『雑感』

稀に更新します。

有馬記念 2018年 予想

 

 

平成最後の有馬記念良いことも悪いこともあった「平成」最後の総決算。

 


有馬記念
マカヒキ〇モズカッチャン▲レイデオロ△2,8,10,11,15,16

ちゃんとした理由は書くの面倒なので、割愛とします。

 

 

◇ギャラクシーS◎ハヤブサマカオー○ユラノト▲タガノエスプレッソ,ワンダーサジェス△1,3,6,10,13
土曜:阪神砂は内高速チート。基礎SP的に優秀だが、近走:不安定なハヤブサマカオー。2走前:超高速条件の同コースを逃げて、ハイペースを唯一残している点からも"根っからの快速馬"。春以降は栗坂に入っていないが、ポリ追いでも好走続き。道中:平坦替わりで単騎逃げを決めれば、上手く残せそう。
⇒ナムラミラクルは近走:千四以下の高速ダート下で凡走続き。転厩後は着実に力をつけており、道悪ハイペース自体は熟しているが、前半3F:12秒0前後-10秒3前後-11秒2前後(推定)の様なレースになると、少し基礎SP負けするのではないか?ユラノトは逆に3走前:12秒3前後-11秒0前後-11秒8前後(推定)の流れを差し切っており、昨年秋の同条件凡走時とは馬が異なる。叩き2走目&内短縮は買いたいし、追い切りも上々。豪州帰りの坂井騎手に頑張って欲しい。ドンフォルティスは最内枠で競馬が難しい。(近走:不振も)5走前,2年前の同条件で全差しを決めた⑦、前走:強豪シヴァージを差し切った⑪、前走:妙に離れた4番手で後手に回りながらも渋太く差を詰めた⑩、久々ながら真面にゲート出ると強い⑬を押さえたい。ゴールドクイーンは芝に戻りませんか?

 

◇フェアウェルS◎スビールアスールorオーヴァーライト△3,5,6,7,8or10,11,12,15
土曜:中山を見る限り、先週より風の影響は無さそう。基本「速い時計の出る条件」で推移。スビールアスールが(前走に続き)昇級戦&最内枠も、今回は混合戦となる。最も同じく昇級戦のシャインヴィットゥ、前走:障害帰りを逃げて激走のガンジー、若干の基礎SP不足で三浦騎手に替わるアスタースウィング辺りは鈴を付けられるか?近走:高速条件で2,3列目から差してきた馬が、積極策で結果を残すかも?
⇒良馬場ならスビールアスールから3,5,6,7,8辺りを買いたいが、道悪or強風ならオーヴァーライトの全差しを警戒する。10,11,12,15が襲い掛かる予感。

 

◇キャンドルライト賞◎スズカグラーテ〇チリ―シルバー▲ミッキーグッドネス△5,10,14,16
年末の柄崎厩舎。流石に勝てないかな?基礎SP優秀&好調教。速い馬場なら。
⇒チリーシルバーとミッキーグッドネスも基礎SP優秀な素質馬。前者は休み明け快勝→相手強化。後者は展開負け→休み明け外短縮&B着。逆転候補か?基礎SPあるマンカストラップも押さえ。

 

◇クリスマスキャロル賞◎エアアルマス〇アルジャーノン▲ブルベアトリュフ,メイショウミツボシ△1,10
アルジャーノンとブルベアトリュフが(前走に続いて)隊列を作り、前走の再現を狙う。エアアルマスは近走:スロー上がり勝負で結果を残しており(瞬発力でSS系に劣る反面 )荒れ馬場も苦にしない。この面子で少頭数&内枠なら、力を発揮出来る。前走:ラセット組に逆転したい。
⇒メイショウミツボシも流れ一つ。前走:何もせず(調教も栗坂軽めで実質ヤラズか?)今回:CW一杯追いで改めて。オールザゴーも良いでしょう。

 

