)

 

兼六園のお花見ピークも終わりを迎えつつあります。今年の金沢は例年にも増して、外国人観光客が多い印象。北陸新幹線の整備が大きいかもしれません。何気に「サンダーバードが速くて便利」な点も忘れてはいけない。2時間30分ほどで金沢~京都を結ぶんですから、旅行の日程立てに有効なんですよね。

日曜は所用あって、金沢の予想を更新できず。皐月賞も十分精査出来なくて、ダンビュライトを「差しに回せば面白い」と書いておきながら、買い目印に入れなかった辺りとても悔しいです。三連単100万円超ですからね。そんな日曜は乾いた良馬場。時計が掛かっており、逃げ先行有利も、内外を上手く利用した捲り差しが決まり、人気薄の2,3着を拾えた人が儲かった日ですね。道中我慢して、直線は外出し。

メインレースはトウショウプライドが6馬身差の圧勝。佐藤茂厩舎が上位独占で"東北旋風"が吹き荒れました。トゥヴァビエンも移籍2戦目で無事連対。カリスマが亡くなり本業も苦戦続く"レオ軍団"に久々の吉報が。
2回開催も今日が最終日。次開催には重賞スプリングカップが行われます。もうそんな時期ですか…。

月曜程の雨風ではないにしろ、水は浮いているでしょうし、立地的に風の影響は避けられないでしょう。要するに「通常営業」な訳で、ここ数開催の不良馬場とは同じ様に考え過ぎない方が良いでしょう。
ヤマミダンスが笠松遠征のため、青柳騎手が不在。心象よい西森騎手に騎乗鞍が集まっていますね。
基本はスピード重視。差し馬は内を上手く立ち回る感じで。実力拮抗レースは一応"消耗戦"を期待します。

 

1R:◎サンライズブーケ
前走は勝ち馬に潰される格好。基礎SPはメンバー上位ですが、競られると脆い上にレイズアセイルの一強+チェリーソングの動き出しは厄介。そのレイズアセイルは外目の枠に入る…といっても4枠なんですけどね。

2R:◎パールオブウエスト
明け4歳となり、近2走は上がり最速。メアリーローズの単騎逃げを見ながら、内々を立ち回りたい。パープルオンリー戦は消耗戦で参考外。ルガノスターやプチテアートルは道中工夫が欲しいですね。

3R:◎ノアタン
アンゲルス一強。「漁夫の利」狙いですが、2歳時から上がり性能は見せており人気になるかも。外目の枠から出遅れ懸念も、少頭数で中島騎手替わりなら期待持てます。進路取りはトリップオブラブ次第かなと。

4R:◎サーブルレーヌ
ゴールドシオンの出方次第も安定感を買います。人気薄だとマイネルピオネロは馬場的に工夫し甲斐ありそう。西森騎手は積極的で追えますが、ポカ多く半信半疑。それよりもスターリースワン堀場の方が怖いです。

5R:◎ジェームス
上位が拮抗した難しいメンバー構成。基礎SPはジェームス優位も、同厩アルタイルキララと隊列を作れるか。金田厩舎は先行馬2頭を行かせて、ナゲッツ「漁夫の利」狙いかも。流石に「外は回さない」と見たい。

6R:◎ゴールデンリーフ
前走は後手後手の競馬。鞍上戻りで再考したい。とはいえ、中心は4歳馬。エクセレントロードとラヴリーハットの先行争いに中緩みが出来たらデルマシンキロウの捲りが入りそう。後は馬場次第。

7R:◎イザナイ
隣のサンセドナを見ながら、ハイドロポリスと共に隊列を形成。ペネトラーレやスプリングデジレに脚を使わせたい所。柴田君が下手に外々を回す競馬はし無いはず。結構面白そうなレース。

8R 北前船特別:◎アメリカンイーグル
ヤマカツトップガンVSドナソレイユ。空馬が絡んだマジックベル戦の取捨選択は重要で、藤田騎手替わり&距離短縮をチョイス。軽々しくエイトワンダーやコウユーカゲムシャに内を取らせないと思うが。