千両賞◎アーデンフォレスト〇トスアップウルクラフトタートルボウル産駒
アーデンフォレストは試金石となる。前走TR:C相当。外2追走で折り合い、直線:楽々突き放す。相手が弱かったとはいえ、力強い馬体通りの馬。新馬戦は勝ち馬の末脚に屈したが、スロー決め手勝負の分もあった。この血統の割に扱い易そうだし、北村友騎手で問題無さげ。
⇒トスアップの前走は直線待たされた分。元々エンジンの掛かりが遅く、2走前は先頭押し切りTR:B相当からも、非常に素質を秘めた馬。今回も目一杯に仕上げており、馬体重とトモの具合は見ておきたい。内2,3列目の確保がベスト。ウルクラフトの新馬戦TR:B相当も強い。淡々と流れて馬群が3ブロックに分かれる展開を、中団後ろから徐々に押し上げて、外捻じ伏せる。血統通り機動力&持続力に長けた馬。少し雨が乾いて、緩い展開を強気に捲り差すことが出来れば。鞍上次第。ベストタッチダウンは前走:内好位を回るも、直線切れ負ける。クォンタムシフトも悪くないが、共に土曜の馬場なら。カヌメラビーチの前走TR:D相当だが、後半3F勝負を押し切ったと言えど(相手関係を考慮しても)強調材料は少ない。京都内回りで再考したい。

 

◇サンタクロースC◎ミスディレクション〇トレクァルティスタ▲サトノケンシロウ,クリノヤマトノオー△5,6,10,14
ミスディレクションの逃げを叩けるか?ケイティクレバーとアテンフェスタはテン遅く、タニノアーバンシーと松若騎手がどう乗るか。ダッシュ力は高いと思うし、ロングスパート戦を制した前走も評価したい。相手も悪くなかった。ここを楽々勝つ様なら、「ビートブラックの再来」となるかも?
サトノケンシロウとトレクァルティスタは買っておきましょう。クリノヤマトノオーの末脚とアウトライアーズの持続力も警戒しておく。

 

◇グッドラックHC◎サトノグロワール○ミルトプレスト▲グリントオブライト△4.9.13.14.15
サンデームーティエの単騎逃げ。各馬:有馬を見据えた(?)競馬をしてきそう。サトノグロワールは長く脚を使える馬。休み明けの前走は勝ち馬の立ち回りに屈したが、2,3走前は持続力勝負に持ち込んで、着差以上に強い競馬だったと思う。脚元の良化に伴い、追い切りも抜群の動き。アブデュラ再登板なら。
⇒2018年初勝利を狙う柴田政厩舎のヒメタチバナと安定株グリントオブライト次点。ヴァントシルムは随分外の枠を引いてしまい、追い切りも2歳馬に遅れた。近2走くらいに走れば勝ち負けだが、本質的に京都・東京の長距離の方が向いているはず。トラストケンシンも府中向き。もう少し時計掛かった方が良いだろう。逆にミルトプレストは内2列目を取り切れそう。いかにも4着っぽいが、ここ数週の柴田善騎手は珍しく不調(好成績)なだけに重視したい。

 

クリスマスカップ◎スワーヴアーサー〇ビリーバー▲ドウディ△ウィズ,オジョーノキセキ
スワーヴアーサーの前走:太目残りで直線捌けず、無理強いしなかった。気難しく、頭の高い走法。血統的にも上で戦える素質を秘めているが、中々結果に結びつかない。この辺りで決めて欲しい。
⇒ビリーバーは近走:とにかくツイていない。今年8戦は全て1秒差以内に走破しており、流れがハマっても前走の様に進路を失うと苦しい。ドウディは道悪なら本命にしていた。消耗戦向きの短距離差し馬。近2走:長めの距離で脚を溜めており、叩き3走目&コンデュイット産駒の内短縮なら、過剰人気でも押さえておきたい。叩き2走目&Cデム起用のウィズ。スタート良く、基礎SP優秀。近4走:淡々と流れて失速するも、0秒5差以内で入線しており、3走前に至っては直線:内詰まりの不利を受けていた。調教も右肩上がり。8枠を活かして、思い切りよく行って欲しい。オジョーノキセキは好調教。叩き2走目&芝戻り。ハイペース&時計面に課題を残すが、バテ差し保険に塗っておきたい。

 

 

阪神カップ&中山大障害 2018年 予想

 

 

阪神カップ
レッドファルクス
シュウジ
▲ミスターメロディ,ケイアイノーテック
△ジュールポレール,サトノアレス,1,3,12
Bコース初週。昨年は馬場内の痛みが解消された分、レコード決着となった。今年は雨の影響を受けて、少し力を要する条件か。風の影響は読めないが、直線:向かい風の場合は、外差しが決まり難そう。
⇒ダイアナヘイロー,ラインスピリットの足が速く、レーヌミノル,ベステンダンクも先行争いに加わる。ミスターメロディー、シュウジも内2,3列目を狙い、ある程度:ペースは流れそう。後は当日決めたい。

レッドファルクスは引退レースだが、山元調整+併用調教+初B着と箔を付ける気満々。5走前:阪急杯3着は芝の育成が遅れて(開幕週の割に)力の要る馬場だったが、今回も似た条件。脚色鈍り始めたとはいえ、近4走:後方から大外一気の脚で1秒差以内に好走しており、ボウマン騎手に替わるのも見逃せない。

休養明け2走目:シュウジ。勝っている条件な上に(喉の状態的にも)道悪は良さげ。好位で脚を溜められる岩田騎手も適任か。秋2戦の荒療治が効き*1、前走:復調の気配を見せた。ミスターメロディは良馬場なら本命だった。基礎SPの優秀さは勿論*2、内2,3列目からスムーズに立ち回れそう。力の要る馬場も向く。人気薄だと、力の要る馬場で先行出来るレーヌミノルとスターオブペルシャ。ダイメイフジの内枠まで。

ジュールポレールは近走:安定しており、序~中盤:キッチリ脚を溜めれば、鋭い脚を使えている。全兄も苦戦していたが、前傾ラップの1400m戦だと差し損ねそう。ケイアイノーテックは近走:行きたがる面と直線:モタモタする面が響いており、今回の短縮は諸刃の剣。6走前:道悪で後れを取った点は気がかり。安田記念以来のサトノアレス。2月府中(東京新聞杯)勝負のきらいも、積極的に消す必要はない。

 

 

中山大障害
アップトゥデイト
〇ルペールノエル
▲シンキングダンサー,タイセイドリーム
ニホンピロバロン,マイネルプロンプト

中山GJより飛越数と砂コースを横切る数が多く、最後の直線で飛越しない。持続力&飛越力が鍵を握り、明らかに「実力不足」という馬は後半の厳しい流れで脱落する。序~中盤の過ごし方と2度目の大障害⇒第2&第3障害での詰め方は要点。第4⇒バンケット⇒第5の流れで射程圏にいない馬は「脱落」相違なし。

今秋も衰え知らずのアップトゥデイト。好敵手不在で各馬の目標にされそうだが、下手に控えるより積極策を講じて欲しい。白浜騎手に代わっての近2戦は決して良い内容と言えないだけにそろそろ。
ルペールノエルが対抗格。近2年GJで差し損ね、大障害で惜敗。一強なら戦い方が変わってくるだろう。しかも隣枠。前走の様に不利無く進められれば、飛越と最後の末脚は心配していない。

シンキングダンサーも大障害>GJ向きの馬。今春も長い直線3,4角で真面に強い2頭を追いかけ、失速してしまった。前走:久々を叩いて、内枠を活かしたい。タイセイドリームは春4着と健闘しており、差し脚を活かせる大障害向きの馬。チーク着用&好調教。前走:場違いの末脚を魅せた点からも興味深い。
マイネルプロンプトは、逆に各馬甘やかした場合に怖い。近走:力を付けており、先行力は見逃せない。

 

 

*1:横山典騎手の手綱で、ワンパターン症候群を後方待機策で治す。某JR○Bの某は(相変わらず)文句垂れているが。

*2:前走:仕上がり途上の体つきで、2走前に続き先行馬に厳しい条件を渋太く粘り込んだ。ひと叩きして、追い切りも上々。

全日本2歳優駿 2018年

 

 

さて、全日本2歳優駿。地方勢も含め、中々強いメンバーが揃いました。

f:id:beggaman:20181219054245j:plain

ノーヴァレンダの基礎SP&素質は見逃せない。気性面だけ。デルマルーヴルは近2走:厳しい流れを克服。勝ち時計以上に内容が濃かった。前者は2週前(クロノジェネシス)を思い出してしまうところ。
メイクハッピーとガルヴィハーラの前走TR:B相当。内枠に入った分、前者は揉まれたくない。後者は消耗戦を連勝しており、勝ち時計以上に評価したいが、過剰人気のきらい。速い馬場で遅れを取るかも。