9R:◎ミヤギデュランダル
大混戦の面子。外枠2頭は出方次第だし、不良馬場で行き脚付く馬も変わりそう。狙いは前走外々を回されたミヤギデュランダルとアンフォルタス。とりわけ前者の内容は気になるところが多々ある。最内替わりで。

10R 長谷川等伯展特別:◎ステージナーヴ
クラシカルノヴァじゃ面白くないので。アゲート次第で、吉原さんは"内を使う"と思う。展開的には西森騎手に頑張って欲しい所。転入2戦目のシゲルエイサーも同じこと考えていそうではあります。

11R スプリング特別:◎デルマサンダユウ
レース名からもスプリングCのTR競走。そして金田厩舎祭り。大外メイジンで、ヒカルカミヒコーキとの主導権争いは重要になる。実績的にもコスモマイギフトやタツミリュウは軽視したくないが、どうも外回して脚無くす可能性。狙いはデルマ2頭(サンダユウを上に取る)。共に距離より展開次第の馬。上手く漁夫の利を得たい。

12R:◎ケージーアメリカン
ここも大混戦で、先行争いが読みにくい。ヤマノミラクルは再加速勝負に持ち込みたいだろう。ケージーアメリカンとロードアルタイルは道中工夫が欲しく、スガノタイトルとミサワゲーリーは条件的に微妙。

 

東海クイーンカップはこの面子ならヤマミダンス何とかして欲しい。
北斗盃は好メンバーなので、じっくり考えます。

 

皐月賞 2017年 予想

 

 

想定の範囲内という言葉が広く知れ渡ったのは、ライブドア社長(当時)堀江貴文氏が、ニッポン放送に株式公開買付け(TOB)を仕掛けた際、フジテレビの対抗策(同じくTOB)に対する反応が発端であった記憶をしています。当時は楽天とTBS、村上ファンド阪神電鉄など、現実社会に「ハゲタカ」の世界が存在していましたね。

この言葉は、当時一人歩きしていた覚えがあります。あくまで「シュミレート済だ」という話。十分な対抗策(対抗策に対する)を発信者が持ち合わせていたり、必ずしもリスク回避出来る訳ではなくて、故に「必勝の策が存在する」と解釈するのも、「ただの強がりだ」と解釈するのも、100%正しいとは言い難かった。

重要なのは「想定内」「想定外」と現状を認識することと、それを次の施策に活かすこと。ディールではなく、ティップ(ギャンブル)である競馬には大いに通じます。一概に正解がないジャンルこそ「想定力」が必要です。

同様の事が、近頃の世界情勢にも。今頃わーわー騒ぐ人達を無下に否定は出来ないし、常に危機が目前にある国の方が冷静な点は理解出来ますが、それにしても、本質から逸脱した世論に扇動感や衆愚的な印象を覚えます。多チャンネル化の時代こそ「広く深くザッピング」を忘れるなかれ。

この「広く深くザッピング」精神は、競馬人向きだと思います。料理研究家の土井善晴さんが「上手くなりたいなら(毎日料理を作る前提)メモする必要はない。ずっと番組(きょうの料理?)を見ていれば、料理の勘が自然と働くようになる。点と点は繋がる」と、以前仰っていた覚えがあります。要は普段からレースを見る事。

昨年は「3強」で決まらなかった皐月賞。今年は稀に見る大混戦。レベルが低い、牝馬の方が強い、様々な意見は飛び交いますが、その手の話は横に置いておきましょう。さぁ、今年も牡馬クラシックがやってきました。
 