やはり南関代表:ミューチャリー。鎌倉記念の勝ち時計(ラップ)は自ら演出したに等しい。高速条件ながら近年稀に見る期待馬。ショウナンガナドルも例年レベルなら、本命視する戦歴なんですけどね。
ウィンターフェルは気性的に接戦に成らざるを得ず、イグナシオドーロは他馬との兼ね合い次第か。
⇒というわけで、ノーヴァレンダとデルマルーヴル二頭軸が正解。だったわけですが……まぁ、案の定◎ミューチャリーでした(涙)人気馬で最も後手を踏んでしまい、位置取りさえ上手く行けば、という感じ。

 どうしてこうなったのでしょう。「夢を買い過ぎた」としか言いようがない……

全日本2歳優駿
◎ミューチャリー
〇デルマルーヴル
▲ノーヴァレンダ
△ガルヴィハーラ,メイクハッピー,イグナシオドーロ

◇前半3F:36秒7(推定),5F:62秒8の中弛みから、各馬:早目に動く形に。最後は消耗戦っぽくなった。
例年に比べると、勝ち時計&上がり3Fを要している。序~中盤での位置取りと各コーナーでの立ち回り、直線:アゲンストの風が大きく影響したとはいえ、昨年より速いラップを踏む区間の内容が物足りない。

ノーヴァレンダは基礎SPと位置取りの利を活かす。初ナイターと気性面だけは心配材料でしたが、鞍上も余計なことをせず、勝負所で慌てることも無く、阪神JFの負け分を取り返した。この血統らしい*1

デルマルーヴルは出負け(案の定)3列目内から、向正面:フォローの風を利して進出。3,4角外に切り替え、直線:再加速も間に合わず。負けて強しだが、直線:フラフラした点、芝スタートなどを克服出来るか?

ガルヴィハーラは序盤:外々を回しての外2列目確保。最後:脚色鈍るも、中盤進出するメイクハッピーとウィンターフェルに付け入る隙を与えず、消耗戦に強いところを見せた。広い左回りコースでこそ*2

7枠2頭に跳ね返された分、4,5着馬は残念賞。両者逆の枠順なら、もう少し違う流れを呼び込めたか。
そして、最も後手を踏んだのが6着ミューチャリー。序盤の勿体無さに尽きるが、懸念材料ではあった。

 

感想としては、思ったより"ガルヴィハーラが強かった"。全3戦は適性外かもしれず、来年春の高速府中(ヒヤシンスSとか?)で人気の盲点なら、しっかり買うかも。メイクハッピーとウィンターフェルは其々課題を抱えるが、条件替わりで再考したい。ミューチャリーも当然ながら、来年の南関筆頭格とする。

⇒昨年の勝ち馬が規格外だったにしろ、JRA勢は物足りず、公営勢は見直したい一戦としておきます。

 

 

 

*1:ダイワメジャー×クロフネ。パワー&スピード特化の大型馬。この牝系の割に仕上がり遅い兄姉。本馬も粗削りで底を見せていない。

*2:ゴールドアリュール×Rahy。シンハリーズの牝系で高速上がり勝負(未経験)向きかもしれない。厩舎的に脚元の不安は付き纏うが、その辺り陣営に抜かりない

ターコイズS 2018年 予想

 

 

乃木坂46『ロマンティックいか焼き』の聴きどころは、冒頭「ターコイズのリング(Ah! Ah!)」だろう。

 

元々、規則的に不規則な複数の対人コミュニケーション型を同世代~年下の異性と長期間に渡り楽しめる握手会に思い入れがなく、全ての推しメンも次のステージに旅立ったいま、「最近、坂道系の楽曲を聴かなくなったんだよねぇ」と言われても、大抵の人間は飽きたのだろうと認識するわけで、先日の若月佑美卒コンは楽しめたし、新しい楽曲も逐次確認しており、そろそろバースデーライブに復帰したいと考えている旨を伝えれば、以前と異なる形で興味の持続拡大が続いている感じかと、惰性で生きている典型例のように思われてしまい、しかしながら先週末にTBSチャンネル(CS)で坂道メンバー主演舞台の一挙放送をやっていたので、土曜3場メインの馬券を買うのも忘れてかじりついて見ていると、楽しげな場面でも、悲しげな場面でも、クライマックスでもない普通の場面で涙が止まらなくなり、大学受験に失敗した時や仕事で失敗した時より深く落ち込み、何万もの大金を紙切れにした時よりも自分の存在意義を見失って、モーションピクチャー上で躍動する彼女たちの姿を真面に追えなくなった平成最後の師走は、寧ろ幸せな時間であったと振り返る日が容易に想像できる辺り、"私"の感情と生活レベルの劣化は止まらない。

 

ターコイズSでクイーンズ"リング"が走ることは無かった。しかし、有馬記念8番人気3着と好走する。
奇しくもカレンミロティック"いか焼き"引退レース(15着)であった。あれから1年が経ち、もう有馬か…

 

 

ターコイズS
◎リバティハイツ
〇ハーレムライン
▲プリモシーン,ミスパンテール
△フロンテアクイーン,フローレスマジック,ディメンシオン,2,15

大きく天候は崩れなさそう。重賞格上げと共に集まる馬の質傾向が変わった。それでも荒れるハンデ戦。昨年より速い時計の出る馬場。風の影響が無くても、エアレーション仕様のため、"徐々に推移する"とは限らない。コース形態上、前半:競り合うと失速するが、昨年の様に弛めても、後半:地力が問われる。
⇒カワキタエンカの逃げ。先行馬2頭が大外枠に入ってしまい、それでも1列目を取り切るか。ミスパンテールとキョウワゼノビアは鞍上次第だが、中盤:弛む割に負荷が掛かりそうな、昨年に近い流れかも?

◎リバティハイツ……近走:チグハグが過ぎる負け方*1。もう少し馬体&精神面の成長を待ちたい所だが、当該条件に合っている*2。理想は"昨年の勝ち馬と同じ運び方"。人気薄なら、鞍上も思い切って欲しい。

〇ハーレムライン……流石に穴人気しているが、(降級がないため)見直すならこの辺か。未勝利戦⇒アネモネSの勝ちっぷりは良く、そろそろ叩き良化を見込めるか*3。斤量と枠に恵まれ、追い切りも上々。

▲プリモシーン……世代トップ級の加速力と速い脚を持つ。前走:外後方を回されて、参考外だった*4。天栄調整+追い切り上々。馬体も増えてきた。後は位置取りと流れ次第か。但し"実質トップハンデ"。

▲ミスパンテール……近2走:万全の状態といえず*5。昆師の言う通り「精神面の上積み」を期待したい。56㎏は背負い慣れており、内短縮は出来過ぎている。連覇は難しくとも、馬券内の走りなら。

△フロンテアクイーン……牝馬重賞で抜群の安定感を誇る*6。マーフィー騎手に代わり、直線の進路取り&捌きぶりに期待したいが、大外枠は割り引き。序~中盤:ペースが流れるor位置取り成功に期待をする。

フローレスマジック……遅れてきた良血4歳牝馬*7。天栄調整+追い切り良好。斤量54㎏も恵まれた。とはいえ、気性面&(決め手勝負時の)詰めの甘さは気がかり。先ず揉まれて、来年以降に期待すべきか?

△ディメンシオン……馬体も増えて、徐々に本格化してきた*8。気性面の課題と小回りコースの克服は、来春に向けて重要だろう。少し間隔を空けて、追い切り上々。ジリ脚も上手く折り合えれば。

 

 

タンザナイトS
◎ツーエムマイスター
ベルーガ
▲コウエイタケル
△アイライン,エントリーチケット,3,5,11

こういう"救済レース"が、降級戦の亡き後に活きて来るんだろうな……と。アクティブミノルとツーエムマイスターの逃げ争い。オールインワン、ライトフェアリーも加わってくるか。Aコース3周目。
⇒雨の影響は明後日から。ペース次第で差し競馬になるが、昨年の結果とは裏腹に差し馬が売れている。

◎ツーエムマイスター……斤量53㎏。近5走:キッチリ先行している。(淡々と逃げる)アポロノシンザンの不在と道中:息を入れ易い当該条件は良い*9。手が合う酒井学騎手に戻り、追い切りも道悪の中で動く。

ベルーガ……休み明けを使い、しがらき調整で体勢整う。追い切り芝は脚元を考慮した分。鞍上も厩舎主戦に替わり、阪神1200m戦なら"スピード一辺倒"の競馬にならないはず。復活の舞台にふさわしい。