先ずは馬場差の比較から…

f:id:beggaman:20170415070904j:plain

路盤改修後は「やや時計の出る馬場」で基本推移していますが、時期と雨や芝刈りの影響が相まって一気に数値が振り切れるのも中山競馬場。今年は(例年より)終盤にかけて時計掛かる印象でした。
土曜は最終週の荒れ馬場も、一気に芝刈りの影響か高速化。相対的に内を上手く立ち回った馬が優位。ロンスパや大外分回しは歓迎と言えません。下級条件はステゴ馬場。ディープ産駒は母父米国(スピード)系が良さそうな感じ。高速持続血統向き馬場かと。今日も傾向を見る限り相対的に内が良く差し追い込み馬は苦戦しそう。
先行馬総崩れの場合も脚遅いタイプは遅刻注意。後は風の動き。土曜は直線追い風でしたね。

という訳で、久々のTR比較。

f:id:beggaman:20170416020718j:plain

Bランク相当の重賞は2つ。毎日杯はスピード持続勝負。ホープフルSは持続力勝負で好時計。前者の方が皐月賞の"トレンド"っぽい。アーリントンC共同通信杯も勝ち馬は「別格(実質B)」と言えそう。フラワーCもタイムランク以上に評価出来ます。キンカメ産駒のレイオデロを除く3頭はスピード持続決着に期待が持てそうです。

一方で、弥生賞は"典型的な"スロー決着。スプリングSは捲りが入り、持続差し決着。若葉Sは淡々とスピード勝負。この辺り悪くない印象も、直結する感じはしないですね。きさらぎ賞シンザン記念は悪状況で参考外。但し、(タイムランクは別にして)好内容と考えます。18位以外は馬券内を望めそうです。

レイオデロ、カデナ、ファンディーナと全走上がり最速で走る馬が3頭いる点は気になりますね。レイオデロは休み明け+鬼門のキンカメ産駒。後2頭もスロー勝負を制してきた先行馬と差し馬。皐月とは異なるなぁ…。

 

先行馬のタイプ予想は当てにならないかもしれませんが。

f:id:beggaman:20170415063838j:plain

アルアインは「ゲート不安」の最有力候補。仮に出遅れても松山君は冷静に対処して欲しい。ファンディーナとクリンチャーは基礎SP面で不安。前者はポテンシャル、後者は積極策でリカバーして欲しい。
プラチナヴォイスは前走ほど展開向くか微妙。右回りだと悪癖もあります。ダンビュライトは差しに回したほうが恩恵受けたりするのかも。(低空飛行で)安定感あるトラストは無理しなそう。積極的に乗りませんかねぇ。
とりあえずマイスタイル、アダムバローズ、アメリカズカップの単騎逃げ(先行)は面白そう。足りるかは別。

 

 一応コースのおさらいを。

f:id:beggaman:20170415072150j:plain

アダムバローズ、アメリカズカップ、ファンディーナ辺りは序盤「促す」と裏目に出る可能性が。序盤1F~2F掛かってしまい、一旦ブレーキ踏む馬はよく見ます。とりわけ前2者は後手踏むと見せ場なく敗退する危機が。
ローテとしては「既に中山や東京(阪神も良い)で好走している馬」を買いたくなります。
要は先行馬も差し馬も「地力を重要視」。今も昔も皐月賞は「速くて地力ある馬が強い」ですからね。

 

そんな感じで、皐月賞の雑感。 

「ダービーで買いたい」スワーヴリチャードとカデナ。前者は「母父デピュティ」感が漂います。後者は最内枠から後手を踏みそう。一方ペルシアンナイトは「他のハービンジャー産駒とは一線を画す馬」ですし、前述しているアルアインと共に「スピード持続勝負」なら期待してしまいます。
実はファンディーナも「そっちタイプ」だと思うんです。でも、牡馬相手に自力で勝つイメージが湧かない。
サトノアレスは前走力を出し切れず、逆にウインブライトは会心の競馬。それこそコマノインパルスが届くような持続決着なら。ヴィクトワールピサ産駒のアウトライアーズは(スワーヴを差し置いて)終始内目で折り合い付けば。田辺騎手だからあり得そうではあります(笑)後は前述した先行馬の取捨選択。但しクリンチャーは下げ。

 

皐月賞
ペルシアンナイト
アルアイン
▲スワーヴリチャード
△アウトライアーズ,ファンディーナ,プラチナヴォイス,アメリカズカップ,マイスタイル,レイオデロ

 

後は割愛。展開予想とか能力比較はみんな終わってるでしょ?多分それと同じ。

 

 

4月11日の金沢競馬

 

 

初日は"水浮く"不良馬場。(主に下級条件は)前開催より時計が出ていた感じ。とはいえ、タフな条件です。
逃げ馬5勝(3角先頭馬8勝)も、地力が足りないと残し切れない。馬場傾向は内有利から変化している印象です。逆に上がり性能高くても、基礎SPで劣る馬は追走&追い上げに苦労している印象。乾きかけの影響かなと。

ここ数開催の結果(成績)は当てにならず、仕上がりで良化見込める馬は要チェック。月曜は終日晴れも、今日は曇り時々雨の予報。午後以降のレースは雨の影響を受けそうです。果たして、内先行馬場が戻るか否か…。
少頭数で実力伯仲のメンバー構成。正直「買い辛い」一日になりそうです。騎手配置も重要そう。
とりわけ、今開催から期間限定で騎乗中の塚本騎手と西森騎手。早速結果を出している様に要注意です。

それにしても、所属馬が少ない。続々と各地から転入しては来ているんですけどね。

 

1R:◎カトリーヌスリジエ
最内替わりも外枠勢の出方次第で。基礎SP上位はカタマチコマチ。流石に堀場でも、何とかできないか。

2R:◎ヴァリアントアロー
前走は外々を回して失速。渋った馬場で再考したい。最内レイズアセイルは逆に工夫が求められそう。

3R:◎フクノバイオレット
前走からも、ゲート出は怖い。大外ジェニーロラムが速いだろうし、これを見ながら。人気薄だとアンドロメダザダゾも展開次第。しかし、今の子って「オーロラ輝子」分かるのだろうか?

4R:◎キョウエイアンジュ
叩き3走目。外枠から主導権を奪いたい。これはエスピオンヌも同様。配置的にも(松戸が選んだ)気になる。

5R:◎ラブフルーツ
これもゲート次第。近走では"恵まれた相手"だと思う。2連勝中ペイシャギンコとレソルテの隊列重要。

6R 東京馬主協会来場観戦記念:◎アプロム
ツヴィンガーと迷った(どうも調子上がっていない)が、この辺りを狙いたい。最上位はベルウッドレオーネ。

7R 川島祭特別:◎サイレンスディガ
年末は重賞3着。グロリーゼファーも厄介だが、ショウケンヒッキーも吉原替わりで変わりそう。

8R 三番叟特別:◎パープルオンリー
ここも混戦模様。降級ベネフィットユーも内枠替わりで。穴はプロメッサ。減量替わりで先行策狙う。

9R 能登金剛賞:◎リムーブザリミット
角居先生が吉原乗せて、金沢に登場(ライン的には珍しくもない)。血統的にも「スコっと一変」を考慮したい。実績的にもシュンノカミは速いが、チェイサーは大外枠から対応できるか。正直騎手面子はアレ。

10R:◎シャトーブリアン
900m戦からの延長+塚本君で勝負。タイキアセンブリー回避で、コトノツヅミネも大外枠は危険な匂い。

11R 曳山祭特別:◎メイカーズムービー
叩き3走目。A3組時代のスピードを期待。延長&展開次第になるが、内番手から長く末脚を使えると想定。クランキングアップの粘り腰とヒロノプリンスの乗り替わりは気になるが、エスペランデューの方が楽しみ。

12R 能登桜まつり特別:◎ラストノート
これもゲート次第。ドロダンゴを見ながら内⇒外"切り替え"差しを期待。気になる900m戦からの延長勢だが、押さえ効くのか心配な感じ。ドロダンゴは強いので、10Rほど重視はしないです。