コウエイタケル……他の人気馬より、位置取りのアドバンテージ。但し追い切りからも前走:勝ち馬と0.1秒差5着は"メイチ"だったか?好調期は安定しており、もう少し恩恵に預かれるか?位置取り次第。

△アイライン……馬格が出てきた。デムーロ騎手+53㎏も心強い。多少流れても、上位争いに加われる。

△エントリーチケット……和田さん戻り。状態心配だが、前走の鞍上よりは遥かに良い。位置取り次第。

△ナガラフラワー,フミノムーン……状態は良さげ。後は展開待ち(全差しの流れが良いだろう)。

 

 

中京日経賞
シュエットヌーベル
〇ピースマインド
▲ロードラズライト,メイケイダイハード
△マリエラ,シゲルノマオイ,グランドボヌール,7枠

毎年"紙一重の差"で荒れるレース。グランドボヌールが逃げ上手に替わり、先行馬も揃ったか。
⇒差し馬中心で、総流しを敢行したい。問題は1番人気ピースマインド。藤田菜騎手+追い切り良好と。

シュエットヌーベル……叩2内&追い切り良化。中京得意の鞍上を擁し、適距離でなくても押さえる。

〇ピースマインド……消したいのだが、如何せん手が合いそう。追い切り上々。脚の使いどころだけ。

▲ロードラズライト……(追い切りからも)道悪が苦手そう。前走:棚ボタ感も、もう少し上に行ける馬。

▲メイケイダイハード……休み明け&昇級戦(斤量増)。中竹A厩舎の地元馬主、ここは勝負レースかと。

△マリエラ……前走:進路を失う。斤量57㎏。近走TR:低値も安定しており、秋山騎手ならば。

△シゲルノマオイ……近走TR:低値も安定しており、障害戦明けの好調を伺える*10。展開向けば。

△タイセイソニック……久々も坂路で動く。とはいえ、人気し過ぎ。近5走:上がり最速は洋芝である。

△グランドボヌール……ペースメーカー。単騎なら逃げ切れる。仮に差し競馬でも、残り1F迄渋太い。

*1:前走:最後方に下げて、折り合いを欠き、直線:外に寄れる。2走前:何故か出して行き、早目に捕まえに行く。阪神JFの挙動といい、成績の割に"経験不足"ということなのか。

*2:フィリーズR完勝&桜花賞6着から、力の要る馬場or淡々と流れる展開は合うはず。折り合い面に課題を残すが、多頭数の中山1600m戦なら(他馬も乗り難しくなる分)上手く誤魔化せそう。キンカメ×Dubawiの血だけに、エンジンの掛かり遅く機動力+持続力タイプ。Nijinsky,Roberto持ちと血統人気しそうだが、戦いぶりは混戦向きだと思う。

*3:紫苑S:好位外から、ロスの多い競馬になる。秋華賞:馬体減&2着馬の早仕掛けに巻き込まれる。問題は前走:直線伸び悩んだ点を(勝ち馬の斜行を受けたが…)どう評価すべきか。マンカフェ×Blushing Groomは当該条件向き。

*4:上がり2位(推定)の末脚で、2着馬と0秒4差なら力負けに非ず。新潟記念フェアリーSは(不利・失策などを受けながら)水準前後のTRで走破しており、どの条件でも脚を繰り出せる。外国人騎手に代わる点も良い。

*5:そんな中で先行:0秒9差の前走は良い"ガス抜き"になった。近5走中2走前(大敗)以外はペース補正の入る流れ。

*6:近走TR:D~E前後で崩れない。但し前走:直線で進路を失い、ブレーキを踏んだとはいえ、着差以上に切れ負け。

*7:前走TR:S相当、2走前TR:D相当。何れも展開に沿わない形で勝っており、(ジリっぽいが)長く脚を使える。

*8:前走TR:E相当。2走前:C相当。3走前:B相当。重馬場を苦にせず、骨っぽい相手に完勝してきた点は評価すべき。

*9:3走前:阪神1400m戦。淀みのないラップで逃げを打ち、直線3馬身差を付ける。勝ち時計以上に強かった。

*10:ついでに後肢が鍛えられ、急坂に対応出来ると最高なのだが。